ベリタスと富士通の連携および戦略的パートナーシップ

データ主導の社会での成功をサポート

 

データ主導の変革のための戦略的ソリューション

ベリタスと富士通は、実績ある長期パートナーシップを活かして、デジタル変革の推進、クラウドへのデータ保護の拡張、ミッションクリティカルなアプリケーションの可用性確保をサポートする統合データ管理を実現します。共同開発による企業向けソリューションでは、物理環境、仮想環境、クラウド環境を通じて一貫性のある強力な機能をご提供します。

 


データ主導の企業のデータ保護

Veritas NetBackup ソフトウェアと FUJITSU ETERNUS CS800 の統合は、企業ユーザーにとって、さまざまな利点を得られる共同ソリューションの典型的な例です。 Veritas NetBackup は、企業のさまざまな課題に対応するように設計されており、データの保存場所がオンプレミスのデータセンターやリモートサイトであろうと、オフプレミスのクラウドであろうと、そのデータを保護します。NetBackup は富士通のアプライアンスおよびストレージデバイスを完全にサポートしており、ETERNUS CS800 と組み合わせた運用においては、フル機能を提供します。

 

デジタル社会でのデータセンターの最新化

一般に、ハイパーコンバージドソリューションでは、従来のバックアップとリカバリではなく、データレプリケーションに重点を置いています。ほとんどの場合、バックアップコピーは同じプラットフォームに保存され、ライフサイクル管理が非効率的になります。このため、データは破損、削除、または災害によって失われる可能性があります。PRIMEFLEX for VMware vSAN と Veritas NetBackup ソフトウェアは、ハイパーコンバージドインフラ向けの包括的なソリューションです。富士通は、統合システム PRIMEFLEX と NetBackup を組み合わせて、パフォーマンス、可用性、セキュリティ、柔軟性、効率性といったハイパーコンバージドシステムとデータ保護における複雑な課題に対応する確かなソリューションを提供します。

 

ハイブリッド IT インフラのデータセンター最適化

Veritas APTARE IT Analytics™ を使用するストレージ向けの富士通の検査サービスでは、統合されたデータインサイトを提供します。FUJITSU SystemInspection Service for Storage は、既存のストレージおよびバックアップインフラ環境向けの効率的な固定価格の評価パッケージです。その目的は、現在の状況と潜在的なリスクに関する有益なレポート、および最適化に関する推奨事項を提供することです。レポートにより、何が必要で何が必要でないか、将来のビジネスの成功のためにどの領域に投資すべきかを詳細に把握して、今後の進め方に関して適切な判断を下すことができます。リスクの低減、障害の予測、コンプライアンス規制への対応などはすべて、これらの有益なレポートを活用して実現できます。

 


ベリタスパートナーがビジネスニーズにどのように役立つか、ぜひご確認ください。