InfoScale

ソフトウェアデファインドがティア 1 アプリケーションとインフラの連携を実現します。

デジタル変革の実現

IDC レポート: InfoScale を活用して、より高度な最適化とアプリケーション可用性を実現する方法について説明しています。

アプリケーション重視のストレージ

アプリケーションが期待どおりに動作し、信頼性が向上します。

最新化を加速

InfoScale は新しいテクノロジの円滑な導入を促進し、ビジネスの中断を抑制します。

高可用性を備えた、実績あるエンタープライズクラスのストレージ仮想化ソフトウェア

InfoScale は、パフォーマンスや可用性に関する妥協が許されない、最も要求の厳しい最大規模の企業向けのソフトウェアデファインドインフラであり、物理環境、仮想環境、およびクラウドへの拡張に容易に対応します。

  • 最も重要なデータベースおよび BI アプリケーションで要求される高パフォーマンスと高可用性を実現
  • ストレージ環境をクラウドへ容易に拡張
  • 企業のさまざまなニーズに合致したストレージとコスト

主な機能   

実績あるエンタープライズクラスのソフトウェアデファインドインフラ。

必要に応じて容易に費用効率よく拡張できる、ハードウェアに依存しないストレージ。

  • 異なるストレージハードウェアが混在する環境をサポートする、実績あるエンタープライズクラスのソフトウェアデファインドインフラ。
  • 総入れ替えが不要で、既存のストレージ投資を有効活用。
  • 将来のストレージ要件に必要なハードウェアプラットフォームを適宜選択できる柔軟性。

オンプレミスでもクラウドでもアプリケーション固有の高可用性を実現。

ミッションクリティカルなレベルの可用性とパフォーマンスを提供すると同時に、さらに俊敏かつ効率的にデータとワークロードを移行できます。

  • 停止させてはならないミッションクリティカルなエンタープライズアプリケーションを費用対効果の高い方法で保護。
  • アプリケーションに対応したソリューションで、すべての高可用性シナリオとディザスタリカバリシナリオに対応。
  • 物理環境、仮想環境、クラウド環境を通してミッションクリティカルなすべてのアプリケーションに単一のアプローチで対応。

コストと管理の要件に従ってデータの配置を最適化。

ストレージ環境をクラウドに拡張して、時間とコストを削減。

  • クラウドを追加のストレージ層として使用。
  • ディザスタリカバリのターゲットとしてクラウドを統合。
  • ストレージ投資コストからクラウドベースの運用コストへの切り替えが容易で、コストを大幅に削減。

 

主要なすべてのパブリッククラウドプラットフォームに対応した容易な移行と統合。

エンタープライズアプリケーションとデータをクラウドへ容易に移行できるので、アプリケーションの稼働時間を最大限に保ちながらコストを大幅に削減できます。Veritas InfoScale とクラウドをストレージターゲット、データ配置の最適化、またはアプリケーション用のプラットフォームとして使用することで、ビジネスの推進に向けた最適な統合プラットフォームが実現します。

  • クラウドを使用することで、費用対効果の高い予測可能な運用コストモデルに移行し、投資コストを削減。
  • オンプレミス、クラウド、またはその両方でストレージを管理して最適なパフォーマンスとコスト管理を実現。
  • 自社にとって最適なペースで、データまたはアプリケーションをクラウドへ確実に移行。
  • カスタムアプリケーション、複雑な多層型サービスの AZ などのクラウドベースのクリティカルなビジネスサービスで高可用性とディザスタリカバリを実現。

エンタープライズアプリケーションを最高の状態で実行。

ワークロードとアプリケーションにとって 24 時間 365 日欠かせないのが、リソースへの迅速なアクセスです。InfoScale が提供するストレージ環境は、最適なワークロードパフォーマンスと可用性を実現するように設計されています。

  • 高可用性クラスタ化技術により、アプリケーションの中断や停止から迅速にリカバリ可能。
  • 予見できない重大な状況が発生した場合に、ローカル、メトロ、またはグローバルなディザスタリカバリが可能。
  • ワークロードごとにストレージを最適化して、継続的なコストを最小限に抑えながら必要なパフォーマンスを維持。

 

InfoScale のリソース

詳しい情報については、データシート、ホワイトペーパー、またはビデオをご覧ください。

詳細はこちら