Microsoft 社を見据えた、あらゆるニーズに対応する 360 度データ管理

コントロールの維持、ワークロードの移動、コンプライアンスの確保をすべてのクラウドで実現

Microsoft 社のクラウドに対応

データ制御を継続的に確保

最近、デジタル変革の波に乗ろうと Microsoft 社の Azure クラウドサービスや Office 365 に目を向ける企業が増えています。こうした企業がデータ制御と規制コンプライアンスを確保するために頼りにしているのが、ベリタスです。ベリタスと Microsoft 社の戦略的パートナーシップにより、お客様は両社の強みを活用していただけるようになります。デジタル変革をスムーズに進めるとともに、変革に伴って生じるデータへのリスク、複雑さ、費用を管理することができるのです。

  • Microsoft Azure に保存されている非構造化データをリアルタイムで把握
  • Microsoft Azure にバックアップデータを簡単に転送できるので、ストレージ費用を抑えながら最新のデータ保護機能を利用可能
  • 古いデータをクラウドに自動的に移行して高いコスト効率で長期的に保存、オンプレミスと Azure クラウドストレージを簡単に組み合わせて単一のスケールアウトファイルシステムを構築
  • データ保存に関する厳しいビジネス要件を満たし規制を遵守しながら、電子情報開示での検索や Office 365 のレビューを迅速に実施可能
  • 全体状況を監視し、Azure との間で多層型アプリケーションのフェールオーバーとフェールバックをワンクリックで簡単に実行

最新のデータ保護機能を提供するとともにストレージ費用を低減

安価なクラウドストレージを利用して、テープに頼る必要をなくす

  • 安全性と拡張性に優れた Azure クラウドストレージにより、データ保護がシンプルに
  • 設備投資を削減し、予測と管理が容易な従量課金制の運用コストに転換
  • 使いやすい Azure クラウドストレージにより、高価なテープを用いた煩雑なバックアッププロセスと管理プロセスが不要に

情報エコシステムを掌握

コンプライアンスに対応したアーカイブ機能を Office 365 にも拡張

  • 電子メールごとに変更不可のコピーを保管することで、電子メールの保持要件を満たし、コンプライアンス証明プロセスを自動化
  • 他の場所にセカンダリコピーを作成することで、単一ベンダーのソリューションでデータを保持することに伴うリスクを軽減
  • 高度なリーガルホールド機能、検索機能、レビュー機能により、電子情報開示にかかる時間を短縮

クラウドインフラの利用でディザスタリカバリを簡素化

クラウドリソースを必要時だけ利用することで、費用を削減

  • データセンターやリモートオフィスのデータを容易に複製して、Microsoft Azure でのリカバリを可能に
  • RTO (リカバリ時間目標) および RPO (リカバリポイント目標) のサービスレベルを満たしながら複雑さと費用を軽減
  • 複雑な IT サービスのフェールオーバーとフェールバックを統合

Microsoft のクラウドを見据えた、あらゆるニーズに対応する 360 度データ管理の新機能

Azure Cloud に 360 度データ管理の全機能を提供

ベリタスと Microsoft はグローバルで複数年にわたる戦略的パートナーシップを締結しました。新しい管理機能とガバナンス機能により、企業での Azure 導入の合理化とハイブリッドクラウド環境の最適化を支援していきます。今回の新しい連携では、大企業および中規模企業に向けたデータ保護、ワークロード移行、アーカイブといった従来の機能を活用しています。

  • Information Map を活用して、Microsoft Azure Blob Storage および Microsoft Azure File Storage に保存されている非構造化データをリアルタイムで把握
  • Access を活用して、単一のスケールアウトファイルシステムを構築することで、業務を中断することなくストレージを効率的に管理
  • Resiliency Platform を活用して、クラウドをリカバリターゲットとして利用することにより、ディザスタリカバリへの対応を強化すると同時にコストと複雑さを軽減
  • 新しいワークロードと既存のワークロードを、Azure と Azure Stack のどちらにあるかを問わず、新しいバックアップジョブを作成することなく保護
Image

Microsoft Azure ストレージとシームレスに統合

クラウドストレージを活用してデータ保護戦略を拡張

使い慣れた NetBackup のバックアップおよびリカバリを拡張し、アーカイブしたデータやアクセス頻度の低いデータはオフサイトで低コストの Azure ストレージに移行することで、長期保存やディザスタリカバリに対応可能です。同時に、重要なシステムについては、迅速にリカバリするためにローカルコピーをオンサイトに保持できます。

  • 強力な重複排除テクノロジを備えた NetBackup 8.1 をサポートし、バックアップ時間を短縮
  • 環境全体のデータをグローバルに可視化
  • 自動化されたポリシーにより、データをクラウドに移行するタイミングと方法を調整
  • インテリジェントな重複排除機能と内蔵の圧縮機能により、ストレージとネットワークリソースを節約
  • 送信中のデータも保管中のデータも暗号化して、データのセキュリティを強化

Azure ベースのワークロード保護

ネイティブのクラウドデータ保護

企業は、デジタル変革を推進するにあたり最新のワークロードやパブリッククラウドを使用しています。Veritas CloudPoint が提供する最先端のデータ保護は、Microsoft Azure に加えて、プライベート、パブリック、ハイブリッドクラウド、さらには従来の IT 環境にもシームレスに対応し、リカバリの選択肢、規模、速度を犠牲にすることなくあらゆるワークロードをサポートします。

  • バックアップの自動作成とスケジュール設定
  • アプリケーションと不整合のないバックアップ
  • マルチクラウド対応
  • 使いやすい Web コンソールと API
  • インデックス付きバックアップで、検索は容易に、リカバリは迅速に

データを動的に操作

視覚的に得られた適切な情報に基づく意思決定

最近の調査によると、ベリタスのお客様は、データの可視性と適切な知見を得ることに大きな価値を認めています。ベリタスでは、新しく 20 ものソースと Microsoft Azure をデータソースとしてサポートしています。データの全容を把握できれば、十分な情報に基づいて、データの保持、移行、削除に関する意思決定が下せるようになります。Information Map は簡単に可視化できるように最適化されています。表示するビューや情報を必要に応じて絞り込んだり範囲を広げたり、または調整したりすることで、データの性質を理解することができます。

  • データについて地域別の傾向を把握
  • ファイルサーバー別、共有別、ユーザー別、または任意の組み合わせでデータを表示
  • 自由に組み合わせ可能なタイルを使って、お好みに応じたダッシュボードを作成可能
  • Microsoft Azure Blob Storage と Microsoft Azure File Storage の両方をサポート

Office 365 のアーカイブ機能を電子情報開示機能に簡単に統合

Office 365 のデータを適切な方法で保持および開示

Enterprise Vault.cloud ではジャーナルアーカイブについて、Office 365 にネーティブで備わるインプレースのアーカイブ機能よりも強力な追加機能を提供しています。この追加機能は、規制対象の企業がコンプライアンスの義務を果たすとともに適切な法的手順を踏むために欠かせません。

  • ジャーナルアーカイブ機能では、すべての電子メールとそのメタデータをもれなく追跡
  • 退職者のアーカイブデータのように、Office 365 には残らない可能性があるデータを自動的に保持
  • 証拠の安全な追跡管理について適切な手順を証明可能

アプリケーションパフォーマンスを高め、コストを管理

Veritas Access は、非構造化データワークロード向けの高パフォーマンスで費用対効果の高いソフトウェアデファインドストレージを実現します。オンプレミスワークロードでは、Veritas Access を使用して Microsoft Azure ストレージを低コストストレージ層としてプロビジョニングすることで、非構造化データワークロードのパフォーマンス要件を満たし、ポリシー主導のデータ移行を最適化します。

  • Azure を活用したストレージ階層化
  • ワークロードパフォーマンス要件に対応
  • ポリシーを維持しながら AWS、Google、IBM、Azure のクラウドプラットフォームにデータを移行

クラウドディザスタリカバリとビジネスワークロードの移行をワンクリックで実行

Azure へ、または Azure からの予測的継続力確保

Resiliency Platform により、ディザスタリカバリおよび企業のデータセンターと Microsoft Azure 間のビジネスワークロードの移行をワンクリックで実行できます。Azure Managed Disk との直接統合により、リカバリ時間と移行時間が短縮され、リカバリ時間目標を確実に達成できます。

  • フェールオーバーとフェールバック操作を全面的に自動化したワンクリックのディザスタリカバリ
  • オンプレミスと Azure 間のシームレスなワークロード移行
  • 業務を中断しない自動テストによる、確実なリカバリと移行
  • Managed Disk との直接統合で Azure への移行がさらに速やかに
Client Image Client Image