Enterprise Data Services Platform のロゴ

可用性、保護、およびインサイトの取得を実現する実績のある最新の統合テクノロジ

可用性

 

マルチクラウド環境、仮想環境、物理環境における予測可能な可用性、アプリケーションの回復力、ストレージの効率化を実現します。

アベイラビリティ製品の詳細はこちら ›

保護

 

企業を不測の事態から保護し、場所を問わずに、コンプライアンスを確保した安全なデータをいつでも利用できるようにします。

保護製品の詳細はこちら ›

インサイト

 

データ、ストレージ、バックアップのインフラを可視化して、データに関するリスクと IT インフラを管理できます。

インサイト製品の詳細はこちら ›

ベリタスは、お客様の最も重要なデータ保護の問題を解決します。

データの増加

現状:


2025 年までにデータ量は 175 ゼタバイトに増加。175 ゼタバイトのデータを格納するには、2.5 兆台の 64 GB のスマートフォンが必要

脅威: ランサムウェア

現状:


身代金を支払った全企業のうち、攻撃者から提供されたツールやコードを使用してリカバリできた企業はわずか 50%

クラウド統合

現状:


クラウドでのデータのバックアップは、クラウドプロバイダではなく、お客様の責任。しかし、70% の企業は、クラウドへのバックアップがクラウドプロバイダの仕事と考えている。

データ規制

現状:


可視性がなければ、コンプライアンスと分析は思うように進まず、ストレージコストが高くなる。52% のエンタープライズデータは「ダーク」なままとなる。

「複雑さは、IT 部門がこれらの課題を解決してビジネスを強化する妨げとなります」

– IDC 社、インフラシステム、プラットフォームおよびテクノロジグループ担当リサーチディレクター
Phil Goodwin 氏