プレスリリース

   

ベリタス、ガートナーの2017 年度市場シェア調査で 3部門の世界的市場シェアリーダーに

~バックアップ / リカバリソフトウェア、アーカイブソフトウェア、ストレージ管理用SDS分野の

売り上げベースランキング~

2018 年 6 月 28 日 - 情報管理ソリューションのリーダー企業であるベリタステクノロジーズ合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:大江克哉、以下 ベリタス)は、ガートナーの2017 年度市場シェア調査(※1)において、バックアップとリカバリ、アーカイブソフトウェア、およびストレージ管理用SDS(management software-defined storage) の3つの部門で、売り上げベースで、Veritas Technologiesが世界第1位のシェアを獲得したことを発表します。

ベリタスは 「Veritas NetBackup」 と「Veritas Backup Exec」 ソリューションで、バックアップソフトウェア部門の市場シェア 24.3 % を獲得し、アーカイブソフトウェア部門では「Veritas Enterprise Vault」の市場シェアは 11.5 % でした。ストレージ管理用SDS部門では、「Veritas Access」などの市場シェアが27.2 % で首位を維持すると同時に、2017年中で7.87 % の売り上げ増を達成しています。

ベリタスは、きわめて複雑なデータ保護の問題に取り組む企業を支援するため、既存のソリューションと新しいソリューションの両方を用いて、急速に進むイノベーションを支えながら顧客の成功を保証することに一層の焦点を当ててきました。 加えて、データ量とデータストレージコストが急激に増大し続けており、最新のSDS機能に対するニーズがかつてないほどひっ迫しています。ベリタスの新しいSDSにおけるイノベーションは、機械学習インテリジェンスの導入と最適化によって、分類、インデックス付け、および分析をさらに詳細なレベルで実行し、情報資産の強化に寄与します。

ベリタスの CEO であるグレッグ・ヒューズ (Greg Hughes) は次のように述べています。「人工知能 (AI) やモノのインターネット (IoT) などの新しいアプリケーションでデータ容量は飛躍的に増大しています。一方、一般データ保護規則 (GDPR) などのデータガバナンス規制が原因で、お客様は複雑なデータ保護やストレージの問題に直面しています。ベリタスでは、お客様がデータを簡単に保護・管理できるよう支援することに尽力しています。」

なお、Gartner マジック・クアドラントの最新2017年版レポートにおいて、データセンターバックアップ/リカバリソリューション部門(※2)、および エンタープライズ情報アーカイブ部門(※3)で、ベリタスは継続的にリーダーとして認定されています。

Gartner の購読者の皆様は、こちらからレポートを参照できます。

以上

※1

出典: Gartner 社「Market Share: Enterprise Infrastructure Software, Worldwide, 2017 (市場シェア: エンタープライズインフラソフトウェア、2017 年世界版)」、2018 年 5 月

※2

出典: Gartner 社「Magic Quadrant for Data Center Backup and Recovery Solutions (マジック・クアドラントのデータセンターバックアップ/リカバリソリューション部門)」、2017 年 7 月 31 日

※3

 出典: Gartner 社「Magic Quadrant for Enterprise Information Archiving (マジック・クアドラントのエンタープライズ情報アーカイブ部門)」、Garth Landers、Julian Tirsu、2017 年 10 月 30 日

Gartner 社の免責事項
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品、またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価や認定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものでもありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行いません。

■ベリタスについて

https://www.veritas.com/ja/jp/

情報は、企業にとって最も大切なデジタル資産です。Veritas Technologies は、”The truth in Information” の理念のもと、情報を究めようとするすべての企業を支援します。ベリタスのプラットフォームを利用するお客様は、クラウドベンダーに縛られることなく、デジタル変革の実現、マルチクラウドデータ管理の推進、さらにデータ保護、ワークロード移行、ストレージ最適化、コンプライアンス対策など、これからのIT とビジネスに関わるさまざまな課題の解決を目指すことができます。現在、Fortune 500 企業の 86% が、ベリタスのソリューションでデータ管理を徹底し、競争優位を実現しています。ベリタステクノロジーズ合同会社は、ベリタスグループの日本法人です。

*Veritas、Veritasロゴ は、Veritas Technologies LLC または関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
*その他製品名等はそれぞれ各社の登録商標または商標です。

将来に関する記述: 製品の今後の予定についての将来に関する記述は予備的なものであり、未来のリリース予定日はすべて暫定的で、変更の可能性があります。今後の製品のリリースや予定されている機能修正についてはベリタスが継続的な評価を行なっており、実装されるかどうかは確定していません。ベリタスが確言したと考えるべきではなく、購入決定の理由とすべきではありません。