GDPR が施行されました。
準備はお済みですか?

この新しい規則により、企業は個人データを適切に取り扱わなければ重い罰金を科せられます。自社のファイルに含まれる一般的な個人データを確認するには、Risk Analyzer をお試しください。

試用はこちらから
GDPR の顧客事例 1

ベリタスが自社のツールを使ってデータを分類した方法をご覧ください。

GDPR のリソース

最新のレポート、ソリューション概要、インフォグラフィックのライブラリをご覧ください。

IDC インサイト

GDPR 対応の革新を製品・サービス全体で提供するベリタスの取り組みをご覧ください。

世界的な影響力を持つ新しい EU 規則

GDPR (一般データ保護規則) は世界で最も広範に適用されるデータ保護法です。この法律は 2018 年 5 月 25 日に施行されました。

EU 居住者の個人情報を扱う組織・団体は、必ずこの新法の対象となります。

違反者には、最高で 2,000 万ユーロまたは年間売上高の 4% のいずれか高い方が罰金として課されます。

 

 

統合 GDPR ソリューション

GDPR の遵守は任意ではなく義務です。ベリタスは、市場をリードするテクノロジー、そしてプロフェッショナルサービスアドバイザーが持つ専門知識を結集して、お客様の GDPR 対応をサポートします。




GDPR コンプライアンスの第一歩は、保有している個人情報を把握することです。個人情報を適切に処理して管理するには、その保存場所、アクセスできる人、保有期間を可視化する必要があります。

GDPR のもとでは、EU 居住者は自らの全個人情報の開示と情報の訂正、移動、削除を要求できます。こうした要求に速やかに対応できるようにしておくことが重要です。

GDPR のもとでは、個人情報を保持できるのは、保有理由に見合った期間に限られます。適切な保持ポリシーに基づいてデータを自動的に削除することが、GDPR コンプライアンスの鍵となります。

GDPR では、破損や損失、漏えいから個人情報を守ることが義務付けられています。データの保護方法とセキュリティプロセスに透明性を持たせることで、監査基準を満たし、コンプライアンス要件を達成できます。

GDPR では、情報漏えいが発生した場合、いち早く検知して 72 時間以内に当局に届け出る必要があります。リスクの伴うふるまいを識別するためには、適切な調査ツールが欠かせません。

お客様の GDPR 対応成熟度を評価

規制コンプライアンスの達成は、具体的な計画がなければ難航しがちです。GDPR 対応度評価では、ベリタスが、次のステップにつながるお客様専用のロードマップを作成します。

すべてのデータを可視化

情報のマッピングや管理を的確に行うためには、データを詳細に把握することが不可欠です。ベリタスが、ダークデータの発見、リスクの特定、情報の分類をお手伝いします。

ベリタスのポリシーがお客様の情報を保護

ベリタスは、自動化されたワークフローによってお客様のデータ保持戦略の実現と事実に基づく活動追跡をサポートします。

GDPR 対応度を評価致します

規制コンプライアンスの対応状況をご確認いただけます。ベリタスが、お客様の総合的な GDPR 対応度を評価し、コンプライアンスのギャップを埋めて最新テクノロジーを活用するための推奨策を提案いたします。

86%

対応の遅れがビジネスに大きな悪影響をもたらすと考えるグローバル企業の割合

お客様向け GDPR 対応の利用規約

ベリタスは GDPR 対応の利用規約をお客様に向けて積極的に提示しています。 データ処理規約とベリタスのプライバシープログラムにおける個人情報およびその他個人を特定できる情報の管理方法を確認するには、プライバシーのページをご覧ください。