著作権侵害の対策

ソフトウェアの著作権侵害とは

ソフトウェアの著作権侵害とは、著作権所有者の許可なしに、個人的利用または商用でソフトウェアを複製または配布することです。違法コピーソフトウェアは、著作権侵害行為とみなされ、侵害行為を行った者は法的責任を追及されます。さまざまな種類の著作権侵害について、知識を深めることにより、著作権侵害の被害者となることだけでなく、個人情報盗難などの犯罪の被害者となることも防ぐことができます。

ソフトウェアの著作権を侵害する行為をした場合、後ほど高価な代償を支払うことになります

ソフトウェアの著作権侵害により、毎年何十億ドルもの収益が失われています。BSA によって行われた世界規模の調査によると、2013 年には、ソフトウェアの著作権侵害によりソフトウェア産業が被った損失が、世界中で 627 億ドルを超えました。

ソフトウェアの著作権侵害によって影響を被るのはソフトウェアの発売元だけではありません。ベリタスのチャネルパートナー様やお客様も同じように損害を被ります。

ソフトウェアの著作権侵害

ソフトウェアは、情報化時代の最も価値ある技術の 1 つであり、パーソナルコンピュータからインターネットまであらゆるものを稼働させています。しかし、残念ながら、ソフトウェアにそれだけの価値がある反面、コンピュータを使えばプログラムの完全な複製を秒単位で容易に作成できてしまい、その結果、ソフトウェアの著作権侵害は広範囲にわたって発生している問題です。ソフトウェアの著作権侵害とは、著作権のあるソフトウェアプログラムを違法に複製し、配布することです。ソフトウェアの著作権侵害には、一般的に 5 つのタイプがあり、重要なのは、それが重大な損害を引き起こすということです。

たとえば、偽造品や違法ソフトウェアは簡単に購入することができます。しかし、どこで購入したかにかかわらず、これらのソフトウェアを使用したり再配布したりすることは違法行為です。さらに、違法ソフトウェアの使用者にも大きなリスクがあります。偽造ソフトウェアには、ウイルスや悪質なコードが含まれている場合があり、コンピュータの損傷や、個人情報の盗難のリスクがあります。また、偽造ソフトウェアの欠陥によりハードウェアが故障して高額な修理代が必要になることもあります。さらに、違法ソフトウェアにはマニュアル、保証書、サポートサービスなどもありません。