著作権侵害の対策

著作権侵害の結果

著作権侵害の結果

ソフトウェアの著作権侵害は、窃盗行為です。ソフトウェアの違法コピーを複製または配布した場合、民事および刑事法両方のもとで責任を問われる可能性があります。ソフトウェアの権利所有者が訴えを起こす場合、所有者はソフトウェアの使用や配布の即座の停止を要求でき、損害賠償金も請求できます。また、刑事告発も行うことができます。

違法または偽造ソフトウェアのユーザーは、法的な制裁を受けるだけでなく、以下のような影響を受けることがあります。

  • ソフトウェアウイルス、ディスクの損傷、欠陥のあるソフトウェアのリスクにさらされる
  • 製品のマニュアルが不完全である、またはマニュアル自体を入手できない
  • 保証がない
  • テクニカルサポートを受けられない
  • 正規のライセンスユーザーに提供されるソフトウェアアップグレードの資格がない

違法または偽造ソフトウェアのユーザーは、法的な制裁を受けるだけでなく、以下のような影響を受けることがあります。

米著作権法

米著作権法 (第 17 編第 101 条以下、第 18 編 2319 条)

著作権侵害では、最高 5 年の懲役および 最大 250,000 ドルの罰金を科されることがあります。再犯者には、最高 10 年の懲役が科される場合があります。違反者は、実質的損害、逸失利益、法廷損害賠償のために、一件あたり最大 150,000 ドルの支払いを命じられることもあります。