NetBackup の新機能

   

NetBackup 8.2 の新機能

NetBackup プラットフォームは、エンタープライズクラスの拡張性、パフォーマンス、広範囲なワークロード統合を実現し、あらゆる規模の企業に対応する総合データ保護ソリューションを提供します。クラウドアプリケーション、仮想アプリケーション、物理アプリケーションが混在する大規模かつ複雑なヘテロジニアス環境でも、保存先にかかわらずすべてのデータを保護できるように設計されています。65 種類以上のアプリケーション、100 種類以上のオペレーティングシステム、2,500 種類以上のストレージデバイス、30 種類以上のアレイスナップショットをサポートし、ワンクリックでクラウドストレージを統合できます。これらのワークロードはすべて単一のコンソールから管理可能です。

コピーデータの管理やリカバリといった独自の統合機能を活用すれば、データ保護への投資効果を最大限に高めることができます。さらに、実用的な知見を得てより良い意思決定に活かしたり、ワンクリックのリカバリ連携で緊急事態にすばやく対処したりできます。360 度のデータ管理で既存の資産を活用し、将来への基盤を固めて、デジタル変革を加速させましょう。

 

NetBackup 8.2

NetBackup 8.2 の主な機能 - GA リリース: 2019/6/28

  • エージェントレスな VMware のリカバリ—エージェントなしでの VM データの個別リストア。
  • クラウドへの DR—ディザスタリカバリを AWS に統合。
  • クラウドへのバックアップの強化—重複排除にかかる時間の短縮と AWS Glacier への重複排除。
  • スナップショットのバックアップ—サポートされるスナップショットのバックアップコピーの作成。
  • アプリケーション対応スナップショット—Oracle、DB2 のアプリケーションに対応したスナップショットの作成。
  • Red Hat 仮想化用 NetBackup—シンプルなユーザーエクスペリエンス、ロールベースのアクセスおよび API。
  • OpenStack 用 NetBackup—OpenStack システムのパラレルストリーミングバックアップ。
  • MongoDB 用 NetBackup—MongoDB のデータベース対応のパラレルストリーミングバックアップ。
  • 2 要素認証—NetBackup コンソールへのより安全なアクセスを実現。
  • 拡張された REST API ライブラリ—拡張された SwaggerTM インターフェースの呼び出しとサポート。 
NetBackup 8.1.2

8.1.2 の主な機能– GA リリース: 2018/9/17
  • 新しい Web UI – シンプルで安全な Web ベースのユーザーエクスペリエンス
  • 役割ベースのアクセス – 特定のユーザーや役割に制限付きのアクセス権を付与
  • VMware インスタントアクセス – エージェントなしで VM を迅速かつ簡単に復元
  • NetBackup for VMware Cloud on AWS – AWS 上の VMware VM を保護
  • NetBackup for HBase – HBase システムデータベース対応のバックアップ
  • クラウドワークロードの保護 – AWS、Microsoft、Google のスナップショットを統合管理
  • 自動クラウド更新 – クライアントソフトウェアを迅速かつ簡単にアップグレード
  • Amazon Glacier ボルト – AWS でコンプライアンス制御を強化
  • パラレルストリーミング SDK – 他社製プラグイン作成用開発者キット
  • REST API ライブラリ – 呼び出しの拡張によりプログラム機能を拡充
  • GDPR 対応 – 検査用のユーザー監査警告フラグ
  • ベリタススマートメーター – 利用状況と消費量を Web ポータルから監視
  • NetBackup 8.1.2 リリースノート このリリースに含まれるすべての機能の詳細をご覧いただけます

 

NetBackup 8.1.1

8.1.1 の主な機能 – GA リリース: 2018/2/16

  • AWS Glacier クラウドコネクタ – バックアップと長期のデータ保持に安価なクラウドストレージを利用
  • Alibaba クラウドコネクタ – バックアップデータを Alibaba クラウド内に保存
  • NetBackup for PostgreSQL – PostgreSQL データベース対応のバックアップ
  • NetBackup for SQLite – SQLite データベース対応のバックアップ
  • NetBackup for MariaDB – MariaDB データベース対応のバックアップ
  • 重複排除機能の拡張 – 固定長セグメント分割か可変長セグメント分割かを選択してパフォーマンスを最適化
  • Veritas CloudPoint との統合 – 3PAR、HDS、EMC、Pure のスナップショットを統合
  • NetBackup RestAPI – RESTful API により、UX のカスタマイズや他社製アプリケーションとの統合を実現
  • NetBackup 8.1.1 リリースノート – このリリースに含まれるすべての機能の詳細をご覧いただけます
NetBackup 8.1

8.1 の主な機能 - GA リリース: 2017/9/26

  • NetBackup CloudCatalyst – 重複排除により、ストレージを効率的に使用してクラウドへ迅速にバックアップ
  • NetBackup Parallel Streaming – ビッグデータやハイコンバージドクラスタ向けの迅速なスケールアウトバックアップ
  • NetBackup for Hadoop/HDFS – Hadoop/HDFS クラスタの並行スケールアウトバックアップ
  • NetBackup for Nutanix – Nutanix クラスタの並行スケールアウトバックアップ
  • NetBackup for MySQL – MySQL データベース対応のバックアップ
  • VMware のきめ細かなバックアップとリカバリ – 新しいリカバリ UI で仮想ドライブを選択
  • Instant Recovery for Oracle – NetBackup アプライアンスストレージから Oracle データベースに直接アクセス
  • NetBackup Accelerator for Dell EMC Isilon – Isilon ファイラの NDMP バックアップ速度が最大 50% 向上
  • 配備の簡素化 – あらゆるクライアントに対応する配備テンプレートとネーティブパッケージ
  • 強化されたセキュリティ – MSDP ストレージ用の安全な通信オプションと強化された暗号化オプション
  • NetBackup 仮想アプライアンス – データセンターやリモートオフィスなどの既存の仮想環境への配備
  • NetBackup 8.1 リリースノート - このリリースに含まれるすべての機能の詳細をご覧いただけます
NetBackup 8.0

8.0 の主な機能 - GA リリース: 2016/12/5

  • Microsoft Windows Server 2016 サポート - 次世代ワークロードに対応し、MS Resilient Change Tracking (RCT) を活用
  • NetBackup Accelerator for Microsoft Hyper-V - Windows Server 2016 を活用し、VM バックアップを 100 倍高速化して仮想データの増大に対応
  • VMware vSphere 6.5 - 次世代 VMware に対応し、個別の VMDK ファイルを既存の仮想マシンまたは代替仮想マシンにリストア
  • NetBackup Self-Service 用 VMware vRealize プラグイン - VMware vRealize ユーザーがカスタマイズ可能なオプションを使って NetBackup 保護を管理
  • リモートオフィス向け NetBackup 仮想アプライアンス - VMware 環境でアプライアンスをダウンロードするだけでリモートオフィス保護をサポート
  • NetBackup Amazon AMI - EC2 クラウドサービスで実行されるワークロードのデータをエンタープライズクラスの信頼性で簡単、高速かつ統合的に保護
  • クラウドストレージコネクタの統合 - Microsoft Azure、IBM Softlayer、OpenStack Swift、SwiftStack のサポート追加によって柔軟性が向上し、クラウドの選択肢が拡充
  • EMC Isilon ファイラの NDMP バックアップ機能の強化 - Isilon ファイラの NDMP バックアップで重複排除率、バックアップ速度、ストレージ効率を向上
  • NetBackup 8.0 リリースノート - このリリースに含まれるすべての機能の詳細をご覧いただけます
NetBackup 7.7.3

7.7.3 の主な機能 - GA リリース: 2016/6/6

  • VMware タグ用 VMware インテリジェントポリシー - VMware vSphere 6 でタブを使用して仮想マシンを選択し、自動的に保護
  • VMware VMDK ファイルの個別リストア - Windows と Linux のどちらでも特定の VMDK をリストアして新しい VM を簡単に作成
  • Amazon S3 クラウドコネクタ圧縮 - S3 クラウドターゲットのデータ送信および保存のパフォーマンスを向上させ、コストを削減
  • OpsCenter の警告機能の強化と Activity Monitor のフィルタリング - ドリルダウン機能の追加と管理性の向上によってトラブルシューティングを高速化
  • クライアントのネーティブパッケージング - RHEL、SuSE、CentOS、Oracle Linux の RPM を使用して Linux クライアントの配備を簡素化
  • NetBackup Self-Service のアプリケーション保護 - 大企業や MSP マルチテナントで Oracle と SQL のバックアップとリストアをセルフサービス化
  • NetBackup Self-Service の複数ポリシー保護 - 新しい「保護タイプ」によって、複数のポリシーが適用されるクライアントを柔軟に保護
  • NetBackup Self-Service の vCloud Director - ワンステップのインポートによって vCloud 環境のバックアップとリカバリを簡素化
  • NetBackup Self-Service のシステム管理者ダッシュボード - 管理者向けの高度な表示によって、テナント、データ使用状況、データ増加を監視
  • NetBackup 7.7.3 リリースノート - このリリースに含まれるすべての機能の詳細をご覧いただけます
NetBackup 7.7.2

7.7.2 の主な機能 - GA リリース: 2016/2/1

  • Oracle マルチストリームリストア - 複数のリストアストリームを同時処理する革新的な新機能によって Oracle データベースのリカバリを高速化
  • Amazon S3 の標準 - 低頻度アクセスストレージのサポート - AWS S3 ストレージクラスの選択を簡素化および自動化
  • HA クラスタ用 NetBackup SQL インテリジェントポリシー - HA クラスタで SQL インスタンスを自動検出してフェールオーバー保護
  • JAVA UI の向上 - プロパティ編集機能、詳細なフィルタリングおよび検索機能、シングルサインオン (SSO) 機能を追加
  • root 以外のユーザーによる VMware バックアップからのファイル/フォルダの検索とリストア - VMware リストアのセルフサービス操作を効率化
  • NetBackup 7.7.2 リリースノート - このリリースに含まれるすべての機能の詳細をご覧いただけます
NetBackup 7.7.1

7.7.1 の主な機能 - GA リリース: 2015/10/5

  • VMware タグ用 VMware インテリジェントポリシー - VMware タグを使用して仮想マシンを選択し、自動的に保護
  • SCVMM による Microsoft Hyper-V インテリジェントポリシー - 検出、ポリシーベースの保護、パフォーマンス負荷分散を自動化
  • Microsoft SQL AlwaysOn 可用性グループのサポート - ネーティブ SQL バックアップツールを使用して、障害対策用の可用性グループを 24 時間 365 日保護
  • Amazon v4 米国政府顧客専用プライベート S3 クラウドのサポート - AWS GovCloud ストレージの高度なセキュリティ/認証要件に対応
  • NetBackup Accelerator for NDMP - NetApp アレイの NDMP バックアップで変更されたブロックのみをバックアップすることにより処理を 100 倍高速化
  • NetBackup 7.7.1 リリースノート - このリリースに含まれるすべての機能の詳細をご覧いただけます
NetBackup 7.7

7.7 の主な機能 - GA リリース: 2015/7/7

  • vSAN および vVOL データストア用 VMware インテリジェントポリシー - vSAN 環境と vVOL 環境を自動的に検出して保護
  • Instant Recovery 用 VMware vSphere Web Client プラグイン - vSphere Web Client を使用して VM をバックアップディスクから 60 秒以内にスピンアップ
  • Microsoft Hyper-V System Center VM Manager アドイン - Hyper-V コンソールから NetBackup をセルフサービス操作
  • Microsoft Hyper-V インテリジェントポリシー - Hyper-V 環境の VM 検出、ポリシーバックアップ、負荷分散を自動化
  • Microsoft SQL インテリジェントポリシー - 自動検出とポリシーベースのバックアップによって SQL の保護を強化
  • NetBackup Replication Director の NDMP インデックス作成 - NDMP バックアップのインデックスを作成することで、バックアップとファイルレベルのリカバリを高速化
  • NetBackup Replication Director の NetApp cDOT 対応 - NetApp Clustered Data OnTap のライフサイクルスナップショット管理を統合
  • NetBackup Self-Service の更新 - マルチテナント MSP や大企業向けに NetBackup でセルフサービス機能を活用
  • 監査コンプライアンスおよびレポート機能の強化 - ログインごとに「誰がいつ何をしたか」を記録
  • FIPS 認定 - NIST 研究所による FIPS 140-2 規格への準拠認定
  • Amazon S3 クラウドコネクタの対応と機能強化 - マルチストリーム最適化によって S3 クラウドのパフォーマンスを 30 倍向上
  • NetBackup 7.7 新機能比較一覧表
  • NetBackup 7.7 リリースノート - このリリースに含まれるすべての機能の詳細をご覧いただけます
NetBackup 7.6.x

7.6 の主な機能 - GA リリース: 2013/12/18

  • VMware 向け Instant Recovery - 本番 VM をバックアップディスクからわずか 60 秒で起動
  • VMware vCloud Suite との統合 - vCloud Director でプロビジョニングするデータセンターの保護とリカバリを自動化して設定後の管理を不要に
  • VMware vCenter 用プラグイン - 使い慣れた vCenter コンソールから社内の NetBackup VM の保護とリカバリを簡単に管理
  • VMware P2V (Physical to Virtual) ベアメタルリカバリ - 物理マシンから仮想マシンへの移行を簡素化してディザスタリカバリを高速化
  • NetBackup Accelerator for VMware - VM バックアップを 100 倍高速化して仮想データの増大に対応
  • NetBackup Replication Director の機能強化 - VMware、データベース、NDMP などの NetApp NAS/FAS スナップショットを管理
  • NetBackup Replication Director の EMC VNX および Celerra 対応 - EMC スナップショットとスナップショットレプリケーションのライフサイクル全体を管理
  • NetBackup Targeted Auto Image Replication (AIR) - バックアップイメージを任意のターゲットドメインに柔軟に複製
  • Oracle 用インテリジェントポリシー - 簡単なスケジュール設定とチェックボックス選択のポリシーウィザードで、データベースリカバリを自動化
  • Citrix VM およびアプリケーションの保護 - ホット、コールド、オフホストのスナップショットバックアップで Citrix XenServer 仮想環境を保護
  • OpsCenter の機能強化 - デザインと操作性を改良し、新しい設定ウィザードと VM レポートを多数追加
  • NetBackup 7.6 リリースノート - このリリースに含まれるすべての機能の詳細をご覧いただけます
NetBackup 7.5.x

7.5 の主な機能 - GA リリース: 2012/3/1

  • VMware VM アプリケーションの保護 - 単一のバックアップイメージから VMDK 全体、ファイルレベル、データベース全体、個々のデータベースオブジェクトをリカバリ
  • VMware と Hyper-V のポリシー強化 - VMware 環境と Hyper-V 環境のデータをポリシーに基づいて最適なパフォーマンスで保護
  • NetBackup Accelerator - 変更されたファイルのみをバックアップして CPU、ネットワーク、ストレージリソースを節約し、バックアップを 100 倍高速化、リストア時間を短縮
  • NetBackup Auto Image Replication (AIR) - 複数ドメインへのレプリケーションを自動化するディザスタリカバリツールによって、大規模に配備された環境をグローバルに保護
  • AWS、Rackspace、AT&T クラウドストレージ - ウィザードによる統合とインテリジェントな帯域幅管理によってクラウドストレージを簡素化
  • OpsCenter の Operational Restore - 高度なグローバルファイル検索機能と複数レベルのフィルタリング機能によって、ファイルをすばやく検出して復元
  • ネットワーク障害への対応強化 - WAN の接続が切断されたり不安定になったりしても、バックアップを自動的に完了
  • NetBackup 7.5 新機能比較一覧表
  • NetBackup 7.5 リリースノート - このリリースに含まれるすべての機能の詳細をご覧いただけます

NetBackup アプライアンス 3.1 の新機能

Veritas NetBackupTM アプライアンスは、バックアップ、ストレージ、重複排除を備えた効率的なターンキーソリューションです。データセンター、リモートオフィス、仮想環境でのシンプルでコスト効率に優れたバックアップとリカバリを実現し、統合された専用のバックアップアプライアンス (PBBA) 市場をリードし続けています。

Veritas NetBackup Appliance Software Release 3.1

3.1 の主な機能 - 過去のリリースの全機能に加えて以下の機能が追加されています

  • NetBackup 5340 アプライアンス - 容量が約 2 PB に増加し、スループットが 25% 向上
  • NetBackup CloudCatalyst – 重複排除により、ストレージを効率的に使用してクラウドへ迅速にバックアップ
  • NetBackup 5330 と 5340 の高可用性 - 計画的なダウンタイムをほぼゼロに削減
  • NetBackup 5330 – 容量が 1.3 PB に拡張
  • NetBackup 5240 – 容量が 300 TB に拡張
  • データセンター向け NetBackup 仮想アプライアンス - 250 TB までの回復力のあるエンタープライズデータ保護
  • Universal Share - コストを削減し、ほぼすべてのワークロードを柔軟に保護
  • NetBackup Copilot for Oracle - Oracle データベースを迅速にリカバリ
  • 管理の一元化 - すべての NetBackup アプライアンスを 1 つの画面から管理
  • + 対応する NetBackup ソフトウェアリリース
Veritas NetBackup Appliance Software Release 3.0

NetBackup 3.0 は、NetBackup 5330 での容量 50% 増、NetBackup 5240 での iSCSI I/O ポートのサポート、NetBackup Copilot のパフォーマンス大幅向上、アプライアンスの新しい GUI など、アプライアンスファミリー全体にメリットをもたらします。

3.0 の主な機能 - 過去のリリースの全機能に加えて以下の機能が追加されています

  • NetBackup 5330 で 687 TB までの利用可能ストレージ容量の拡張 
  • NetBackup 5240 で 10 GB iSCSI ポート追加による接続コストの削減 (最大 2 倍)
  • 新しい GUI による生産性の向上
  • Syslog 転送によるセキュリティとコンプライアンスの向上
  • DIMM 監視による停止時間の短縮
  • + 対応する NetBackup ソフトウェアリリース
Veritas NetBackup Appliance Software Release 2.7

NetBackup 5330 アプライアンスは最大 458TB まで拡張可能で、重複排除プールサイズとストレージ容量を豊富に確保できます。さらに、NetBackup Copilot for Oracle により、DBA とバックアップ管理者の両方に対応したセルフサービス運用モデルで画期的なパフォーマンスを実現します。

2.7 の主な機能 - 過去のリリースの全機能に加えて以下の機能が追加されています

  • 458 TB までの重複排除サポート - NetBackup 5330 で重複排除プールサイズを最大 458 TB まで拡張できます。
  • 458 TB までの利用可能ストレージ容量の拡張 - NetBackup 5330 で利用可能容量を最大 458 TB まで拡張できます。
  • NetBackup Copilot for Oracle - DBA とバックアップ管理者の両方に対応したセルフサービス運用モデルで画期的なパフォーマンスを実現します。
  • + 対応する NetBackup ソフトウェアリリース
Veritas NetBackup Appliance Software Release 2.6

NetBackup 5330 は NetBackup アプライアンスファミリーに追加された最新メンバーです。ストレージを備えた統合型バックアップメディアサーバーで、より高いパフォーマンス、容量、耐障害性の要件に対応します。さらにリリース 2.6 では、新しいアプライアンスホームページの追加、シングルユーザーサインインのサポート、多言語対応、レポート機能の強化により、NetBackup と NetBackup アプライアンスの管理性が向上しています。

2.6 の主な機能 - 過去のリリースの全機能に加えて以下の機能が追加されています

  • 229 TB までの重複排除サポート - NetBackup 5330 で重複排除プールサイズが最大 229 TB までサポートされます。
  • 229 TB までの利用可能ストレージ容量の拡張 (NetBackup 5330) - NetBackup 5330 で利用可能容量が最大 229 TB までサポートされます。
  • 148 TB までの重複排除サポート - NetBackup 5220/5230 アプライアンスで重複排除プールサイズが最大 148 TB までサポートされます。
  • 148 TB までの利用可能ストレージ容量の拡張 - NetBackup 5220/5230 アプライアンスで 3 番目および 4 番目のストレージ拡張シェルフを追加することで、最大 148 TB までの容量が利用可能です。
  • データ移行ユーティリティ - Web コンソールを使用して、バックアップワークロードを新しい NetBackup アプライアンスに簡単に自動転送できます。
  • LDAP の構成と認証 - Microsoft® Windows® Active Directory (AD) ユーザーまたは LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) ユーザーがデフォルト管理者アカウントを使用せずに日常管理業務を実行できます。
  • + 対応する NetBackup ソフトウェアリリース
Veritas NetBackup Appliance Software Release 2.5

このリリースは、既存の NetBackup アプライアンス環境にも、新しい NetBackup ソリューションをアプライアンスとして導入する場合にも、高い利便性とサポートを提供します。

2.5 の主な機能 - 過去のリリースの全機能に加えて以下の機能が追加されています

  • 76 TB までの重複排除サポート - NetBackup 5220 アプライアンスで重複排除プールサイズが最大 76 TB までサポートされます。
  • コールホームテスト機能 - コールホーム機能を検証できます。
  • Critical System Protection (CSP) - ホスト侵入の検知と防止が可能です。
  • 64 TB までの重複排除サポート - NetBackup 5220 アプライアンスで重複排除プールサイズが最大 64 TB までサポートされます。
  • ソフトウェア更新とロールバック - チェックポイントの導入によってユーザーは以前の構成に戻すことができます。
Veritas NetBackup Appliance Software Release 2.0

このリリースでは、NetBackup 5200 シリーズアプライアンスが追加され、サポートされています。

2.0 の主な機能 - 過去のリリースの全機能に加えて以下の機能が追加されています

  • バックアップの高速化 - 従来型のフルバックアップも増分バックアップと変わらない速度で実行できます。
  • Advanced Disk  (重複排除されないディスク) - 重複排除されないデータのためのディスク容量使用がサポートされて、バックアップコピー保存の選択肢が増え、柔軟性が向上しています。
  • WAN 最適化 - 転送速度が 10 倍向上したことにより、クラウドへのバックアップと複製に既存の WAN インフラを利用できます。