プレスリリース

   

ベリタス、新たに「NetBackup RestAPI」を提供開始 NetBackupによるデータ保護の運用性を拡張

~公的機関および企業のマルチクラウドデータ管理に適応~

2018 年 3 月 23 日 –マルチクラウドデータ管理のリーダー企業であるベリタステクノロジーズ合同会社(本社:東京都港区、以下ベリタス)は、バックアップ製品の最新版「Veritas NetBackup 8.1.1」の新機能「Veritas NetBackup RestAPI」 を発表しました。

NetBackup RestAPIにより、開発者、パートナー、ソリューションプロバイダは、サードパーティ製アプリケーションとの統合、 エンドユーザー向けインタフェース のカスタマイズが可能となります。企業はもとより、規制の厳しい政府機関や公的機関などのアプリケーションにおけるデータ保護もネィティブに連携統合できるようになることで、NetBackupの市場が大幅に拡大します。

NetBackup 8.1は、重複排除されたデータセンターのバックアップデータを安価なクラウドストレージに超高速複製する「Veritas NetBackup CloudCatalyst」や、ビッグデータなどの次世代ワークロードのバックアップも短時間で行える「Veritas NetBackup Parallel Streaming」などを搭載し、新時代のバックアップニーズに対応していますが、最新版のNetBackup 8.1.1 では、既存の長期保管用テープなどの移行先として低価格の長期データ保存用クラウドストレージAmazon Glacier との統合が可能となりました。

◆RestAPI提供で360 度データ管理ポートフォリオの対象範囲を拡大

NetBackup RestAPI により、公的機関、医療、金融サービス、製造などさまざまな業種の顧客がプログラミングでNetBackup にアクセスできるようになるため、ベリタスの 360 度データ管理ポートフォリオの対象範囲が広がります。これによって NetBackup を複数のアプリケーションに統合する作業が簡素化され、データ管理に関して高度にカスタマイズされたソリューションを構築できます。

API によって新しいビジネスモデルがかつてないスピードで生み出されています。データリソースが分散し、その結果、データの漏えいが増えているこの時代には、とくに政府機関にとっても企業にとっても情報の共有と保護が最重要課題です。NetBackup の革新的な API を利用すれば、情報の集約方法を最適化し、価値の高いデータ資産を保護し、洞察に満ちたインテリジェンスを提供するための次世代のプラットフォームやアプリケーションの開発を簡素化できます。

ベリタスのエグゼクティブバイスプレジデント兼 CPO (最高製品責任者) である Mike Palmer (マイク・パーマー)は次のように述べています。「昨今は多くのお客様が、市場シェアの獲得、イノベーションの推進、そして最も重要な資産の ひとつである自社データの保護を実現する新しいビジネスモデルを開発して導入したいと考えています。ベリタスがNetBackup RestAPI を提供することで、そのようなお客様の取り組みを支援できるようになりました。市場をリードするデータ保護製品の NetBackupの管理や制御をネィティブにアプリケーションに組み込めるようになったため、オンプレミスとクラウド内の両方でデータを管理し、最適化し、保護する新しい方法をお客様、パートナー企業、ソリューションプロバイダに提供できるのです。」

◆NetBackup のマルチクラウド対象範囲がさらに拡大
NetBackup の最新リリースは、オンプレミスのデータを 1 つまたは複数のクラウドサービスで管理、最適化、保護、保管する革新的な方法を求めている顧客に、傑出した柔軟性と選択肢を提供します。NetBackup 8.1.1 では、既存の長期保管用テープなどの移行先として、安全性と耐久性に優れ手頃なコストで利用できる Amazon Web Services (AWS) のクラウドストレージサービス「Amazon Glacier 」との統合が実現できます。

NetBackup RestAPI はNetBackup 8.1.1の新機能として、ベリタスとチャネルパートナーがご提供します。

詳しくは、こちらをご覧ください。

以上

■ベリタスについて

https://www.veritas.com/ja/jp/
情報は、企業にとって最も大切な資産です。Veritas Technologies は、”The truth in Information” の理念のもと、情報を究めようとするすべての企業を支援します。ベリタスのプラットフォームを利用するお客様は、どんなクラウドベンダーに縛られることもなく、デジタル変革の実現、マルチクラウドデータ管理の推進、さらにデータ保護、ワークロード移行、ストレージ最適化、コンプライアンス対策など、これからのIT とビジネスに関わるさまざまな課題の解決を目指すことができます。現在、Fortune 500 企業の 86% が、ベリタスのソリューションでデータ管理を徹底し、競争優位を実現しています。ベリタステクノロジーズ合同会社は、ベリタスグループの日本法人です。

将来予想に関する記述:製品の計画に関する将来的な記述は仮のものであり、将来のリリース日はすべて暫定であり、ベリタスがその裁量により行う変更の対象になります。今後の製品のリリースや予定されている機能修正についてはベリタスが継続的な評価を行っており、実装されるかどうかは確定していません。したがって、ベリタスが確言したと考えるべきではなく、購入の意思決定の理由にすべきではありません。また、いかなる契約にも組み込むことはできません。

※Veritas、Veritas ロゴ、NetBackupは、Veritas Technologies LLC または関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※その他の会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。