サイバーリカバリによるレジリエンスの再定義

オンデマンドで見る

Icon
長さ: 31 分

サイバーリカバリによるレジリエンスの再定義

セッションについて

ランサムウェアの複雑化が進み、阻止することはかつてないほど困難になっています。ひとたび攻撃を受ければ業務が中断するだけでは済みません。ほとんどの企業はリカバリの準備ができていると考えていますが、(たとえ改ざん不可能であっても) バックアップデータをこのような巧妙な攻撃から保護できない場合もあります。今こそ、バックアップデータを分離してデータ保護を再定義し、真のサイバーレジリエンスを実現する時です。この悪循環を断ち切るために、ぜひ Web セミナーにご参加ください。ランサムウェア攻撃の仕組みと、データをサイバー保管庫に隔離して身代金の支払いを拒否できる回復力を確保する方法について詳しくご説明します。​

  • ランサムウェアに対するインテリジェンスの強化: 企業を狙ったランサムウェア攻撃の仕組みを解説します。ハッカーがランサムウェアで業務を停止に追い込むために利用している攻撃パスについて知ることができます。
  • 「安全なストレージ」の脆弱性: 改ざん不可能なコピーをクラウドに保存していても、バックアップとリカバリのシステムを簡単に消去される事態が頻繁に起きている現状を解説します。​
  • 仮想データの分離によるサイバーレジリエンスの確立: ベリタスの専門家が、ディザスタリカバリとサイバーリカバリの違いと課題について解説します。また、ランサムウェアに対する防御の強化に役立つ、貴重なインサイト、実例、ベストプラクティスをご紹介します。
  • バックアップデータを迅速かつスムーズにリカバリするために必要な評価機能について説明します。

今すぐ登録してご覧ください。


プレゼンター:

Photo

Paul Mayer、プロダクトマネージャ

Photo

Cassie Stanek、シニアプロダクトマーケティングマネージャ


関連製品

Photo

Veritas Alta™ Recovery Vault

詳細はこちら

今すぐ専門家にご相談ください

お客様のためにベリタスがどのようにお役に立てるかをご確認ください。