360 度データ管理スイート

関連製品すべてを、1 つのサブスクリプションライセンスで

マルチクラウドだから、デジタルビジネスは加速する

ひとつのソリューションで、すべてのデータの可視化、保護、アクセス、移行を実現

360 度データ管理スイートは、マルチクラウドに対応するデータ管理ソリューションとして業界でも最高度に包括的なものとして、基幹となるデータ保護機能に加えて、全社規模での可視性、規制コンプライアンス、事業継続、ワークロードのモバイル対応、ストレージ最適化を統合しています。このスイートには、簡単に設定、保守、アップグレードが可能なエディションが複数用意されています。本製品の特長は;

  • Bronze、Silver、Gold の各エディションでさまざまな規模に対応
  • TB 単位での課金による単一のライセンスで、ライセンス管理を簡素化
  • 簡単なアップグレードパスで、容量追加や NetBackup からの移行が可能
  • 柔軟なサブスクリプション価格体系で、需要の増減に対応
Image

データを可視化、保護、アクセス、移行

  • 包括的な 360 度データ管理
  • 先進的な技術を搭載した、NetBackup、Enterprise Vault などの製品
  • Bronze、Silver、Gold エディションを用意して、お客様に固有のニーズに対応

設定はすばやく、アップグレードは簡単に

  • 1 つのライセンスメーターによりライセンス管理を簡素化し、コンプライアンスのリスクを低減
  • サブスクリプション型の価格体系のため、導入時の設備投資は不要
  • NetBackup からのアップグレードや、スイートの低いエディションから高いエディションへのアップグレードが容易

サービス提供型の運用

  • BaaS (Backup as a Service)、RaaS (Recovery as a Service)、または STaas (Storage as a Service) を提供
  • 顧客データの可視化により、改善点の相談や提案が可能
  • 容量課金型ライセンスと運用コスト型の価格設定により、サービスの計算とチャージバックを簡素化

360 度データ管理スイート エディション

機能レベルに応じた 3 つのエディション

普及型エディションの機能を基本に機能追加式にエディションを設定

Bronze Silver Gold 対応する製品
データ可視化
  • Information Map
  • データ保護
  • NetBackup
  • コンプライアンス対応
  • Enterprise Vault
    File Management
  • データ/ワークロードの移行性
  • Resiliency Platform
  • 事業継続
  • Resiliency Platform
  • ストレージの最適化
  • Access
  • Velocity
  • スワイプして詳細を確認

    Bronze: データ管理の基本機能を備えます。データの可視化、バックアップ、アーカイブが、検出、リカバリ、規制コンプライアンスの基礎を提供します。

    Silver: Bronze エディションの機能に加えて、マルチクラウドでディザスタリカバリとアプリケーションの移行性を提供することで、事業継続とワークロードのモバイル対応を促進します。

    Gold: Silver エディションの機能に加えて、ソフトウェアデファインドストレージを使用することで、コピー管理のコストを削減させ、ストレージの利用率とパフォーマンスを最適化します。

    360 度データ管理スイート 2.0

    • スイートに含まれるソフトウェアすべてが最新バージョン
    • 新たに 20 を超えるデータストアへの Information Map connector が提供され、可視性を大幅に拡張
    • NetBackup CloudCatalyst により、ストレージを効率的に使用してクラウドへ迅速にバックアップ
    • ビッグデータ、ハイパーコンバージド、オープンソースの大規模なワークロードに対応する保護
    • Access の機能を強化 (NAS の回復性能向上、複数プロトコルによるアクセス、マルチクラウドのサポート)
    Image

    全方位のデータ可視化

    データインベントリのすべてに素早くアクセス

    企業は現在、情報は適切に保護されているのか、データを削除してよいのか、あるいは削除すべきなのか、さらに低コストのストレージがあるのではないか、といったことに頭を悩ませています。

    Veritas Information Map なら、実体験型のビジュアル操作を通じて非構造化データを把握できるので、こうした課題の解決に役立ちます。

    • 全社規模の情報環境を集約して全体を可視化
    • 関心のある領域、リスクのある領域、価値のある領域、無駄な領域を特定
    • 価値のないデータを保存することによる不要なコストを削減
    • リスクが高く詳しい調査が必要な領域に優先順位を付ける

    仮想、物理、クラウドに対応した統合データ保護

    データの急増に伴い、クラウド環境と仮想環境でデータの分断が発生しています。データがオンプレミスに保存されていても、クラウドに保存されていても、NetBackup による統合データ保護により、IT 部門は SLA を守ると同時に、コストとリスクを抑えることができます。

    • バックアップのポイントソリューションとインフラの両方を管理する複雑さを解消
    • クラウドを利用して拡張を適切に行うことで、増え続けるストレージコストを抑制
    • BaaS (Backup as a Service) により、運用を合理化し、サービスレベルを向上

    コンプライアンスとストレージ効率のための保有期間管理

    長期的な情報管理へのより積極的な取り組みが、IT コストやビジネスリスクの軽減に役立ちます。

    Veritas Enterprise Vault File Management を使用すると、情報保持に関するビジネス上または法規制上の要件を満たすために必要な、さまざまな戦略を実行できます。

    • すべての非構造化データに対して、保有期間管理を一元化
    • 管理対象ユーザーを、数百人単位から数十万人単位へと簡単に拡張
    • オンプレミス、ハイブリッド構成、またはクラウドで配備

    パブリッククラウドへ、またはそこからのシームレスな移行

    クラウドへの移行には、多大な費用や労力が伴います。クラウドの固定化も非常に心配なところです。Veritas Resiliency Platform を使用すると、データセンターと最適なパブリッククラウドの間でのワークロード移行を、自動化されたシームレスな方法で行えます。つまり、簡単にオンプレミスに戻したり、別のクラウドに移行したりできるのです。

    • シングルクリックで移行が可能
    • 業務を中断することなく、自動化されたリハーサルを実行
    • 必要に応じて、クラウドからオンプレミスに戻したり、他のクラウドに移行したりすることが可能

    ひとつのソリューションで、プライベート、パブリック、ハイブリッドクラウド環境のすべてに対応

    複数のポイントソリューションでは、複数のクラウド環境に対する稼働保証が複雑になり、コストがかさんでしまいます。Veritas Resiliency Platform は、アプリケーションのプロアクティブな回復力をサポートします。ひとつのソリューションで、物理、仮想、クラウドのすべてに対応するとともに、運用コストも削減できます。

    • 重要なリカバリ時間目標 (RTO) とリカバリポイント目標 (RPO) を達成
    • 必要に応じてサイト間またはクラウドにアプリケーションをプロアクティブに移行
    • リカバリランブックの自動化 (リカバリの開始/停止のオーケストレーション、サイトの退避など)
    • 監査レポートと業務を中断しないリカバリリハーサルにより、事業継続性に関する要求を遵守

    スケールアウト NAS 向けソフトウェアデファインドストレージ

    非構造化データの増加に伴い、IT 部門は、トランザクションワークロードと分析ワークロードの両方のストレージニーズに対応するうえで、さまざまな課題に直面しています。Veritas Access なら、管理対象のデータがどこにあっても容易にアクセスできます。アプリケーションパフォーマンス、費用対効果、拡張性が向上します。

    • レガシーアプリケーションと新しいアプリケーションのパフォーマンスが向上
    • 低コストのストレージにファイルをインテリジェントに移動してコストを削減
    • パブリッククラウドをストレージ層として使用
    • 費用対効果の高い長期的なデータ保存を実現

    データアクセスのスピードと方法にも改革を

    Veritas Velocity では、必要なデータにタイミングよくセルフサービスですぐにアクセスできます。データアクセス時に物理コピーを作成、保存、管理する必要はありません。NetBackup またはソースから直接取り込まれた本番データの単一のコピーを保存することにより、必要に応じて仮想コピーが即座にプロビジョニングされます。わずか数分でデータにアクセスできるようになり、数日も待つ必要はなくなります。

    • データが必要なとき、セルフサービスですぐにアクセス
    • コピーデータの無秩序な増加を抑制し、関連コストを削減
    • データプライバシーを強化し、リスクを低減