高機能恒久ストレージ
ステートレス/ステートフルアプリケーションの取り扱い

IT チームは、コストを抑えながら俊敏性、拡張性、効率性を高めるためにコンテナを導入しています。通常、コンテナは一時的なものですが、コンテナを使用するステートフルアプリケーションでは、個々のコンテナの存続期間が過ぎてもデータを維持しなければならないことがしばしばあります。すべてのコンテナ化されたアプリケーションのニーズに応える Veritas HyperScale for Containers は、画期的な 2 面アーキテクチャを採用し、バックアップとディザスタリカバリの統合といったエンタープライズ機能を提供します。

  • 必要に応じてコンテナを別のホストへ移動して負荷分散またはフェールオーバーを実現
  • 信頼性の高い QoS、インテリジェントなコンテナ配置、クラスタ化されたコンテナ機能により、耐性の高いストレージを提供
  • ローカルと外部のアレイ統合によって、永続データのニーズに対応
  • コンテナとデータの分離を実現することで、コンテナの利点を維持
  • オフホストデータの保護
Image

最適化された高度なパフォーマンス

ステートフルおよびステートレスのアプリケーションを確実に配備

  • ストレージの「迷惑な隣人」問題による影響を解消
  • オフホストデータの管理タスク
  • バックアップウィンドウが不要

信頼性の高い保護と回復力を実現

ワークロードとデータを保護

  • データをバックアップして保護
  • さまざまなバージョンを外部ストレージに保存し、スナップショットから容易にリカバリ
  • ワークロードニーズに合致する冗長性を維持

効率的で費用対効果の高いソリューションを実現

ストレージ使用を最適化し、運用コストを削減

  • 単一のウィンドウまたは API でストレージを効率的に管理
  • ストレージの種類をワークロードニーズに関連付け
  • 少ない数の部分コピーを使用して、パフォーマンスが最適化されたコンピューティングレイヤーストレージでのオーバーヘッドを削減

HyperScale for Containers のリソース

詳しい情報については、データシート、ホワイトペーパー、またはビデオをご覧ください。

詳細はこちら