Velocity

必要なデータに最適なタイミングで、すぐにセルフサービスアクセス

データアクセスの迅速化と変革

Veritas Velocity により必要なデータにタイミングよくセルフサービスですぐにアクセスできるようになり、データアクセスが迅速化、合理化されます。Velocity なら、物理コピーを作成、保存、管理する手間が省け、データアクセス時のリソース依存関係も不要です。NetBackup またはソースから直接取り込まれた本番データの単一のコピーを保存することにより、必要に応じて仮想コピーを即座にプロビジョニングするので、処理に数日かかっていたのが、わずか数分でデータにアクセスできるようになります。

  • 必要なときセルフサービスですぐにデータにアクセス
  • コピーデータの無秩序な増加を抑制し、関連コストを削減
  • データプライバシーを強化し、リスクを軽減
  • 仮想または物理アプライアンスとして配備
Image

データに迅速かつ容易にアクセス

必要なデータにタイミングよくセルフサービスですぐにアクセス

  • 仮想コピーが数分でプロビジョニングされるので、エンドユーザーは必要なときに必要なデータにアクセス可能
  • 必要に応じて仮想コピーが作成され、物理コピーの保存と保護に要する間接費や負担を解消
  • 仮想コピーの自動データプロビジョニングにより、アプリケーションのリリース、アップグレード、機能を市場に迅速に投入

ストレージの最適化

コピーデータの無秩序な増加とストレージコストを最大 90% 削減

  • 本番データを保存した単一のコピーを使用して、必要に応じて仮想コピーをプロビジョニング
  • 物理コピーを保存するための追加のインフラまたは個別のプロセスは不要
  • インフラを最新化し、ストレージ予算を優先の高い事項に再配分

リスクの低減

情報ガバナンスとデータプライバシーを強化

  • 一元化されたインターフェースから役割ベースのアクセスポリシーを容易に設定
  • 制御、管理、本番データコピーの追跡を一元化することで、情報ガバナンスを強化
  • データの漏えい、侵害、盗難を防止しながら、データに基づいたプロセスを迅速化

データアクセスを合理化

必要なデータにタイミングよくセルフサービスですぐにアクセス

本番データのコピーを手間のかかる手動プロセスでプロビジョニングしようとすると、数日から数週間もかかり、ときには不可能なことさえあります。Velocity では NetBackup またはソースから直接取り込まれた本番データの単一のコピーを保存することで、必要に応じて仮想コピーを容易にプロビジョニングし、データアクセスを迅速化します。仮想コピーのプロビジョニングにかかる時間はわずか数秒です。必要なときにいつでもコピーを作成し、迅速に市場投入できます。

  • アプリケーションリリース、アップグレード、パッチを迅速化
  • セルフサービスのデータアクセス機能をエンドユーザーに提供
  • 仮想コピーに必要に応じてアクセスするので、物理コピーに伴う待機、遅延、リソース依存が解消

ストレージプロセスを改善し、コストを削減

コピーデータの無秩序な増加を大幅に抑制

データボリュームが増加する最大原因の 1 つがコピーデータです。IDC の調査によると、企業が作成する本番データのコピーの数は平均 20 です。物理コピーではなく仮想コピーをプロビジョニングすることで、物理コピーを作成、保存、管理するためにインフラを追加したり別のプロセスを用意したりする必要がなくなります。

  • コピーデータの占有域を最大 90% 削減
  • 必要に応じて仮想コピーをプロビジョニングすることでストレージ使用を削減
  • ストレージコストを削減

情報リスクを軽減

役割別のアクセス権限を設定し、保護を強化

Veritas Velocity なら、一元化されたインターフェースから役割ベースのアクセス権限とユーザー権限を簡単に設定できます。本番データの仮想コピーにアクセスできるのは承認を受けたユーザーのみとなります。漏えいや盗難などからさらにデータを保護するには、独自のスクリプトまたはその他のデータ準備プロセスを実行して、機密データをマスキングすることができます。このような制御を導入することで、データを漏えい、侵害、盗難から保護しながら、データに基づいたプロセスを迅速化し、情報ガバナンスを強化することができます。

  • 役割別のアクセス権限を容易に設定
  • 単一のインターフェースから仮想コピーを一元的に制御、管理、追跡
  • 動的なデータマスキングで重要な情報を保護

バックアップとリカバリのパフォーマンスを強化

冗長なデータを取り除くことでバックアップ時間を短縮

昨今の企業は、急激なデータ増加への対応に苦慮しています。データ量の増加に伴い、バックアップ時間、ストレージ消費、データ管理コストも増加します。本番データの単一コピーを取り込んで保存することで、Veritas Velocity は仮想コピーを即座にプロビジョニングし、エンドユーザーがセルフサービスポータルからアクセスできるようにします。これにより、データ量、ストレージ、コストを増やす物理コピーが不要になります。

  • コピーデータの量を減らすことで、バックアップウィンドウを短縮
  • 効率性の高いストレージ利用の実現
  • ストレージコストを削減

古くなったデータベースを識別

データベースを安全かつ容易に廃棄

多くの企業では、有効期限をはるかに過ぎた古いデータベースを保持しています。また、過去のレコードを削除した後にインスタンスのマージや古いデータの定期的なアーカイブを行う適切なプロセスが存在しません。その結果、データが不要になったり使用されなくなったりしても、古いデータが保持されていることになります。Veritas Velocity は、指定された本番データベースの全コピーを、指定されたタイミングで取り込んで保存します。そのためプライマリデータベースを安全に廃棄でき、将来必要になった場合はすばやく簡単にアクセスできます。

  • 不要な古いデータを削除
  • 使用していないデータベースをすばやく容易に廃棄
  • 廃棄データベースに迅速にアクセス
Client Image

ベリタス、Gartner の 2017 年マジック・クアドラントのデータセンターバックアップ/リカバリソフトウェア部門でリーダーに認定

Velocity のリソース

詳しい情報については、データシート、ホワイトペーパー、またはビデオをご覧ください。

詳細はこちら ›

Velocity デモ

個別のデモを今すぐお申し込みください。

詳細はこちら ›

Velocity を選択する理由

Velocity がお客様の企業にとって正しい選択である理由をご確認ください。

詳細はこちら ›

Velocity の要件

この製品がお使いの環境に適しているかをご確認ください。

詳細はこちら ›