最新のワークロード保護

オンプレミス、仮想、クラウドに対応した統合データ保護

 

ビッグデータ環境の保護

NetBackup はストレージ容量を 3 分の 2 削減し、ストレージコストを節減し、バックアップパフォーマンスを 3 倍に引き上げます。

Big Data Backup Guide (ビッグデータバックアップガイド)

企業が直面しているビッグデータのバックアップに関する 6 つの主な課題と、エージェントレスアーキテクチャによる時間とコストの節約についてご紹介します。

ベリタスと Nutanix

連携によるメリット: ハイパーコンバージド環境を管理および保護するための独自アプローチをご利用いただけます

 

最新のワークロードについて 

 

将来を見据えたデータ保護への投資 

最新のワークロードは、従来のソリューションでは実現が難しい最新のデータ保護を必要としています。

Veritas NetBackup Parallel Streaming テクノロジーは、ビッグデータ、ハイパーコンバージドインフラ (HCI) など、普及が進む多くのワークロードに対応した最新のデータ保護を実現します。

 

重要なワークロード:

 

ビッグデータ

最近の調査によると、企業の 3 分の 1 以上が、拡張性の高いビッグデータソリューションを導入しています。しかし、バックアップ時にはバックアップウィンドウ内に処理を完了し、データリカバリのリスクを回避しなければならないソリューションばかりです。エージェントレスのプラグインアーキテクチャなら、バックアップ環境を保護対象の本番環境と同じ方法で拡張できます。

詳細はこちら

 

ハイパーコンバージド

最新のワークロードを取り入れている企業の間で最も普及しているのは HCI ですが、主な課題は、基本的に常時稼働を前提としている環境でのデータ保護とディザスタリカバリの実現です。複雑な、仮想化された HCI 環境のために構築された統合ソリューションを導入すれば、データ保護をオンプレミスからマルチクラウドへと拡張できます。  

詳細はこちら

 

 

 

オープンソース 

企業がミッションクリティカルアプリケーションに使用する上位 10 のデータベースのうち、6 つをオープンソースが占めています。これらのアプリケーションでは、履歴分析のポイントインタイムリカバリと、迅速なデータリカバリという 2 つの要件を満たすことが求められます。データを分類およびインデックス付けして高速検索を実現する効率的なフレームワークを導入すれば、リスクを軽減し、確実に規制を遵守できます。

詳細はこちら


 

詳細はこちら

 

 

最新の本番環境には、最新の保護を

 

幅広い次世代ワークロードに対応。 

新しいワークロードとプラットフォームを適切に保護するには、本番環境の最新化に合わせて保護も最新化する必要があると、Enterprises Strategy Group (ESG) は注意喚起しています。

ESG Lab のレビューを読む

次世代ワークロード

 

NetBackup 8.1 は、異機種混在環境に対応した高パフォーマンスのデータ保護 (データのポイントインタイムバックアップとリカバリ機能を含む) を次世代のさまざまなワークロードに提供します。クラウドでも、仮想環境でも、物理環境でもデータの保存場所を問わず、実証済みのエンタープライズクラスの拡張性とパフォーマンスを実現します。

Hadoop
Nutanix
MySQL
HBase
VMware Cloud Foundation
PostgreSQL
MongoDB
SQLite

 

お客様のビジネスニーズを満たす最新のワークロードについてご案内します。