福井システムズ、自治体向けクラウドサービス基盤のデータ保護にVeritas NetBackup™  Applianceを採用

 

バックアップ取得時間の半減、データサイズ50倍、帯域幅利用率99%の節約を実現し
運用効率の大幅な改善に成功したと福井システムズがコメント

 

エンタープライズデータ保護市場の世界的リーダーであるベリタステクノロジーズ合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長 大江 克哉、以下 ベリタス)は、行政・自治体・教育機関向けソリューションを提供する福井システムズ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長 向井 邦彦、以下 福井システムズ)がVeritas NetBackup Appliance(以下、NetBackupアプライアンス)を同社のデータセンター「infoaxis DC」で稼働するクラウド基盤の仮想マシンのバックアップツールとして採用したことを発表します。

福井システムズは、福井県を地盤に行政・自治体・教育機関向けソリューションを提供する地域密着型のITサービス企業です。自社データセンター「infoaxis DC」を運営し、住民情報システムなど自治体の各種システムを支える自治体向けプライベートクラウドサービスを提供しています。

■  導入の背景

福井システムズはこれまで、クラウド基盤の仮想マシンに対し他社製バックアップアプライアンス製品を使用してきました。しかし、仮想マシンの数やデータ量の増大とともにバックアップの遅延やバックアップエラーなどの問題対応のため、バックアップ作業が顧客である自治体の開庁時間の間際まで終了しないなどの事態が発生していました。また、従来ソリューションでは、リストア/リカバリにバックアップと同等の時間がかかることが増えたため、自然災害など万一の際に備え、迅速な事業復旧と継続ができるバックアップソリューションが必要と考えていました。さらに、従来のソリューションでは、確実な事業継続の確保に必要とされる定期的な復旧訓練が実施しづらいことも課題であったため、バックアップデータを確実に、迅速に戻せるかどうか、いつでも容易にシミュレーションできる仕組みを構築したいと考えていました。

■  Veritas NetBackupアプライアンスの採用効果

現在、自治体の各種システムが稼働するクラウド基盤でテスト運用を行っています。対象となっているシステムでは、仮想化ソフトウェア「VMware ESXi」を使い物理サーバ5台の上で約80台の仮想マシンを運用し、仮想マシンデータはファイバーチャネル接続の共有ストレージで管理しています。NetBackupアプライアンスは、それらストレージを対象にバックアップをするとともに、別のデータセンターに配置したNetBackupアプライアンスに遠隔地レプリケーションも実行しており、以下の達成を確認しています。

  • バックアップ取得時間の短縮:バックアップ取得時間は従来機のおよそ半分かそれ以下の約3時間を達成。バックアップエラーは一切なく、全処理を短時間で確実に実行している
  • 重複排除機能による節約:バックアップのデータサイズ最大50倍の節約、帯域幅利用率を最大99%節約した
  • 複数台のNetBackupアプライアンスを使った遠隔地へのレプリケーション時間の短縮:日中に実施していたレプリケーションを、夜間に実施するだけで終了。仮想マシンの迅速な復旧、復旧シミュレーションなどの機能も実施。
  • ストレスのない管理業務:管理画面が見やすく操作のレスポンスが速い。運用の効率化によって顧客向けサービスの充実にもリソースを振り向けられるようになった

福井システムズ ソリューション営業部担当課長 青池侯文氏は、「行政や教育機関においては有事の際も安定的にITを活用できることが必須です。その基盤を提供する当社としても、データ保護の在り方を根本から見直し、課題を早急に解消すべきだと考えていました。NetBackupアプライアンスは、バックアップ取得の確実性、処理速度などの他、バックアップイメージから仮想マシンを直接起動し、“すぐに使える状態”へと復旧できるインスタトリカバリ機能や、復旧シミュレーション機能にこれまでも注目していました。今後、全クラウド基盤で順次NetBackupアプライアンスへの切り替えを進めていきます。本番運用に向けてバックアップの確実性向上、バックアップ時間とデータ/システムの復旧時間の大幅な短縮へ期待しており、運用負荷の低減に対しても期待しています」と述べています。

■ ベリタステクノロジーズ について

https://www.veritas.com/ja/jp/

Veritas Technologies はデータの可用性および保護のグローバルリーダーです。Fortune Global 500のうち 87パーセントを含む、50,000社以上の企業が複雑化したITの抽象化と簡素化のためにベリタスのソリューションを活用しています。ベリタスのエンタープライズ・データサービス・プラットフォームは、お客様のデータ活用を推進するため、データ保護とデータリカバリのオーケストレーションを実現して、ビジネスに不可欠なアプリケーションの可用性を常に確保し、複雑化するデータ規制対応に必要なインサイトを提供します。ベリタスのソリューションは信頼性とスケーラビリティに優れ、500以上のデータソースと60のクラウドを含む150以上のストレージ環境に対応しています。ベリタステクノロジーズ合同会社は、Veritas Technologiesの日本法人です

将来に関する記述: 製品の今後の予定についての将来に関する記述は予備的なものであり、未来のリリース予定日はすべて暫定的で、変更の可能性があります。今後の製品のリリースや予定されている機能修正についてはベリタスが継続的な評価を行なっており、実装されるかどうかは確定していません。ベリタスが確言したと考えるべきではなく、購入決定の理由とすべきではありません。

Veritas、Veritas ロゴは、Veritas Technologies LLC または関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他の会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。