プレスリリース

   

ベリタス、アジア太平洋/日本地域のチャネル営業責任者に ジョージ・ウォン(George Wong) を任命

【シンガポール発】情報管理ソリューションのグローバルリーダーである Veritas Technologies LLC (以下ベリタス)は、本日、ジョージ・ウォン(George Wong)をアジア太平洋/日本 (APJ) 地域の新しいチャネル営業責任者に任命したことを発表しました。ウォンはチャネルビジネスの責任者として、ベリタスが APJ 地域でさらに多くのお客様を支援して企業規模を拡大するため、APJ チャネル戦略の策定およびリードする責務を負います。また、信頼できるパートナーエコシステムを構築・拡大することによって、バックアップとリカバリ、事業継続性、ソフトウェアデファインドストレージ(SDS)、情報ガバナンスなど、すべてのプラットフォームをサポートする革新的なソリューションをお客様に提供し、利益の拡大に取り組みます。

テクノロジー業界で 25 年以上の経験を持つウォンは、Oracle、BEA Systems、BroadVision、Digital Equipment などの世界的なテクノロジー企業で地域担当チャネル管理責任者を務めてきた業界のエキスパートです。ベリタスに入社する以前は、Oracle のグループ担当バイスプレジデントとして、事業開発やパートナーシップに関する業務を統括していました。また、Oracle に買収される前の BEA Systems で、ASEAN 担当マネージングディレクターを務めていました。

ベリタスのグローバルチャネルの責任者であるマーク・ナット(Mark Nutt)は、次のように述べています。「ベリタスは、さらなる成長を目指し、今日企業が直面している膨大なデータの管理という問題を解決できるよう支援いたします。ウォンが当社の一員となり、APJ 地域のチャネルビジネスの統括と拡大に取り組んでくれることを大変うれしく思っています。ウォンの経験と確かな実績が当社のチャネル戦略を加速させ、パートナー企業を成功に導くとともにベリタスの企業規模を拡大し、情報管理企業のリーダーとしてお客様の情報活用を支援してくれると確信しています」。

ジョージ・ウォンは次のように述べています。「パートナー企業は私たちの成長にとって最も重要な存在であり、ベリタスは、情報提供や表彰制度、リワードプログラムなどの施策を通じて、パートナー企業のために尽力しています。私たちは、今のすばらしいパートナーシップの下でさらに成長し、これからも情報管理企業のリーダーとして皆様とともに取り組みを進めてまいります」。

以 上

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
ベリタステクノロジーズ合同会社 広報部 長井 明日香
TEL:03-4531-1753 / 携帯電話: 080-2124-9576
E-mail: asuka.nagai@veritas.com 

Veritas Technologies LLC について
Veritas Technologies LLCは、世界最大規模の非常に複雑な異種混在環境をサポートするために設計されたソリューション群を通じて、所有する情報を有効活用する力をお客様に提供します。ベリタス製品は、現在 Fortune 500 企業の 86% にご利用いただいており、データ可用性の向上とインサイトの提供によってお客様の競合優位性を高めています。

*Veritas、Veritasロゴ は、Veritas Technologies LLC または関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
*その他製品名等はそれぞれ各社の登録商標または商標です。

将来に関する記述: 製品の今後の予定についての将来に関する記述は予備的なものであり、未来のリリース予定日はすべて暫定的で、変更の可能性があります。今後の製品のリリースや予定されている機能修正についてはベリタスが継続的な評価を行なっており、実装されるかどうかは確定していません。ベリタスが確言したと考えるべきではなく、購入決定の理由とすべきではありません。