専用バックアップアプライアンス (PBBA): 完全ガイド

お客様の状況に合わせたサポートが必要な場合や、ご興味をお持ちの場合は、詳細についてお問い合わせください。または、ベリタスが提供する専用バックアップアプライアンスをご覧ください。

専用バックアップアプライアンス (PBBA): 完全ガイド

 

専用バックアップアプライアンス (PBBA) は、バックアップとリストア操作にスピードと信頼性をもたらします。このデバイスは、クラウドの使用が増加し、PBBA の使用が冗長となるおそれのある関連テクノロジが急増しているにもかかわらず、オンプレミスの運用と同様にクラウド環境内でも信頼性が保たれています。

 

PBBA は、10 年以上にわたり、世界中の企業における多くのバックアップおよびリカバリ機能に不可欠な基礎コンポーネントとなっています。クラウドストレージサービスの利用増加をよそに、PBBA 市場は今後 10 年も引き続き成長が見込まれています。

 

専用バックアップアプライアンス (PBBA) とは

 

専用バックアップアプライアンス (PBBA) とは、バックアップデータ保存のために最適化および構成されたスタンドアロンのディスクベースストレージデバイスを指します。このようなデバイスには、バックアップアプリケーションからのデータを受信するターゲットとなるものと、バックアップソフトウェアとハードウェアが緊密に統合されているものがあり、後者は統合型バックアップアプライアンスとも呼ばれます。

 

主にバックアップデータストレージとして、PBBA は一般的に、重複排除、暗号化、圧縮、冗長ハードウェアコンポーネント、自動セットアップとメンテナンスなどの機能を備えています。

 

PBBA の定義によると、このようなデバイスは、他のサーバーに影響を与えることなく、バックアップ関連のワークロードのみを実行します。ワークロード専用の独立したデバイスであるため、アクティブストレージやアプリケーションを扱う他のデバイスのリソースを奪うことはありません。PBBA の多くは、既存のアーキテクチャと簡単に統合できます。複数のアプライアンスを使用する場合でも、一元化されたコンソールにより、バックアッププロセスが簡素化されます。

 

企業は、データ保護やディザスタリカバリのために、専用のバックアップアプライアンスを使用しています。バックアップに特化したデバイスを配備することで、マルウェア攻撃、ハードウェア障害、自然災害などの際に、業務の復旧および回復が可能になります。

 

PBBA の主な機能

 

一般的にバックアップアプライアンスベンダーが市場に出している PBBA の機能には、以下のようなものがあります。

 

  • アプライアンスの設定と管理が容易。通常、このようなシステムには、アプライアンスの設定やメンテナンスに関して、いくつかの要素を自動化するインターフェースが用意されています。
  • 電源や複数の冗長 NIC など、複数の冗長ハードウェアコンポーネント。システム障害時のデータ損失を防ぐことができます。
  • ソースとインラインの両方でのバックアップデータの重複排除。重複排除により、保存されている情報の冗長コピーが取り除かれるため、全体のストレージコストを削減できます。
  • 保管中のデータの暗号化。セキュリティ違反が発生した場合に、専用バックアップアプライアンスに現在保存されているデータを保護できます。

 

バックアップアプライアンスが専用である理由

 

バックアップアプライアンスは、PBBA の構成とオプションによって専用のものになっています。他のバックアップアプライアンスとは一線を画し、目的に合わせたアプライアンスを実現します。PBBA の特徴は以下のとおりです。

 

  • その機能はバックアップソフトウェア形式を使用して明確にバックアップデータセットを保存するものであるため、保存データを他の用途に使用することは現実的ではありません。
  • PBBA ではデータ重複排除率が高い (多くの場合 10:1 以上) ため、これもデータのリストア以外の用途に使用することは現実的ではありません。
  • データ重複排除による効率の高いデータレプリケーションを実現し、リモートオフィスからの迅速なバックアップが容易になります。
  • クラウドリポジトリへのデータ転送や「クラウドへの階層化」向けのプロトコル変換 (OpenStack、S3 など) を可能にします。

 

PBBA は、ストレージデバイスやディスクアレイの種類を問わない、ターンキー方式 (すぐに使用できる) のシステムです。プラグアンドプレイ設計により、既存の IT インフラに簡単に設定、追加できます。

 

通常、企業では専用のバックアップアプライアンスをバックアップデータのターゲットとして設定します。このような場合、バックアップソフトウェアがホストサーバー上で実行され、データ転送の開始、バックアップのスケジュール設定、リストアを自動化します。しかし、PBBA では、メーカーがそのソフトウェアをバックアップハードウェアに組み込んでいます。

 

さらに、クラウドストレージとバックアップソフトウェアのゲートウェイデバイスとして、PBBA を導入することもできます。仮想テープライブラリ (VTL) でディスクとテープのインターフェースを実現するように、PBBA をクラウドゲートウェイデバイスとして使用することで、クラウドへの書き込みが可能になります。これにより、クラウドストレージがローカルディスクのように表示されます。

 

小規模な企業であれば、適切なストレージ容量を備えた単一のアプライアンスで十分でしょう。しかし、エンタープライズ規模の企業や中規模企業では、ワークロードやリソースを共有するために複数の専用アプライアンスを使用することがあります。これから登場する新しい世代のマシンを、スタンドアロンのリポジトリとしてではなく、1 つのストレージプールにクラスタ化することが可能です。

 

PBBA 購入時の留意点

 

バックアップアプライアンスのベンダーや PBBA のオプションを検討する場合、このシステムを効果的に機能させるための基本的な要件があります。その要件は次のとおりです。

 

  1. プラグアンドプレイ
  2.  

    アプライアンスは、開梱後すぐに効果的に機能するものでなければなりません。あらかじめインストールされたバックアップソフトウェアと、特定のワークロードに合わせて設計されたストレージハードウェアが付属しています。また、メーカーによる最適化によってスピードと効率性が向上しています。

     

  3. 柔軟性
  4.  

    PBBA は、ビジネスのニーズや要望の変化に応じて、拡張や縮小が可能でなければなりません。有用な PBBA であれば、単一のアプライアンスとして使用することも、IT 部門が他の専用アプライアンスと併せてクラスタ化して、重複排除や保管時の暗号化などのリソースを共有することもできます。このような使い方をすることで、アプライアンスの寿命を効果的に延ばすことができます。

     

    また、現在および将来の要件をサポートできるよう、幅広い使用可能容量を提供します。さらに、ストレージの増加やスケーリングの操作も簡単に行えます。

     

  5. 管理機能
  6.  

    貴重な IT 部門の時間とスタッフのリソースを節約するために、バックアップアプライアンスは、使いやすい中央コンソールによって一元管理とレポート機能を提供するものでなければなりません。さらに複雑さを軽減するには、顧客のソフトウェアを複数のアプライアンスに展開できるソリューションを検討する必要があります。

     

  7. PBBA の追加機能
  8.  

    PBBA は、必要に応じて新しいサービスをサポートできるため、成長しつつある企業のストレージ要件として欠かせない存在となっています。アーカイブ、電子情報開示、スナップショット管理などの機能を単一のハブで管理することも可能です。

     

PBBA 市場

 

企業は 10 年以上前から、バックアップとリカバリインフラの基礎コンポーネントとして PBBA を使用してきました。IDC を出典とする以下の数字は、PBBA の本質を表しています。

 

  • 2018 年のデータレプリケーションおよび保護市場は約 89 億ドル、PBBA 市場は 36 億ドルに達しました。
  • 2019 年には、データレプリケーションおよび保護市場は約 92 億ドル、PBBA 市場は 41 億ドルに成長しました。

 

PBBA 市場は、その規模にもかかわらず、比較的専門性が高く、参入企業も限られています。約 15 年前に市場が開拓されて以来、大きな成長を遂げ、いくつかの発展を遂げてきました。たとえば、最近では、PBBA デバイスは、より高速なデータリストアと二次的なユースケースを用いて、ハイブリッドデータ保護の問題に対応するように進化しています。

 

市場要件の変化や技術の発展には、このような進歩が不可欠でした。たとえば、上記の例では、クラウドコンピューティングやハイブリッドシステムの需要によって PBBA の進化が求められました。

 

短期間しかデータを保存できないクラウドゲートウェイデバイス (主にデータ転送バッファとして使用) とは異なり、PBBA の設計では、データバックアップの存続期間までデータを保持できます。また、迅速なデータリストアも可能です。

 

  • プロパティとアプリケーション

 

ディスクベースの PBBA バックアップおよびリストアソリューションには、以下のセグメントがあります。

 

  • コンポーネント – ハードウェアとソフトウェアを含む
  • エンタープライズ – 大規模企業、小規模企業、中規模企業
  • システム – オープンシステムとメインフレームシステム
  • 業種 – BFSI (銀行、金融サービス、保険)、電気通信と・IT、医療、教育、製造、行政機関、エネルギー、公益事業、旅行とサービス業

  • PBBA 市場の展望 (2019 ~ 2024 年)

 

PBBA 市場評価額は、2019 年には 40 億ドル以上に達しました。専門家のレポートによると、この業界は 2020 年から 2024 年の間に 86 億ドルの価値を生み出し、CAGR (年平均成長率) は 10.6% になると予想されています。この成長は、企業のデータ保護、バックアップ、およびリストアのインフラへの注目度の高まりによるものです。

 

データ保護、バックアップ、リカバリのインフラに対する企業の注目度と意識の高まりにより、予想は現実となるでしょう。また、攻撃やデータの損失が発生した後に、企業が機能や業務を迅速に復旧させるための役割も果たすことになります。GDPR (一般データ保護規則) などのデータセキュリティプロトコルや IoT 市場の成長も、PBBA 市場をけん引する要因となっています。

 

製造業では、企業によってビジネスに不可欠なデータが日々大量に生成されているため、業界の中でも高い CAGR を維持しています。ここでいうデータには、エンジニアリング図面や製品のドキュメントから、製品価格や原価計算までが含まれます。そのため、メーカーは PBBA をオンプレミスで用意する必要があります。

 

  • バックアップアプライアンス市場のシェアと分析

 

PBBA 業界の市場をけん引する要因としては、継続的な進歩やバックアップ技術、大規模な情報ブーム、クラウドストレージやコンピューティングへの移行、その他関連する技術の進歩などが挙げられます。また、データ保護、バックアップ、リカバリのセットアップに注力する組織や企業が増えていることも、市場の大きな原動力となっています。

 

企業のデータストレージへのニーズが高まっている北米は、主要な市場地域となっています。しかし、欧州については、データ保護とセキュリティに関する政府の規則や規制、たとえば一般データ保護規則 (GDPR) などがあるため、他の地域に比べて速いペースで成長すると専門家は予想しています。

 

一方、アジア太平洋地域では、データのバックアップ、リカバリ、保護に対する企業の意識が高まっているため、他の地域を抜いてトップの市場になると考えられます。

 

PBBA 市場の動向

 

当初、PBBA はテープストレージの代替品でした。その結果、この 20 年間で多くの企業がディスクベースのアプライアンスに切り替えました。そのため、PBBA 市場は、2016 年までに急速かつ堅調な成長を遂げました。IDC のデータによると、2017 年にはやや落ち込みましたが、2018 年、2019 年に回復しています。

 

2017 年の市場の落ち込みは、クラウドやハイブリッドシステムへの市場の急激な転換に起因しています。この間、多くの企業が完全なハードウェアベースのオンプレミス型 PBBA システムから脱却しました。

 

しかし、2018 年は、効率的なデータ保護とリカバリに対する企業の関心の高まり、IoT 市場の上昇、GDPR ポリシーのような厳格なデータ保護とセキュリティ規制に起因する PBBA ソリューションへの反発と関心の再燃が見られました。その他の傾向としては以下のものがあります。

 

  1. 収益性の高い PBBA ハードウェアコンポーネント
  2.  

    今後、バックアップアプライアンスの市場シェアは、ソフトウェアよりもハードウェアのほうが大きくなると考えられます。ハードウェアは、損傷または摩耗した場合には交換や修理が可能です。企業の拡大に伴い、PBBA の導入が進むと、システムの新規構築や老朽化したシステムの入れ替えのために、専用のバックアップアプライアンスを新たに購入する必要が生じるでしょう。

     

    そのため、PBBA のハードウェアはソフトウェアよりも収益性が高くなります。というのも、市場では一般的に、コストはアプライアンスの容量とデータのバックアップとリカバリで提供される機能に連動しているためです。

     

  3. 2024 年に向けて製造業が PBBA 市場をリード
  4.  

    PBBA は、製造に関わるプロセスにとって不可欠なものです。この分野では、PBBA の保護とバックアップについて、国や業界の規制が定められています。中国、インド、ブラジルなどの技術が進化している国では、海外からの直接投資などの政府支援策により、製造業のブームが起きています。これがバックアップアプライアンスの市場シェアを押し上げる要因となるでしょう。

     

  5. バックアップアプライアンス市場で高いシェアを占めるオープンシステム
  6.  

    さまざまなバックアップアプライアンスベンダーが、オープンなソフトウェアとハードウェアの規格を持つオープンシステムコンピューティングプラットフォームを提供しています。PBBA を支えるオープンシステムは、どのような IT 環境にも容易に対応できます。また、価格も低下しています。

     

  7. 大規模業よりも高い成長率を示す中小規模企業
  8.  

    中小規模企業に対して、その成長を支援するさまざまな取り組みが世界各国で進められています。法人税の引き下げや低金利の中小規模企業向けローンの提供などの政策により、中小規模企業の PBBA 成長率が高まっています。

     

  9. 2024 年までに APAC が最大の PBBA 市場になるとの予測
  10.  

    日本、インド、中国などの先進国や発展途上国が APAC 市場地域をリードしています。中小規模企業の成長や経済成長などの要因により、PBBA 市場の前途は有望です。また、APAC の経済インフラの向上は、大手企業の存在、健全な供給サイド、堅調な産業開発需要、資金力と同様に、市場に直接影響を与えるでしょう。

 

PBBA の重要性

 

PBBA は、主にデータのバックアップとリストアに関する課題を解決します。急成長中のスタートアップ企業から大規模企業まで、あらゆる種類と規模の企業に特に有用です。

 

主なメリットは以下のとおりです。

 

  1. 信頼性の低いテープメディアやハードウェアのバックアップ
  2.  

    テープのハードウェアは機械的な要素が強く、ディスクアレイに比べてエラーが発生しやすいものです。さらに、テープメディアの紛失や盗難、破損、回復不能なエラーなどの発生率も高くなります。そのため、テープ関連の問題によるバックアップおよびリストア機能の障害を減らすために、企業は PBBA ソリューションを主要なバックアップターゲットとして利用しています。

     

  3. データリストアの高速化
  4.  

    PBBA はランダムアクセスデバイスであるため、読み込み、サーチ、マウント、ストリーミングに時間を要するテープに比べ、個々のファイルを迅速にリストアできます。企業がテープメディアをオフサイトに移動した場合、テープメディアは非常に低速になります。このような場合、リコールプロセスが完了するまでに数時間から数日かかることもあります。

     

  5. ストレージの効率化とコスト削減
  6.  

    バックアップおよびストレージアプライアンスのデータ複製機能により、PBBA はデータをインテリジェントに最適化し、バックアップに必要な容量を削減します。また、他のバックアップデバイスに比べ、耐久性にも優れています。

     

  7. ハイブリッドクラウドストレージの活用
  8.  

    PBBA を使用すると、企業はハイブリッドクラウドサービスの独創的な性質を活用することができます。具体的には、ハイブリッドクラウドオンサイトのバックアップアプライアンスと統合されたクラウドバックアップサービスを組み合わせて、ハイブリッドクラウドを利用できます。これにより、オンプレミスのバックアップに何か問題が発生した場合でも、セカンダリーバックアップを利用できるようになります。

     

  9. マネージドサービス
  10.  

    マネージドサービス PBBA とは、サービスプロバイダがバックアップとリストアに関する複雑な作業にすべて対応することを指します。このようなサービスは、バックアップやリストアの戦略を一から立てる余裕がないスタートアップ企業や小規模企業には特に有効です。

     

    多くの企業は自社の IT 部門を、IT 関連のソリューションを社内で処理できる総合的な「ワンストップショップ」に転換する余裕がありません。その結果、複雑な作業の多くを経験豊富なバックアップアプライアンスベンダーに委託しています。

     

    このような企業にとっては、バックアップ戦略を構築、設定、管理、維持するよりも、マネージドサービス PBBA を導入するほうがメリットが大きいといえます。

     

  11. その他のメリット
    • 保管中のデータを攻撃、盗難、侵害から保護
    • ディザスタリカバリのために、リモートサイトへのバックアップデータのコピーを作成、またはリモートサイトからのコピーを受信
    • 個々のファイル内の冗長データを削除
    • 冗長なバックアップデータファイルを削除して容量を節約
  12.  

    PBBA は、単にバックアップデータを保管するだけではありません。一般的には、セキュリティと効率を向上させるデータ保護機能とストレージ機能を備えています。具体的には、以下のとおりです。

     

     

    当然ながら、PBBA とテープメディアは相反するものではありません。企業では一般的に、バックアップの 1 つ目のコピーとして PBBA に書き込み、2 つ目のコピーをテープに作成しています。これは Disk-to-Disk-to-Tape (D2D2T) とも呼ばれます。これは、PBBA による迅速なオンサイトデータリストアに加えて、オフサイトのテープストレージによる安全性を提供することで、企業のディザスタリカバリや確実なデータ存続を可能にするものです。

     

    企業は、上記のプロセスを連続して、または並行して実行することができます。最近では、Disk-to-Disk to-Cloud (D2D2C) アーキテクチャを用いて、データをクラウドにコピーする企業も現れてきました。このアプローチの場合、D2D2T と同様のデータ管理のメリットが得られますが、テープの処理は不要です。

     

PBBA の欠点

 

PBBA を使用する最大の欠点は、システムがバックアップとリカバリという 1 つの目的にしか対応していないことです。その中に保存されているデータは重複排除されています。つまり、データを断片化して多数のブロックに分散して保存しています。また、このアプライアンスは、データをバックアップソフトウェア独自の形式で保存します。そのため、分析などの他の目的には利用できません。

 

また、データのリハイドレーション (断片化したデータブロックを完全なものに再構成すること) に要する時間が、リストア時間に影響を与えることがあります。

 

幸いなことに、PBBA 業界はこれらの欠点に対応して、フラッシュストレージ機能やさまざまなアーキテクチャ要素を追加することで、データのリストアを高速化し、保存データを二次的なユースケースに開放しています。

 

結論

 

PBBA とは、バックアップアプリケーションから明示的に送られてくるデータのバックアップを可能にするディスクベースのソリューションを指します。企業は PBBA をスタンドアロン構成で導入していますが、その設計により、複数のオペレーティングプラットフォームやアプリケーション全体でバックアップおよびリカバリウィンドウを短縮して、バックアッププロセスを改善することができます。

 

また、ディスクベースであるため、テープベースのソリューションに比べてネットワーク遅延 (データ通信の遅延) の影響を受けにくくなっています。PBBA は主に、データ保護とディザスタリカバリに使用されています。また、災害、ハードウェア障害、マルウェアの攻撃などに対するセキュリティも強化されています。

 

PBBA は現在、バックアップとリストアの運用を最適化したいと考えている多くの企業にとって、データ保護の基礎となるテクノロジです。PBBA 市場の売上高は 40 億ドルを超え、2019 年に企業がバックアップとリカバリのインフラに費やした総額の約 3 分の 1 を占めています。

 

PBBA は、テープに関する問題解決のために設計されたにもかかわらず、オンプレミスのデータを迅速にリストアし、レプリケーションを提供することで、クラウド環境に適したソリューションであり続けています。

その他の推奨リソース

 

4 ステップのデータ保護計画

段階的なアプローチですべてのワークロードを効率的に保護できます。

データ保護の最新化

ESG 社とベリタスが、最新のデータ保護ソリューションを使って将来のビジネス需要に備える方法についてディスカッションします。

企業データの力を引き出す

1,500 人の IT 部門の意思決定者に行った調査では、企業がデータ管理の問題に費やすコストが年間 200 万ドルにのぼることが明らかになっています。

お問い合わせ

エンタープライズレベルのデータ保護計画が必要な場合は、ベリタスがお手伝いします。