Integrated Classification Engine

一貫したデータ分類とリスク検出

エンジンに組み込まれたポリシーを使って、すぐにスキャンを開始し、機密データを検出することができます。

 

最新の分類テクノロジ

きわめて高度な自動化機能とインテリジェンスを備えた Veritas Integrated Classification Engine が、データセキュリティとコンプライアンスの確保を常に脅かすダークデータの問題を解消します。

 

すべてまとめて処理

  • すべてのベリタスソリューションに対する一貫したデータ分類。
  • 手間要らずの自動タグ付け。
  • シンプルでわかりやすいユーザーエクスペリエンス。

コンプライアンス対応

  • 90 以上のポリシーと 450 以上のパターンにより、機密データを簡単に検出。
  • GDPR 専用のポリシーにより、EU 全体の個人データを検出。
  • 業界や当局の規制に対応したその他のポリシー。

正確な結果

  • 信頼性の高い確かな品質。
  • 事前テスト済みのポリシーにより正確性を確保。
  • ポリシーテストの結果で該当箇所をハイライト表示することで、有効性を提示。

 

実際にお確かめください

 

Veritas Risk Analyzer で、事前設定済みのポリシーを使い Veritas Integrated Classification Engine の威力をお確かめいただけます。

サンプルデータや実際のデータを使って Classification Engine のリアルタイムのデモをご体験ください。検出された機密データの分析結果の概要がリアルタイムレポートに表示されます。

 

 

ソリューションの統合

Classification Engine は全ベリタス製品に搭載されており、機密データの特定とポリシーの適用を一貫して確実に行います。このアプローチにより、企業のデータライフサイクル全体のリスク対応、プライバシーの強化、コンプライアンス体制の改善を確実に実現することができます。

 

Data Insight

エンタープライズクラスのリスク分析を提供し、企業のファイル環境の盲点に光を当てます。

分類により、調査担当者はメタデータから得られるインサイトとコンテンツ分析を組み合わせて、最大のリスクを抱えるファイルを明らかにできます。

Enterprise Vault

非常に重要な非構造化データに対するデータ保持管理とポリシー適用を簡素化します。

分類により保持期間、ストレージ階層、文書のレビューセットについての意思決定をサポートし、煩雑なデータ管理ワークフローを自動化します。

Enterprise Vault.cloud

アーカイブされた非構造化データの検索と電子情報開示を合理化します。

電子情報開示要求や社内調査に対応する場合に、分類によって関連する情報の特定が簡単になります。

eDiscovery Platform

調査担当者に多種多様なフォレンジック分析ツールを提供し、最も重要なデータを素早く特定して確認できるようにします。

分類により機密文書および社外秘文書を特定し、非公開であるべき情報を誤って開示してしまうリスクを排除します。

 

 

リソース