予測不能な世界に安心を

災害や停電の影響をなくし、ビジネスを継続させましょう。マルチクラウド環境でも実現可能です。

ビジネスを継続

計画外のサービス停止に対する最善の対策は、事業継続計画に、リアルタイムの可視化、監視、そしてリカバリの自動化を中心とした包括的アプローチを取り入れることです。

The Top 7 Best Practices for Business Continuity (事業継続を確保するための 7 つのベストプラクティス)』をお読みになり、予測不能なあらゆるサービス停止に備えましょう。

 

740,000 ドル

データセンター停止した場合に発生するコスト(平均)


Ponemon Institute (2016 年)

2017 年 Forrester Wave

ベリタスがデータ回復力ソリューション部門でリーダーに認定されました。

GDPR 戦略ガイド

第 30 条に基づく記録の作成方法をご確認ください。

IDC インサイト

ベリタスが GDPR への対応を支援

自動化によって予測型レジリエンスを実現

フェールオーバープロセスに手動作業が含まれると、ミスや遅延が発生し、最終的にそれらはコストとなります。

ESG のアナリストは、データ保護とアプリケーション回復をまとめて自動化することが、ビジネスサービスのリスク回避と予測可能なレジリエンス実現に有効であると述べています。その理由をご確認ください。

 

プロアクティブな監視と可視化

サービス停止が業務に及ぼす影響について、事前に評価しておきましょう。

ディザスタリカバリ計画ガイド』で問題を未然に解消する方法をご確認ください。

パブリック/プライベート/マルチクラウドの戦略を統合

変化の激しい IT 環境で可用性を維持することは、複雑でコストもかかります。

企業には信頼できるディザスタリカバリ戦略が欠かせません。『マルチクラウドのディザスタリカバリを成功させるための 5 つのヒント』でその理由をご確認ください。

 

業務を中断しないテストで確実にリカバリ

事業継続計画のテストはリカバリの成功の鍵を握ります。重要な手順が想定どおりに進むことを事前に確認しておくことが大切です。

継続性対策で避けるべき 5 つの落とし穴』で業務を中断しないテストについてご確認ください。