APTARE™ IT Analytics

予測分析ソフトウェアで、マルチベンダー構成のバックアップ、ストレージ、仮想インフラ環境を隅々まで可視化

 

ランサムウェア攻撃に対する耐障害性の強化

APTARE IT Analytics でインフラを完全に把握

必要な情報を APTARE で把握

APTARE を使用すると、複雑な IT 環境を最適化するために必要なものを把握できます。詳しい内容をぜひご確認ください。

APTARE のデモの申し込み

ハイブリッドインフラを可視化できる IT Analytics の優れた能力について、以下にいくつかご紹介します。

IT 環境の価値を最大化

コストを削減。リソースを削減。管理を削減。

APTARE IT Analytics は、すべての主要なストレージ、バックアップ、仮想インフラ環境に関する統合的なインサイトを、オンプレミスとマルチクラウドの環境を問わず 1 つの画面で提供する唯一の IT 分析プラットフォームです。

APTARE は、十分に活用されていない IT リソースを特定するために必要な可視性を企業に提供し、再利用によって大幅なコスト削減を実現できるようにします。ESG の効果検証レポートによると、APTARE は以下を実現できます。

  • IT 管理ソフトウェアコストを 90% 削減
  • IT リソースの消費を 28% 削減
  • ストレージリソースの消費を 24% 削減
  • コンピューティングリソースの消費を 5% 削減

これを可能にする APTARE の仕組みをご覧ください。

 

 

APTARE IT Analytics 10.5 の新機能

APTARE 10.5 リリースは、異機種が混在する IT インフラ向けに統合されたレポートと分析の機能を提供し、過剰プロビジョニングの把握、チャージバックの実現、リスクの低減、企業コンプライアンスの強化によってコスト管理を可能にします。主な機能は次のとおりです。

  • SDK とコネクタの拡張による市場トップクラスのすべてのデータの可視化: SDK フレームワーク、NBU の容易な収集、Cohesity、IBM CIMOM インターフェース
  • 多言語サポート機能の導入: 簡体字中国語、日本語、韓国語、フランス語。
  • 運用のシンプルさ: 簡素化、成長に合わせた拡張、シームレスな導入と統合の実現 (フィルタリングロジック「AND」HA VCS 設定とシームレスなアップグレード、パッチ適用を含む)。​​​
  • コンプライアンスおよびガバナンス機能の拡張: 説明責任の改善、インサイトの提供、Oracle 19c、セキュリティ認証の更新、Black Duck、Pen Testing & STIG、CyberArk、Oracle パスワードを含むランサムウェアに対する不変性の実現。

使用例

Data Center Optimization

バックアップ監査およびレポーティングの合理化
APTARE IT Analytics Backup Manager を利用すると、試行されたすべてのバックアップを確認してインサイトを得ることで、次のようなバックアップの問題を解決できます。

  • 保護されていないデータの検出 — バックアップポリシーで保護されていないクライアントやデータセットを自動的に特定して、保護されていないデータの漏えいを減らします
  • 疑わしいバックアップの特定 — バックアップソフトウェアでは成功と認識されたものの、実際には不完全なバックアップまたは失敗したバックアップを特定して、「誤検出」を排除します

ストレージの最適化

データストレージリソースを効果的に管理して、利用可能なストレージを最大限に活用
APTARE IT Analytics Storage Management スイートを利用すれば、リソースの実際の消費状況についてインサイトを入手できるため、未使用のストレージを再利用し、消費量を抑え、リソースの使用率を改善できます。Storage Management スイートは次の 3 製品で構成されています。

  1. Capacity Manager—ホストとストレージアレイ間でエンドツーエンドのストレージ容量に関するレポートを提供し、ストレージの効率性を向上
  2. Fabric Manager—主なパフォーマンス指標およびプラットフォーム全体の SAN リソースの詳細を取得して、信頼できる予測を提供
  3. Virtualization Manager—仮想化された環境のストレージリソース管理に関する価値あるインサイトを提供

サービスとしての IT(ITaaS)

ストレージ、バックアップ、およびクラウドの需要管理を推進
チャージバックを導入すれば、IT 部門を 1 つのサービスプロバイダとして運用できます。つまり、IT 部門は予算が割り当てられている特定の領域を把握して、容量やパフォーマンス別にエンドユーザーまたは事業部門にコストの払い戻しを請求できます。

APTARE IT Analytics の主な機能は以下のとおりです。

  • マルチテナント環境に関するマネジメントレベルのレポートを作成
  • 消費されているストレージとバックアップ、および VM リソースを可視化することでリソースのコストと需要を管理し、チャージバックを実現
  • ニーズに応じて、ストレージとデータ保護を適切なレベルとコストでユーザーに提供

 

「弊社の手動レポートシステムは時間がかかり過ぎ、あまりに非効率でした。APTARE IT Analytics によってプロセスが合理化されたおかげで、他の戦略的な問題に集中できるようになりました」


Trustmark National Bank、オープンシステム管理担当 VP 兼マネージャ、
Chris Davidson 氏

APTARE 製品

 

3 つの APTARE 製品 (シンプル、予測可能、包括的) からお選びください。

 

Complete Suite

この製品は高価格のデータ加工前の TB に基づいているため、現在では、クラウド使用済み TB に換算係数の適用を提案していません。

Storage Management Suite

この製品はデータ加工前の TB に基づいているため、クラウド使用済み TB をデータ加工前の TB に換算する必要があります。正確な換算率は未定ですが、他の計算では使用済み TB 対データ加工前の TB 比率が 0.67 からになっています。

Symantec Protection Suite

表示価格は FETB または使用メーターに基づいているため、換算係数は必要ありません。

 

*APTARE には、ここに記載されていないストレージおよびバックアップシステム用のデータコネクタをユーザーが簡単に作成できるソフトウェア開発キットが用意されています。

APTARE IT Analytics のリソース

詳しい情報については、データシート、ホワイトペーパー、またはビデオをご覧ください。

詳細はこちら

APTARE IT Analytics のサポート

技術文書を参照したり、製品サポートをご利用いただけます。

詳細はこちら

 

 

APTARE には、このパンフレットに記載されていないストレージおよびバックアップシステム用のデータコネクタをユーザーが簡単に作成できるソフトウェア開発キットが用意されています。

詳細情報または見積をご希望の場合は、ベリタスの販売担当者にお問い合わせください。