エンドユーザーライセンス

契約 (EULA) には

何か隠れていないか

気になりませんか?

ご利用のクラウドのエンドユーザー使用許諾契約 (EULA) を読んだことがありますか? 業務をクラウドに移行する場合、データ保護の責任範囲を認識して、EULA を遵守する必要があります。

データが大量にある場合でもマルチクラウドへの移行を実現

データが蓄積されると、移行や管理が難しくなります。マルチクラウド戦略を維持するために、問題に正面から取り組みましょう。

詳細はこちら



クラウドであってもデータのバックアップはお客様の責任

お客様の責任範囲と CSP の責任範囲を理解していますか? 詳細をご覧いただき、データが適切に管理され、保護されていることをご確認ください。

詳細はこちら



EULA の
細則を紐解く

ご利用のクラウドの EULA をすべて読んだことがありますか? 読んだことがない人は少なくありません。ハイブリッドクラウド戦略を追求する企業にとって EULA が新たな問題となっている理由がここにあります。

詳細はこちら



EULA に潜む
5 つの落とし穴

クラウドの EULA により、ランサムウェア、クラウドの停止、コンプライアンスの問題からユーザーが保護されることはまずありません。EULA の潜在的な落とし穴について詳しくは、こちらをご覧ください。

詳細はこちら



データは
誰が監視しているか?

データが急増しています。そのデータを管理する規制も同様です。複雑なデータの監視とコンプライアンスを効率化する方法をご確認ください。

詳細はこちら



行政の干渉から
メールを保護

米国政府がクラウドサービスプロバイダのメールにアクセスできることをご存知ですか? こうしたリスクを軽減し、コンプライアンスに関する課題を解決できます。

詳細はこちら



さまざまなハイブリッド/マルチクラウドソリューションをご確認ください