Backup Exec 2010 R3 リビジョン 5204 Service Pack 2

Backup Exec 2010 R3 リビジョン 5204 Service Pack 2

  • Article ID:100036153
  • Last Published:
  • Product(s):Backup Exec

問題

Backup Exec 2010 R3 リビジョン 5204 Service Pack 2

解決方法

この Service Pack には Backup Exec 2010 R3 リビジョン 5204 の重要な更新が含まれています。 

影響を受けるバージョン

Backup Exec 2010 リビジョン 5204 32 ビット版メディアサーバー
Backup Exec 2010 リビジョン 5204 x64 版メディアサーバー
Backup Exec 2010 リビジョン 5204 32 ビット版 Agent for Windows Servers
Backup Exec 2010 リビジョン 5204 x64 版 Agent for Windows Servers
Backup Exec 2010 リビジョン 5204 32 ビット版 Remote Administration Console
Backup Exec 2010 リビジョン 5204 x64 版 Remote Administration Console
Backup Exec 2010 リビジョン 5204 Remote Media Agent for Linux Servers (32 ビット版 Linux プラットフォーム) - BERMALS
Backup Exec 2010 リビジョン 5204 Remote Media Agent for Linux Servers (64 ビット版 Linux プラットフォーム) - BERMALS

前提条件
- この Service Pack をインストールするには、管理者権限が必要です。  

事後条件
- この Service Pack をインストールした後、完全バックアップを実行することをお勧めします。
- この Service Pack をインストールした後、IDR 障害回復メディア (IDR ウィザードで作成した ISO) を再作成する必要があります。
- この Service Pack をインストールした後、Agent for Windows Servers を更新する必要があります。
- この Hotfix をインストールした後、Remote Agent for Linux/Unix/Macintosh Servers (RALUS/RAMS) を更新する必要があります。 

リリースノート
Service Pack 2 リリースノート: https://www.veritas.com/support/ja_JP/article.000084192

インストールガイド
インストールガイドには、Backup Exec 製品の更新のインストールに関する一般情報のほかに、設定に関する特別な手順 (CPS、Remote Agent for Windows Servers、Remote Agent for Linux/Unix/Macintosh Servers (RALUS/RAMS)、クラスタ化した Backup Exec、Shared Storage Option (SSO) のインストール、Central Admin Server Option (CASO) のインストール、SAP/R3 Oracle Agent の手順を含む) が記載されています。 https://www.veritas.com/support/ja_JP/article.000090770  

この Service Pack のアンインストール
この Service Pack はアンインストールできます。 
 
BE 3600 からアンインストールしようとすると問題が発生することがあります。この問題を修正するには、まず C:\Program Files\veritas\Backup Exec (Windows Server 2003 の場合) と C:\ProgramData\veritas\Backup Exec (Windows Server 2008 の場合) から beseqdlgs.dll を削除して、C:\Windows\Installer\$PatchCache$\Managed から BeSeqDlgs.dll.4720227D_76B6_4279_B0D3_C95B9D1310BE を削除します。

 
ファイル情報
以下に示す日付と時刻は協定世界時 (UTC) です。ファイル情報を表示すると、ローカル時間に変換されます。UTC とローカル時間の時差を確認するには、[コントロールパネル]、[日付と時刻]の順にクリックし、[タイムゾーン]タブを確認してください。
 
Backup Exec 32 ビット版メディアサーバーと Remote Administrator Console
C:\Program Files\veritas\Backup Exec\ (デフォルト)
添付ファイル000015919_32bit.xlsx を参照してください。
 
Backup Exec x64 版メディアサーバーと Remote Administrator Console
C:\Program Files\veritas\Backup Exec\ (デフォルト)
添付ファイル 000015919_64bit.xlsx を参照してください。
 
Backup Exec 32 ビット版 Remote Agent for Windows Servers
C:\Program Files\veritas\Backup Exec\RAWS (デフォルト)
添付ファイル 000015919_32bitRAWS.xlsx を参照してください。
 
Backup Exec 64 ビット版 Remote Agent for Windows Servers
C:\Program Files\veritas\Backup Exec\RAWS (デフォルト)
添付ファイル 000015919_64bitRAWS.xlsx を参照してください。
 
 
Backup Exec Remote Agent for Linux/Unix Servers (32 ビット版および 64 ビット版 Linux プラットフォーム)

 

ファイル名 ファイルバージョン ファイルサイズ ファイルの日付 ファイルの時刻
Solaris Sparc Solaris Intel Linux 32 ビット Linux x64 Macintosh 32 ビット
-- -- bermote beremote beremote
libbedsvx.so libbedsvx.so libbedsvx.so libbedsvx.so libbedsvx.dylib
-- -- libbenetns.so libbenetns.so libbenetns.dylib
-- -- libbenettcp.so libbenettcp.so libbenettcp.dylib
-- -- libbenetapi.so libbenetapi.so libbenetapi.dylib
-- -- libbenetutl.so libbenetutl.so libbenetutl.dylib
-- -- libdeviceio.so libdeviceio.so --
-- -- libndmpsrvr.so libndmpsrvr.so --
-- -- libndmpclient.so libndmpclient.so  
-- -- libndmpcomm.so libndmpcomm.so libndmpcomm.dylib
-- -- Libnrdsnet.so Libnrdsnet.so Libnrdsnet.dylib
-- -- Libbetools.so Libbetools.so Libbetools.dylib
-- -- libtapesrvr.so libtapesrvr.so --
 

 

Downloads

References

UMI : V-373-02902

Was this content helpful?