コンサルティングサービス

ビジネス目標に合わせたインフォメーションマネージメント環境を構築

   

ベリタスコンサルティングサービス

ベリタスコンサルティングサービスは、お客様がヘテロジニアス環境をご利用の場合でも、情報の可用性の最大化、ビジネスの耐障害性の向上、ビジネス情報からの貴重な洞察の獲得を支援いたします。インフォメーションマネージメントソリューションの計画、アーキテクチャ、配備、検証、最適化についての深い専門知識と幅広い専門技術をもつコンサルタントが、効果的でコストパフォーマンスの高い方法でインフォメーションマネージメントの課題を迅速に解決します。

Advisory Services

社内目標、競合目標、ビジネス目標のバランスを保つ

ベリタスアドバイザリーサービスは、お客様と一緒にお客様の IT 環境と将来の目標を理解することで、情報の可用性、インサイト、データ保護に対応できるデータ管理戦略の構築をご支援します。さらに、ベリタスが提案するアプローチは、お客様の社内方針を推進し、競合上の優位性を確立するのに役立ち、ビジネス目標にも対応しています。ベリタスアドバイザリーサービスをご利用いただくと、IT 環境のワークショップ、評価、ソリューションの設計などを通じて、俊敏性を向上させ、最重要の情報管理義務に対応することができます。

詳細はこちら

Implementation Services

Implementation Services は、実績のある構造化されたアプローチとリスク緩和戦略を利用して、情報ツールのシームレスな配備をサポートします。このサービスには、詳細な設計、配備、テスト、およびスタッフへの教育が含まれています。

Value Realization Services

Value Realization Services は、お客様がインフォメーションマネージメントインフラストラクチャを最大限に活用できるよう支援することを目的としています。情報ライフサイクルの重要ポイントのヘルスチェックや、全社的なインフォメーションマネージメントの実装、アップグレード、イニシアチブを推進するための専門知識の伝授などのサービスを提供します。

ベリタスのコンサルタントと認定パートナー

ベリタスのコンサルタントと認定パートナーは、Fortune 500 企業の 75% をサポートしており、ベリタスのテクノロジのパフォーマンスと価値を最大限に高め、リスクも低減する革新的なソリューションを提供しています。

ベリタスコンサルティングサービスにより、以下のことが可能になります。

  • バックアップ成功率を高め、リカバリ時間を短縮
  • 重複排除で運用コストとストレージコストを削減
  • 仮想マシンの保護を簡略化
  • 構造化データおよび非構造化データのアーカイブと管理
  • アクティブアーカイビングでバックアップと検出を向上
  • 既知の実装リスクを最小化
  • ストレージおよびサーバーリソースを最適化
  • データ損失と停止時間を低減
  • 既存のストレージの管理、および事業継続ポリシーとプロセスの改善

詳細はこちら

クラウドへの移行と活用

複雑性の軽減

ベリタスクラウドの移行と導入サービスは、お客様がクラウドの移行と導入の過程においてどの段階にあるのかを理解し、考えられる課題とリスクに適切に対応する方法を見つけることができるようご支援します。クラウドにデータを保存するために適切に準備し、コストと機能のメリットを享受する方法についても理解することができます。

 

クラウド移行対応度評価ワークショップ

クラウドへの独自のロードマップを見出す

ベリタスクラウド移行対応度評価をご利用いただくと、クラウドと回復力の目標達成に向けた適切な道筋を見出すことができます。目標とする状態を実現する方法を考えるのではなく、お客様の環境とニーズに基づいて最適な道筋を明らかにします。

詳細はこちら

クラウド移行アドバイザリーサービス

クラウドストレージへの道を開く

ベリタスクラウド移行アドバイザリーサービスをご利用いただくと、クラウドへの企業情報の移行を次の段階に進めることができます。ベリタスの専門家が、クラウドでの運用によって確かなメリットが得られるようお手伝いいたします。ラウンドテーブルワークショップを重ねながら技術チームとビジネスの責任者が連携することで理解を深め、クラウド移行に関する現在の目標と将来の目標を明らかにし、重要な問題を洗い出します。

新しいデータ保護

不要なデータの増大を抑える

データの急増によりセキュリティリスクが増大し、コンプライアンス規制が強化される中、法規制の大幅変更という嵐が吹き荒れようとしています。間違ったデータ管理による影響がかつてないほど大きくなっている一方で、企業はデータを把握しきれなくなってきています。保有しているデータの内容とその保存場所を明確に把握できないようでは、不要なデータの増大を抑え、さらにデータのパフォーマンスを向上させ、コスト削減を実現する対策をとることはほとんど不可能です。ベリタスの最新のデータ保護アドバイザリーサービスでは、この嵐を乗り越え、リスクを低減し、ストレージを最適化できるようご支援いたします。

情報可視化ワークショップ

価値のあるデータの保護

ベリタスグローバルデータバーグレポートによると、企業データの 85% が ROT データ (冗長、古い、瑣末なデータ) または価値が明らかでないダークデータであることがわかりました。ベリタス情報可視化ワークショップは、NetBackup™ をご利用のお客様がビジネスにとって重要な残りの 15% のデータを特定し、重要でない情報のために浪費されているリソースを削減するのに役立ちます。1 日間のワークショップで、専門家が Veritas Information Map™ を利用して、お客様のデータの分析、レビュー、識別を行い、お客様独自の環境に基づいてアドバイスを提供いたします。

詳細はこちら

セカンダリストレージの最適化

お客様の環境に関する重要な提言を導く

企業では相変わらず、ストレージの複雑さ、対応時間、コンプライアンスなど、さまざまな課題を抱えています。ストレージの容量、パフォーマンス、可用性におけるニーズとのギャップが増大しており、効果的な運用管理を妨げています。ビジネスの変化に迅速に対応できる俊敏性だけでなく、新しい規制に従ったデータ管理の必要性が高まっており、新しいソリューションが求められています。企業はデータを管理して、複雑さを最小限に抑えることで、情報を活用できるようになります。 

SDS 拡張診断アドバイザリーサービス

お客様の主な課題と目標について理解を深める

ベリタス SDS 拡張診断アドバイザリーサービスをご利用いただくと、情報管理に関するグローバルなベストプラクティスに総合的に取り組むことができます。 お客様にとって重要なトピック、問題、将来の目標について掘り下げながら、業界最先端のアドバイス、お客様の環境に合わせたアプローチを提供いたします。

ワークショップでは次の 8 つの主要領域に関して再確認、再検証を行います。

  • 情報
  • ライフサイクル管理
  • データの分類とサービスカタログ
  • データとストレージ階層化
  • ストレージの経済的側面
  • コピーデータ管理
  • レプリケーション
  • ストレージ管理

詳細はこちら

リスクの低減とコンプライアンス

データの状況を明らかにして、確実に把握

企業データの半分以上はダークデータです。保存されているデータの内容と場所を把握せずにいると、企業は運用上のリスクとコンプライアンスのリスクにさらされることになります。このリスクにより高額の罰金が発生する可能性があり、しかもこの罰金は予告なしに課せられることがあります。新しい規制が発効すると、罰金はより高額になり、コンプライアンスは必須となります。

情報の中から真実を見つけることで、コンプライアンスや運用上のリスクに正面から取り組むことができます。ベリタスリスクの低減とコンプライアンスサービスでは、データの状況を明らかにして、コンプライアンスへの道筋を確かめ、お客様が円滑にビジネスを継続できるようご支援いたします。

GDPR ワークショップ

GDPR 対応度を確認し、コンプライアンスに向けて実現可能な道筋を見つけましょう。

この 10 年間におけるデータプライバシー関連規制の最も大きな変更に対して準備はお済みでしょうか。GDPR ワークショップは、お客様の環境に基づいてお客様固有のニーズに対応させることができます。ベリタスアドバイザリーサービスでは、非構造化個人データの保存場所、責任者、現在の個人データの管理プロセスを理解することで、最も差し迫った GDPR コンプライアンスの問題に対応するためのワークショップのフレームワーク作りをお手伝いいたします。

その他のリソース: veritas.com/ja/jp/gdpr

詳細はこちら

GDPR 対応度評価

GDPR コンプライアンスのロードマップを見出す: 評価、測定、修正

法規制の大幅変更の嵐が迫っています。この嵐を乗り切るのに役立つのが GDPR 対応度評価です。GDPR 対応度評価では、確立されたデータ管理ツールとベストプラクティス評価フレームワークを利用します。お客様には、推奨事項が記載された GDPR 関連のロードマップが提供されます。このアプローチでは、お客様が GDPR 準拠を迅速に達成すると同時に、ビジネス上の利点とコンプライアンス ROI を実現できるようご支援いたします。

GDPR 対応度評価は、次の項目を目的としています。

  • 個人データの保管と保護の現在のリスクを理解する
  • 個人データが存在する場合のデータフローを文書化する
  • 近く発効する規制に対するリスクを特定する
  • 修復計画を文書化する

GDPR 対応度評価を依頼する

詳細はこちら

回復力対応度評価ワークショップ

検証して行動に移す

IT はあらゆる企業のバックボーンです。IT が機能停止に陥ると、ビジネスは重大な損害を被るおそれがあります。IT の回復力を測定するには、アプリケーションの依存関係をインフラと対応付けることが欠かせません。また、IT 環境は複雑であり、複数のビジネスプロセスに組み込まれているため、回復力に対する従来のアプローチでは十分な成果が得られない可能性があります。

ベリタスアドバイザリーサービスが提供する回復力対応度評価ワークショップは、お客様の現在の IT サービスの回復力を確認するためのバランスのとれたアプローチです。これにより、お客様の IT 回復力計画が適切であることを確認できます。場合によっては、深刻な影響を与える可能性があるリスクに対応するための戦略を検討する必要があることが明らかになります。

回復力対応度評価ワークショップでは、次のような成果が機体できます。

  • 診断フレームワーク - 複雑さ、品質、重要性、重要度を評価
  • グリッド分析 - 強さ、不足、障害をランク付け
  • 推奨事項 - 現在の状態と目的の状態の評価、簡単に達成できる目標と高水準の改善の機会、次のステップに向けたロードマップ

詳細はこちら

事業継続と回復力アドバイザリーサービス

俊敏性と耐久性を備えた IT サービスの回復力に対する包括的なアプローチ

事業継続の在り方が変わり、リカバリ時間目標が高可用性の要件に近づいています。現在、企業の 86% がリカバリ目標を 4 時間未満* に設定しています。ベリタス事業継続と回復力ワークショップは、ビジネスの回復力と運用上のリスクに関するお客様の現在の状態と目的の状態の全体像を提供することを目的としています。リスクの低減、回復力と事業継続の向上を実現する方法を見つけると同時に、目標達成に向けてリソース面で実行可能な計画を策定することができます。事業継続と回復力という差し迫った課題に業界の専門家とともに取り組むことで、お客様の目標に合わせたソリューションの開発と俊敏性の維持を実現しましょう。

*『The Evolving Business Continuity and Disaster Recovery Landscape』、Enterprise Support Group 社、2016 年 2 月

詳細はこちら

コンサルティングサービス担当窓口へのお問い合わせ (地域別)

アメリカ地域
APJ
EMEA

Resources