テクニカルサポートケースにエビデンスを提供する方法

テクニカルサポートケースにエビデンスを提供する方法

記事: 100045871
最終公開日: 2019-12-12
評価: 1 1
製品: Backup Exec, Desktop Laptop Option, System Recovery

説明

テクニカルサポートケースでは、状況を把握し、解決するために追加情報が必要となる場合が多数あります。

通常、この情報には製品の構成や操作ログファイルだけでなく、システム設定および環境についての情報も含まれます。

テクニカルサポートは、サポートで使用する情報をお客様の環境から収集する製品固有のツールも提供します。

お客様がアップロードされたデータはすべて、追跡および監査の目的のために、テクニカルサポートのケース番号と関連付ける必要があります。

この記事ではオープン中のテクニカルサポートケースにエビデンスを提供する方法

(お客様に取得していただいたログファイルを弊社ファイルサーバーへアップロードする手順)

を説明します。

 

1. Veritas サポートサイトを開きます。

2. 「マイサポートケース」をクリックし、Veritas サポートのアカウント/パスワードでログインします。

図1

3. ログイン後、本件のケース ID を選択し、ケースの詳細を表示します。

       注意:対象のケース ID が見つけられない場合は総合窓口までにご連絡ください。

4. 以下の画像右のほうにある「添付ファイルのアップロード」ボタンをクリックします。

図2

5. 以下のように「Secure File Transfer」ページが開きますので、本件のケース番号をクリックします。

図3

6. 「Click here to upload」をクリックします。

7. 「Add files」ボタンからアップロードするファイルを追加し、「Upload All」ボタンからファイルをアップロードします。

※ Veritas Quick Assist (VQA) で収集したログファイル (*.vdbz) や Vxgather で収集したログファイル(*.cab) は圧縮済みですので、お客様による圧縮は不要です。

図4

 

上述の方法でエビデンスのアップロードが完了しましたらテクニカルサポートケースにお知らせください。

 

 

 

Related Knowledge Base Articles

テクニカルサポートケースにデータを提供する方法

Filezilla (GUI ベースのサードパーティ製ファイル転送ソフトウェア)

How to use Veritas Quick Assist to diagnose and correct technical issues

 

 

Was this content helpful?