Backup Exec サービスとポート番号一覧、ウィルス対策ソフトウェアのスキャン対象および振る舞い検知機能からの除外対象について

Backup Exec サービスとポート番号一覧、ウィルス対策ソフトウェアのスキャン対象および振る舞い検知機能からの除外対象について

記事: 100045829
最終公開日: 2019-12-16
評価: 0 0
製品: Backup Exec

問題

この技術情報では、Backup Exec サービスとポート番号一覧、および、ウィルス対策ソフトウェアのスキャン対象および振る舞い検知機能からの除外対象について記載します。

 

解決策

サービスに関する情報

<Backup Exec サーバー上のサービス一覧>

サービス名 説明 サービスの開始状態
Backup Exec Agent Browser ネットワーク上の Backup Exec エージェントを Backup Exec Job Engine が検出できるようにします。 常時起動
Backup Exec Deduplication Engine Processes all data that goes through the PureDisk Deduplication Engine

重複排除オプション有効時のみ存在し、存在する場合は、常時起動

Backup Exec Deduplication Manager Manages the PureDisk Deduplication Engine 重複排除オプション有効時のみ存在し、存在する場合は、常時起動
Backup Exec Device & Media Service デバイスとメディアの管理およびアクセス用 COM サーバーインターフェースを使用することができます。 常時起動
Backup Exec Error Recording Service Backup Exec Error Recording Service (bedbg) monitors Backup Exec services and assists in troubleshooting 常時起動
Backup Exec Job Engine Backup Exec サーバーからのジョブリクエストを受け取り、指定されたメディアにデータを移動します。 常時起動
Backup Exec Management Service Backup Exec のユーザーインターフェースと他の Backup Exec のコンポーネントとの間のインターフェースとして動作します 常時起動
Backup Exec PureDisk Filesystem Service This component provides Backup and Restore functionality via an installable filesystem service 重複排除オプション有効時のみ存在し、存在する場合は、要求に応じて起動
Backup Exec Remote Agent for Windows  Backup Exec にバックアップおよびリストアサービスを提供します。 常時起動
Backup Exec サーバー ジョブのスケジュール設定、サーバーの設定、ジョブ履歴および Backup Exec Management SDK を実装します 常時起動
Backup Exec ロックダウンサーバー Backup Exec で設定されているディスクベースのバックアップストレージをセキュリティで保護します。

Backup Exec 20.4 以降から存在し、常時起動

Backup Exec 重複排除マルチスレッドStreaming Agent PureDisk 重複排除エンジンのパフォーマンス向上のために、マルチスレッドのStreaming Agentを提供します。

Backup Exec 20.0 以降から重複排除オプション有効時のみ存在し、存在する場合は、要求に応じて起動

 

<Backup Exec Remote Agent サーバー上のサービス一覧 (Windows)>

サービス名 説明 サービスの開始状態
Backup Exec Error Recording Service Backup Exec Error Recording Service (bedbg) monitors Backup Exec services and assists in troubleshooting 常時起動
Backup Exec PureDisk Filesystem Service This component provides Backup and Restore functionality via an installable filesystem service 重複排除オプション有効時のみ存在し、存在する場合は、要求に応じて起動
Backup Exec Remote Agent for Windows  Backup Exec にバックアップおよびリストアサービスを提供します。 常時起動
Backup Exec ロックダウンサーバー Backup Exec で設定されているディスクベースのバックアップストレージをセキュリティで保護します。 Backup Exec 20.4 以降から存在し、常時起動
Backup Exec 重複排除マルチスレッドStreaming Agent PureDisk 重複排除エンジンのパフォーマンス向上のために、マルチスレッドのStreaming Agentを提供します。 Backup Exec 20.0 以降から重複排除オプション有効時のみ存在し、存在する場合は、要求に応じて起動

 

<Backup Exec Remote Agent サーバー上のサービス一覧 (Linux)>

プロセス名 説明 開始状態
beremote Backup Exec にバックアップおよびリストアサービスを提供します。 常時開始
mtstrmd PureDisk 重複排除エンジンのパフォーマンス向上のために、マルチスレッドのStreaming Agentを提供します。 Backup Exec 20.0 以降から重複排除オプション有効時のみ、要求に応じて起動

 


ウィルス対策ソフトウェアに関する情報

<Backup Exec サーバ上でのウィルス対策ソフトウェアの振る舞い検知機能からの除外対象一覧>

サービス名 プロセス名とデフォルトパス 振る舞い検出への対処
Backup Exec Agent Browser C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\benetns.exe benetns.exe プロセスを除外
Backup Exec Deduplication Engine

C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\spoold.exe

重複排除オプション有効時のみ存在し、存在する場合は、spoold.exe プロセスを除外

Backup Exec Deduplication Manager C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\spad.exe 重複排除オプション有効時のみ存在し、存在する場合は、spad.exe プロセスを除外
Backup Exec Device & Media Service C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\pvlsvr.exe pvlsvr.exe プロセスを除外
Backup Exec Error Recording Service C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\bedbg.exe bedbg.exe プロセスを除外
Backup Exec Job Engine C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\bengine.exe bengine.exe プロセスを除外
Backup Exec Management Service C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\BackupExecManagementService.exe BackupExecManagementService.exe プロセスを除外
Backup Exec PureDisk Filesystem Service C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\PDVFSService.exe PDVFSService.exe プロセスを除外
Backup Exec Remote Agent for Windows  C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\beremote.exe beremote.exe プロセスを除外
Backup Exec サーバー C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\beserver.exe beserver.exe プロセスを除外
Backup Exec ロックダウンサーバー C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\VxLockdownServer.exe

VxLockdownServer.exe プロセスを除外

※Backup Exec 20.4 以降

Backup Exec 重複排除マルチスレッドStreaming Agent C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\mtstrmd.exe

重複排除オプション有効時のみ存在し、存在する場合は、mtstrmd.exe プロセスを除外

※ Backup Exec 20.0 以降

 

<Backup Exec サーバ上でのウィルス対策ソフトウェアのスキャン対象からの除外対象デバイスとフォルダ>

デバイス名およびフォルダ パス 対処
ディスクストレージ

[DriveLetter]:\BEData\*
[DriveLetter]:\BEControl\*  ※隠しフォルダ

パスに記載したのフォルダおよびそのサブフォルダ内のすべてのファイルをスキャン対象から除外
重複排除ストレージ

[DriveLetter]:\BackupExecDeduplicationStorageFolder\*

重複排除ストレージが存在する場合は、パスに記載したのフォルダおよびそのサブフォルダ内のすべてのファイルをスキャン対象から除外
Backup Exec インストールフォルダ

C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\*
C:\ProgramData\Veritas\CRF\*
(デフォルトパスの場合)

パスに記載したのフォルダおよびそのサブフォルダ内のすべてのファイルをスキャン対象から除外
Volume Shadow Copy 領域 \Device\HardDiskVolumeShadowCopy*

パスに記載したフォルダをリアルタイム検索から除外

参考:
TREND MICRO 社
事例1
事例2

 

<Backup Exec Remote Agent サーバー上でのウィルス対策ソフトウェアの振る舞い検知機能からの除外対象一覧 (Windows)>

サービス名 プロセスのデフォルトパス 振る舞い検出への対処
Backup Exec Error Recording Service C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\RAWS\bedbg.exe bedbg.exe プロセスを除外
Backup Exec PureDisk Filesystem Service C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\RAWS\PDVFSService.exe 重複排除オプション有効時のみ存在し、存在する場合は、PDVFSService.exe プロセスを除外
Backup Exec Remote Agent for Windows  C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\RAWS\beremote.exe beremote.exe プロセスを除外
Backup Exec ロックダウンサーバー C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\RAWS\VxLockdownServer.exe

VxLockdownServer.exe プロセスを除外

※Backup Exec 20.4 以降

Backup Exec 重複排除マルチスレッドStreaming Agent C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\RAWS\mtstrmd.exe

重複排除オプション有効時のみ存在し、存在する場合は、mtstrmd.exe プロセスを除外

※ Backup Exec 20.0 以降

 

<Backup Exec Remote Agent サーバー上でのウィルス対策ソフトウェアのスキャン対象からの除外対象フォルダ (Windows)>

フォルダ パス 対処
Backup Exec Remote Agent インストールフォルダ C:\Program Files\Veritas\Backup Exec\RAWS\*
(デフォルトパスの場合)
パスに記載したフォルダおよびそのサブフォルダ内のすべてのファイルをスキャン対象から除外
Volume Shadow Copy 領域

\Device\HardDiskVolumeShadowCopy*

パスに記載したフォルダをリアルタイム検索から除外
 

参考:
TREND MICRO 社
事例1
事例2

 

<Backup Exec Remote Agent サーバー上でのウィルス対策ソフトウェアの振る舞い検知機能からの除外対象一覧 (Linux)>

プロセス名 パス 振る舞い検出への対処
beremote /opt/VRTSralus/bin/beremote beremote プロセスを除外
mtstrmd /opt/VRTSralus/bin/mtstrmd

重複排除オプションを利用する場合は、mtstrmd プロセスを除外

※ Backup Exec 20.0 以降

 

<Backup Exec Remote Agent サーバー上でのウィルス対策ソフトウェアのスキャン対象からの除外対象フォルダ (Linux)>

フォルダ パス 対処
Backup Exec Remote Agent インストールフォルダ /opt/VRTSralus/* パスに記載したのフォルダおよびそのサブフォルダ内のすべてのファイルをスキャン対象から除外

 

<バックアップ対象のサーバー (Backup Exec サーバ および Backup Exec Remote Agent サーバ)>


ポートに関する情報

<Backup Exec サーバ上のポートおよびファイアウォールの設定>

Backup Exec のポートおよびファイアウォールの使用については、Backup Exec の各バージョンの管理者ガイドをご参照ください。参考に Backup Exec 20.4 管理者ガイドの参照箇所を記載いたします。

Backup Exec 20.4 管理者ガイド 日本語版 Page 577 (ファイアウォールでの Backup Exec の使用)

https://www.veritas.com/content/support/en_US/doc/63385057-135399667-0/v53894931-135399667

Backup Exec 20.4 管理者ガイド 日本語版 Page 579 (Backup Exec ポート)

https://www.veritas.com/content/support/en_US/doc/63385057-135399667-0/v53894959-135399667

Backup Exec 20.4 管理者ガイド 日本語版 Page 581 (Backup Exec 応答準備ポート)

https://www.veritas.com/content/support/en_US/doc/63385057-135399667-0/v53894993-135399667

 

対象製品

Backup Exec 16.x, 20.x

 

Was this content helpful?