LightsOut Restore を手動で削除する方法

LightsOut Restore を手動で削除する方法

記事: 100051979
最終公開日: 2021-12-02
評価: 0 0
製品: System Recovery

問題

LightsOut Restore が削除できない場合、次の手順で手動削除を実行することができます。

注意: 手動削除は System Recovery コンソールの上部にあるメニュー [タスク] -> [LightsOut Restore の削除] から削除ができない場合のみ実施します。
 

解決策

1. システムの最近のフルバックアップが作成されていることを確認して、バックアップが作成されていない場合は作業の前にフルバックアップを実行します。 
 
2. 管理者としてコマンドプロンプトを実行します。

3. 作業の実施前に、次の手順で BCD をバックアップします。

  BCDEDIT /export <ファイル名>

4. 次のコマンドで BCD 情報を確認して、Description に [LightsOut Restore] を含む [Windows ブート ローダー] セクションを見つけます。

  BCDEDIT /v

5. [手順 4] で確認をした LightsOut Restore を含む Windows ブート ローダーセクションの "identifier" に表示されている GUID 値を次のコマンドで削除します。

   BCDEDIT /DELETE <Identifier GUID>

例:
bcdedit /delete {948d6f75-6caa-4b47-99ea-2a9397285dd7}


6. エクスプローラから [C:\SRD] フォルダを削除します。

※ SDR フォルダは隠しフォルダのため、表示がされていない場合はフォルダオプションの表示から [隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライブを表示する] にチェックを入れます。

7. regedit.exe を実行して、次のレジストリキーを右クリックメニューの [エクスポート] でキーのバックアップを行った後にキーを削除します。

  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Veritas Recovery Toolkit

8. システムを再起動して、LightsOut Restore が削除されていることを確認します。

Was this content helpful?