規制コンプライアンスへの対応は必須

GDPR 施行まであと


:

時間

:

:

数秒

EU の新しい一般データ保護規則 (GDPR) が 2018 年 5 月にも施行される見通しです。

GDPR によってデータの管理方法が変わることはご存知と思いますが、実際のところ、コンプライアンスの準備は済んでいるでしょうか。

ベリタスが GDPR への対応をサポートいたします。


360度データ管理によるGDPR対応



『Enterprise-Ready Compliance to Accelerate Your Digital Transformation』

GDPR コンプライアンスの第一歩は、保有している個人情報を把握することです。個人情報を適切に処理して管理するために、そのデータの保存場所、アクセスできる人、保有期間を理解しておく必要があります。


GDPR のもとでは、EU 市民であれば誰しもが自らの個人情報すべての開示を求め、その訂正、移動、さらに削除を要求できます。こうした要求に速やかな対応ができるようにしておくことが重要です。


GDPR のもとでは、個人情報を保持できるのは、保有理由に見合った期間に限られます。適切な保持ポリシーに基づいてデータを自動的に削除することが、GDPR コンプライアンスの鍵となります。


GDPR では、破損や損失、漏えいから個人情報を守ることが義務付けられています。データの保護方法とセキュリティプロセスに透明性を持たせることで、監査基準を満たし、コンプライアンス要件を達成できます。


GDPR では、情報漏えいが発生した場合、いち早く検知して 72 時間以内に当局に届け出る必要があります。リスクの伴うふるまいを識別するためには、適切な調査ツールが欠かせません。


真の GDPR ソリューションを使えば、コンプライアンスの確保も容易に

ベリタスでは、コンプライアンスに向けたお客様の取り組みをサポートするソリューションを構築しました。市場をリードするベリタスの技術, そしてプロフェッショナルサービス アドバイザーによる GDPR に焦点を当てたガイダンス。両者を組み合わせることにより、強力なサポートを実現します。

お客様の GDPR 対応成熟度を評価

規制コンプライアンスの達成は、具体的な計画がなければ難航しがちです。ベリタスの GDPR Readiness Assessment (GDPR 対応度評価) では、お客様の対応度をベンチマークによって評価し、次のステップにつながるロードマップを作成します。

すべてのデータを可視化

データのマッピングや管理を的確に行うためには、データを詳細に把握することが不可欠です。ベリタスは、使いやすい方法でデータを可視化することで隠れたデータに光を当ててリスクを特定し、すべての個人情報を正確に分類できるようにサポートします。このインテリジェンスを活用することで、コンプライアンスのあらゆる要件を達成できるようになります。

スマートなポリシーでデータを保護

データの保持や削除について的確な判断を下すためには、手元にどのようなデータがありそのうち何を保持すべきかを詳細に把握することが不可欠です。ベリタスのソリューションでは、スマートなポリシーでデータ保持戦略を統合し、お客様固有の状況に合わせたワークフローと監査証跡で、活動を追跡して事実に基づくレポートを作成できます。