グローバル調査によるデータバーグレポートのご案内: 隠れたデータを明らかにする

    

世界中のあらゆる企業では、情報が最も価値ある資産となります。この考えに基づいて、どの企業もいっそう速いペースで情報の作成と保存を続けています。この傾向に拍車をかけているのがテクノロジーです。業務のスピードはさらに速まり、送信するファイルはさらに大きくなっています。ますます多くのコンテンツが開発されて、多数のデバイスに保存されています。データをため込んでおきながらデータ保持ポリシーに無関心である企業は、社内に独自の「データバーグ」を作り出すことになります。

ベリタスでは、そのような「データバーグ」の存在と危険性を示す必要があると考えました。そのために、企業におけるデータ管理をテーマとして、世界最大規模となる独自のグローバル調査レポートの作成を依頼しました。その結果、企業は大量の隠れたダークデータを保有しており、その内容についてほとんど把握できていないことが実証されました。レポートでは、データを増加させ続けていることで発生する課題とリスクに焦点を当てています。

このレポートの他にも、ベリタスでは先日、Data Genomics Index を発表しています。これは、企業におけるデータ構成の実態を業界で初めて明らかにするものです。ベリタスではこのように、企業の情報管理に関する独自の見解を紹介するとともに、情報ガバナンスのリスク、コスト、複雑さを軽減するソリューションを提供するよう取り組んでいます。

最近の発表

今回のデータバーグレポートでは、企業のデータ管理を対象とする最大規模の調査に基づき、さまざまな独自の発見事項が明らかになりました。調査では、22 カ国の IT に関する経営意思決定者 2,550 人を対象としています。これにより、データ増加の原因となる考え方や行動が明らかになりました。この分野の改善こそ、ベリタスが支援できることです。

グローバルレポートをダウンロード
インフォグラフィックをダウンロード
ビデオを見る
ニュースリリースを読む

グローバルレポートに加えて、国別の調査結果概要と、企業データの制御を取り戻すためのガイダンスもご覧いただけます。

日本の調査結果概要をダウンロード