eDiscovery Platform

あらゆる調査に活用できる直感的な電子情報開示ソフトウェア

デモを見る

解決までの期間短縮を目指す

法的事項や規制要件へ迅速に対応する必要に迫られていませんか。eDiscovery Platform はそのようなニーズのためのソリューションです。ベリタスは解決までの期間短縮を実現するために、シンプルで直感的なインターフェースを開発しました。

eDiscovery Platform には次のような強力な機能が組み込まれています。

  • 使いやすいデザインですぐに使い始めることができる
  • ワークフローの自動化で人為的ミスを削減
  • 専用アプライアンス、ソフトウェアのほか、サービスとして提供するホスト型で素早く配備

世界トップクラスの調査は世界トップクラスの分析から始まる

世界トップクラスの分析は eDiscovery Platform から始まる

調査は簡単ではありません。電子情報開示(eDiscovery)業務は、限られた時間で大量のレビューを行う必要があるため、まとまりのないソリューションでは対応しきれません。ECA (訴訟ケース評価) から、概念を表すキーワード、TAR (テクノロジー支援レビュー) まで、eDiscovery Platform は優れた分析ツールキットを提供するため、関連性が高いと思われる項目を分離し、コンテキストを明らかにして、最も重要なものに優先順位を付けることができます。

  • 特許取得済みの電子メールスレッド機能によって有用なコンテンツと知見を提供
  • 強力なオートフィルタで不要な情報を素早く除外
  • 透過的な検索機能で次のステップへのロードマップを提供

収集が簡単に

待ち時間を解消して、eDiscovery Platform で収集をスタート

電子情報開示(eDiscovery)プロセスで最も時間がかかる要因の 1 つは、IT 部門が必要な情報を収集して提供するまで待つ必要があることです。eDiscovery Platform の使いやすい収集モジュールを使うと、コンプライアンスチームや法務チームが IT 部門に依存することなく独自のワークフローを管理することが可能になります。

  • Enterprise Vault と Enterprise Vault.cloud から自動で収集を行うため、電子情報開示ワークフローをすぐに始められる
  • Office 365、SharePoint Online から直接収集するため、Microsoft のクラウドアプリケーションの収集戦略と統合できる

データシートをダウンロード

eDiscovery Exchange

電子情報開示(eDiscovery)プロフェッショナル向けモバイルアプリを提供

世界初の無料のリーガルテクノロジスト専用モバイルアプリで、情報と広範な情報ネットワークを活用しましょう。

eDiscovery Exchange アプリには、業界の主要な専門分野のリーダーがコンテンツを提供するリアルタイムニュースフィード The Wire や、4000 人を超える電子情報開示の専門家と直接つながることができる The Exchange などの機能が搭載されています。

先手を打って備える

eDiscovery Platform でコンプライアンスの一歩先へ

eDiscovery Platform は収集、処理、レビュー用の統合インターフェースを備えており、負荷の高いコンプライアンス作業に十分に対応できます。

  • ワークフローは自動化されているため、不必要な手作業を省いてコンプライアンスへの対応が容易に
  • ファイル形式にとらわれない先進的な検索手法により、当局からの要求に対応するためのさまざまな対応策を提供

データシートをダウンロード

音声の再生スタート

音声を素早く検索

eDiscovery Platform に組み込まれた音声ベースの処理機能で非常に驚くほど正確に音声の検索とレビューを行えます。これからは次のことを実現できます。

  • 信頼度スコアで検索結果を絞り込むことができるため、関連のない録音のレビューを行わなくてすむ
  • 関連コンテンツに直接ジャンプできるため、関係のない音声資料を結合する必要がなく、時間を節約できる

導入事例

電子情報開示(eDiscovery)を完遂した Transatlantic Reinsurance 社

「eDiscovery Platform によって、文書のレビューにかかる時間を大幅に短縮でき、当局からの問い合わせに自信を持って素早く対応できるようになりました」

  • 副顧問弁護士
  • Transatlantic Reinsurance

ケーススタディのダウンロード

訴訟評価を早期に素早く実行

eDiscovery Platform は法務チームに直感的に使用できるツールを提供します。訴訟事実を素早く評価し、訴訟戦略を立てることができます。次のようなツールがあります。

  • 素早くレビューを行うための基盤となる前処理分析で訴訟に関する指標を瞬時に可視化
  • レビューアが効率的に作業できるように関連する文書を特定してグループ化する Find Similar 機能

データシートをダウンロード

1 つのプラットフォーム。4 つのモジュール。包括的な EDRM 機能。

リーガルホールドからレビューまでを 1 つのツールで

eDiscovery Platform には包括的な EDRM (電子情報開示参考モデル) 機能が含まれているため、1 つのツールでリーガルホールドからレビューまで行うことができ、インポートとエクスポートを行う時間とリスクを排除できます。

その他の機能:

  • コンプライアンスを立証する弁護可能性レポート機能のほか、ワークフローに対する透明性を確保
  • 最終成果を簡単に提供できる包括的な製作機能とエクスポート機能

導入事例

社内の電子情報開示(eDiscovery)業務を見直した NBCUniversal 社

「これまで利用していたツールキットでは、増える一方の依頼に到底対応できませんでした。eDiscovery Platform は社内の電子情報開示(eDiscovery)業務の管理に役立っており、NBCUniversal の貴重なリソースの節約につながっています」

  • 最高情報セキュリティ責任者 (CISO)
  • NBCUniversal

シンプルでさらに自動化した情報ガバナンス

非構造化データの管理をシンプル化して自動化する Veritas Information Governance ソリューションでリスク、コスト、悩みの種を減らしましょう。保持、電子情報開示 (eDiscovery)、リスク管理といった重要なビジネスプロセスを的確に制御することにより、コンプライアンスの達成とリスクの軽減を実現します。

情報ガバナンスで電子情報開示(eDiscovery)をスピーディーに

情報ガバナンスによる電子情報開示(eDiscovery)の 3 つのメリット

情報ポリシーの開発と施行を行うことで、価値のないデータを確実に排除し、重要な項目を適切に分類して簡単に特定できます。 

しっかりとしたガバナンスを実現することで、企業は関連性の高い情報を素早く収集し、素早く文書のレビューを行えるようになるため、電子情報開示(eDiscovery)の要求に適切に対応できます。
 
統合された情報ガバナンス戦略を策定して人員、プロセス、テクノロジ全体に適用することで、電子情報開示(eDiscovery)がビジネスプロセスとなり、個別案件ごとに毎回新しい行動規約を作る必要がなくなります。

情報ガバナンスポートフォリオ

4 つの優れた IG ソリューションを組み合わせて大きな成果を達成

Data Insight で大規模なファイル分析を行い、アクセス制御を強化

eDiscovery Platform の直感的な分析機能で調査を高速化

Enterprise Vault でライフサイクル管理を簡単に実施

Information Map で企業全体のデータの整合性を視覚化

eDiscovery Platform の詳細情報

リソース

さらに詳しい情報については、データシート、ホワイトペーパー、ビデオをご覧ください。

詳細はこちら

要件

インストールの前にシステム要件をご覧になり、この製品がお使いの環境に適しているかをご確認ください。

詳細はこちら