System Recovery

サーバー、デスクトップ、ノートパソコンに対応したイメージベースのバックアップとディザスタリカバリ

Windows および Linux システムを数分でリストア

インフラ全体にわたって迅速かつ信頼性の高いディザスタリカバリを行うのは、困難な課題でありコストもかかります。Veritas System Recovery なら、ダウンタイムを最小限に抑え、災害の影響を回避できます。リストアの対象が単一のファイルや電子メールでも、マシン全体でも、物理か仮想かに関係なく、数分で簡単にリカバリできます。

  • サーバー、ノート PC、仮想マシンを 1 つのソリューションで保護して複雑さを軽減
  • イメージベースのバックアップで、データとシステムを迅速に、効率よく、高頻度で保護
  • 高速かつ柔軟で、信頼性の高いリカバリによって、システム障害による中断を最小化
Image

シンプルなソリューション

ビジネスクリティカルな資産の保護とリカバリが容易

  • 1 つのインターフェースでノート PC、サーバー、仮想マシンを保護
  • 1 つのバックアップジョブを実行して、システム、データ、アプリケーションを含むマシン全体を保護
  • ストレージデバイスから直接、個別のオブジェクトをリストア

効率的な保護

迅速、高頻度で、効果的な保護

  • Amazon S3 や Azure などのクラウドに対する回復力が向上
  • 変更されたデータブロックだけを保護して、ストレージの利用を最小化
  • イメージベースのバックアップによる迅速なパフォーマンス
  • データソースへの迅速かつ自動的な直接リストア

信頼性の高いリカバリを実現

使用しているハードウェアに関係なく、確実にリカバリ

  • 同じまたは異なるハードウェアへの信頼性の高いベアメタルリストア
  • 個々の Exchange 電子メールや 、ファイル、フォルダ、またはマシン全体をリカバリ
  • バックアップデータをクラウドや二次サイトに自動的に複製して、回復力を強化

Veritas System Recovery 18 の新機能

現代の企業は、クラウドやセキュリティの課題に直面して変化し続けるビジネス環境にすばやく対応する必要があります。ベリタスはこのような課題に対処するために、System Recovery ポートフォリオを強化しています。

  • Amazon S3 や Microsoft Azure などの主要パブリッククラウドストレージへの高速バックアップを実現
  • バックアップデータをクラウドや二次サイトに自動的に複製して、回復力を強化
  • Microsoft の最新のサーバーオペレーティングシステムをサポート。また、Restore Anyware™ 技術により、異なるハードウェアおよび仮想環境にも復元可能
  • Linux 環境のサポートを強化
  • SMTP と TLS (Transport Layer Security) の組み合わせ、および SSL (Secure Sockets Layer) のサポートを追加してセキュリティを強化
Image

ローカルでの障害発生時のシームレスなリカバリ

数時間や数日ではなく、数分で本番環境を再開

システムを本番環境に戻すまでの時間を大幅に短縮できます。System Recovery なら、実行中のシステムまたはコールドシステムから直接起動し、Windows、Linux の物理または仮想システム全体をディスクストレージの読み書きと同じぐらい迅速にリストアできます。

  • 特許取得済みの Restore Anyware 技術を使って迅速な復元が可能です。物理システムや仮想システム全体を、ローカルまたはオフサイトのバックアップ先からベアメタル、異なるハードウェア、遠隔地、または仮想環境へと、数分ですばやく復元できます。
  • ファイルとフォルダのリストアが可能で、複数のリカバリポイントを同時に検索することもできます。
  • ホットイメージングを使用すると、別のハードウェアプラットフォームにその場でリストアできるため、ストレージコントローラやハードウェア抽象化レイヤの互換性がないといった問題を解決できます。
  • システムを迅速に起動してリカバリするために、オールインワンのバックアップおよびリカバリ USB デバイスを作成しておくことができます。

サイト停止からの保護

別のサイトまたはクラウドストレージの保護を自動化

ビジネスアプリケーションは、同じ場所に置き続ける必要はありません。ビジネスや予算上の必要に応じて、データをクラウドからオンプレミス、さらに FTP 先へと自由な移動を考えるべきです。

Veritas System Recovery は、リカバリポイントのオフサイトコピーを保存して、サイト停止からの保護を実現します。処理はバックグラウンドで行われます。既存または現在のバックアップジョブを複製して柔軟性を高めることもできます。

  • 特許取得済みの LightsOut Restore 技術により、システムの設置場所まで出向く必要なく、遠隔地からシステムを簡単にリカバリ可能
  • 最大 2 つの追加サイトまたはデバイスに重複リカバリポイントを配置
  • Amazon Web Services、Microsoft Azure、USB、NAS/SAN、FTP ストレージのサポート
  • バックグラウンドで処理して、リカバリの完了に必要なリソースを軽減

交換用ハードウェアを柔軟に選択

異種ハードウェアのリストアを標準化

システム、ストレージ、またはコンポーネントレベルで同種のハードウェアにしか交換できないという状況を変えることができます。Veritas System Recovery では、既存のリカバリポイントを使用して、異種ハードウェアのリストアを自動プロセスとして実行します。

  • 異なるハードウェアへのベアメタルリストアを実行
  • ドライバとコンポーネントの更新をリストアプロセス内でシームレスに処理
  • 異なるハードウェアへの移行に関する事前準備は不要

クラウドストレージをディザスタリカバリに活用

Amazon S3、Microsoft Azure と容易に統合

ストレージの制約を受けずに Veritas System Recovery を Amazon S3 や Microsoft Azure と統合できます。この統合により、リカバリポイントのコピーをローカルストレージやプライベートストレージに加えて S3 ストレージにも送信できるようになり、停止や障害に対する保護の選択肢が増えます。

  • リカバリポイントの作成時、クラウドストレージへの送信前に暗号化
  • クラウドストレージを使用して二次的な保存場所やデバイスを補完
  • Amazon/Azure アカウント、キー、バケット詳細を使用して、インターネット経由で容易にリカバリ

System Recovery の総所有コストを削減

1 つの画面で全体を可視化

Veritas System Recovery をインフラ全体で集中的に展開、設定、管理します。最大で 2 万の Veritas System Recovery クライアントを 1 つのコンソールから管理できるように設計された一元管理機能が、企業への導入を容易にします。

  • 一目で確認できる統合されたホームページビューで、管理対象となるすべてのシステムについて現在の保護状態を監視可能
  • 組み込みのフィルタリングシステムで、問題の領域をすばやく特定してドリルダウン可能
  • ローカルおよびネットワーク上のバックアップ先の使用状況について、現状と過去の傾向を監視
  • 環境全体に関する包括的なレポートを提供

System Recovery のリソース

詳しい情報については、データシート、ホワイトペーパー、またはビデオをご覧ください。

詳細はこちら

System Recovery のサポート

ヘルプや技術情報をご覧いただけます。

詳細はこちら

ベリタスの営業担当者に問い合わせる

個別の環境に応じた System Recovery の詳細情報をご確認いただけます。

お問い合わせ