ベリタスと Veeam の比較

ポイントソリューションで発生する問題を 360 度データ管理で解決

今すぐ詳細を確認

単なるバックアップを超えるベリタスの 360 度データ管理

ベリタスの製品を使えば、既存の NetBackup 資産を活かして、ハイブリッド環境に対応した拡張性の高い保護を実現するだけでなく、コピーデータの無秩序な増加、情報インサイト、ビジネスデータの可用性に関するさまざまな課題を解決できます。Veeam が提供するのはバックアップとリカバリのみです。

ビジネスの変化に対応する NetBackup

Veeam の製品では、企業のリカバリタイミングとリカバリ時間の目標を満たせない可能性があります。最近実施された第三者機関によるベンチマーク調査によると、vStorage API ベースのバックアップテストでは、Veeam は VM が 100 台の場合 83% 遅くなり、200 台の場合 86% 遅く、400 台の場合 80% 遅くなるという結果になりました。高いパフォーマンスで実績のある NetBackup なら、数百から数千もの VM に対応でき、RPO、RTO に関する最も厳しいレベルの SLA を満たすこともできます。

ニーズに合致する柔軟性のある配備モデル

Veeam はソフトウェアのみのソリューションであり、利用者は 1) ハードウェアの取得、2) インストールと設定、3) 管理、4) パッチとアップグレード、5) サポートという 5 つの大きな問題に直面します。NetBackup はソフトウェアと拡張性の高いハードウェア構成の両方で利用可能であり、柔軟な配備モデル、迅速な配備、短時間での価値実現、拡張性をお客様に提供します。NetBackup の統合型アプライアンスは、オールインワン型の特定用途向けハードウェア / ソフトウェアソリューションであり、IT 作業の簡素化、生産性ベースでのパフォーマンス向上、ストレージフットプリントの削減、コストの最小化を求めるお客様に最適です。

クラウドに簡単にバックアップ

ハイブリッドクラウドの現状に関する最近の調査によれば、今日、大企業の 23% が 4 種類以上のクラウドインフラプラットフォームを使用していますが、意外にも Veeam はパブリッククラウドとの直接統合を行っていません。NetBackup を使えば、Microsoft Azure、Amazon Web Services、Google Cloud Platform をはじめとする 40 以上の主要クラウドプロバイダと統合できます。

重複排除によってデータを 50 分の 1 にまで削減可能

Veeam の重複排除機能はジョブ単位であるため、バックエンドストレージの使用が増加するおそれがあります。多くの場合、Veeam は重複排除アプライアンスの使用を推奨していますが、これは追加コストと複雑性が増加する可能性があります。NetBackup はグローバル、ブロックレベル、エンドツーエンドで仮想、物理、クラウド環境に対する真の重複排除を提供しており、必要なバックエンドストレージもより少なく済みます。

見えていなければ保護できない

企業が保持するデータのうち 30% 以上が、冗長、陳腐、無駄のいずれかに該当します。重要なのはデータの可視化です。あらゆるワークロードに対する統合データ保護ソリューションとして、NetBackup は単なるバックアップとリカバリの枠を越え、データに関する詳細な情報を提供します。データを可視化する Information Map によって、データの可能性を最大限に引き出し、リスクのある領域、価値の高い領域、無駄な領域を即座に特定することができます。Veeam のようなバックアップとリカバリのポイントソリューションは、高度な情報インサイトおよびデータ管理に関する次世代の要件に適しません。

24 時間 365 日稼働の、真のリアルタイムの可用性

Veeam は「可用性」について声高に主張していますが、実際にはバックアップとリカバリしか行っていないようです。今日、稼働時間の予測管理は企業にとって極めて重要な問題です。ディザスタリカバリの問題は解決していても、RPO や RTO によって定義されたサービスレベル目標を満たせるだけの予測可能性と信頼性が不足しています。Veritas Resiliency Platform は VMware 認定内蔵データムーバーを備えており、ビジネスの稼働時間を維持しつつ、物理環境、仮想環境、クラウド環境すべてを対象として、ディザスタリカバリのための予測可能なレジリエンスの確保、データ保護、リカバリテスト、ワークロード移行をサポートします。Veeam では常時稼働は不可能です。