Backup Exec™ と Veeam の比較

すべてを統べる 1 つのバックアップ、ポイントソリューションには対応できない問題を解決

今すぐ詳細を確認

バックアップにとどまらない、より強力で柔軟なソリューション

多くの問題を、よりシンプルな方法で解決しませんか。Backup Exec™ を使用すれば、データ保護のビジネス要件を満たし、ストレージコストを削減し、機密データを保護し、法規制要件に対応し、インフラからニッチなバックアップツールをなくすことができます。

すべてのデータをまとめて保護

Backup Exec の強力でシンプルなリカバリソリューションは、仮想、物理、クラウド環境を問わず、お客様のすべてのデータを保護します。仮想環境に重点を置く Veeam について、主要アナリストは、物理サーバーのサポートが限定的であるうえ、Azure や AWS などのパブリッククラウドストレージとの統合のサポートにも制限があると注意を促しています。

安心してクラウドへ移行

Backup Exec なら、AWS、Azure、Google などのパブリッククラウドソリューションにワンクリックで簡単にバックアップできます。ダイレクトクラウドコネクタと柔軟なハイブリッドクラウドオプションが用意されており、クラウドデータに迅速にアクセスできます。Veeam 社の Cloud Connect はマネージドサービスプロバイダを念頭に設計されているため、価格が手頃な Backup Exec ソリューションと比較して最大 30 倍のコストがかかります。さらに Veeam 社は Amazon や Microsoft などのパブリッククラウドストレージプロバイダと API を統合していないため、実際にデータリカバリが必要になったときに作業が複雑になる可能性があります。

経験の重要性

主要アナリスト会社は、Backup Exec を拡張性の高い成熟したソリューションとみなしており、通常であればエンタープライズクラスのデータ保護ソリューションにしか存在しない機能を備えていると言います。多数の Microsoft 認定を含め、Microsoft、Dell、VMware などの業界リーダーと 25 年以上にわたって連携している Backup Exec は、Veeam 社よりも長いデータ保護経験に基づいて構築されています。

仮想環境の重要性

Backup Exec は Veeam 社の創設より以前から VMware 仮想マシンを保護しています。また、Backup Exec の仮想化機能はベリタスの広範囲に及ぶ統合データ保護プラットフォームの一部であり、単体ソリューションではありません。Backup Exec は最新バージョンの VMware (vSphere 6.5 を含む) および Hyper-V (2016) と統合して VM を自動検出し、定義済みのポリシーに追加します。さらに、ブロックレベルでの変更を効率的にバックアップすることで、より頻繁な RPO を実現します。ホストごとのエージェントは必要ありません。

認定済みのソリューションでリスクを軽減

すでに取得した Microsoft 社の認定に加え、ベリタスの互換性リストはハードウェアとソフトウェアを幅広く網羅しており、お客様によるテストや検証は必要ありません。Veeam 社の場合はお客様によるテストが必要になるため、場合によってはお客様が責任を負うことになります。

容易な操作と管理

Backup Exec の使いやすさは高く評価されており、IT 管理者は「バックアップの実行」にかかる時間を減らし、より多くの時間を生産的な作業に費やすことができます。Backup Exec では 3 回のクリックでバックアップを起動できますが、Veeam では 14 回もクリックが必要です。問題が発生した場合に対応する Backup Exec テクニカルサポートは、顧客満足度においても高く評価されています。Veeam には多くのバックアップオプションと 12 を超えるユーザーインターフェースがあり、バックアップ管理者が技術的な細かい違いを認識していないと、特定のワークロードに最適な方法を選択したり、ソリューションを適切にサイジングしたりできません。

インベントリコストを削減

Backup Exec のグローバルなブロックレベルの重複排除は、仮想、物理、クラウドのすべてのデータに対して機能するため、バックエンドストレージの消費が少なくなります。ベリタスの比較テストでは、Backup Exec が必要とするターゲットストレージ容量は Veeam 社の「ジョブごと」の重複排除の 3 分の 1 未満であり、冗長的に保存されるデータ量が大幅に削減されています。実際、Veeam 社は自社のソリューションを補強するために別の重複排除アプライアンスを使用するようお客様に勧めています。

シンプルで適正な価格設定

Backup Exec の 2 つのフロントエンドに対応する容量別の価格は、一般に配備されているオペレーティングシステム、アプリケーション、ハイパーバイザにとって十分な機能セットを提供します。また、お客様のアプリケーションやシステムを保護するための特定の製品機能オプションを柔軟にお選びいただけます。Veeam 社は、過去 2 年間でエンドユーザー価格を最大 25% 値上げしており、機能別に比較すると Backup Exec よりも 29% も高額です。

テープも引き続き活用

法令遵守のために費用対効果の高い方法を模索している企業は、今もテープに目を向けています。Backup Exec なら、30 ドルで 6 TB 以上を暗号化された WORM 形式で LTO-6 テープにアーカイブできます。Backup Exec のテープに関する経験は幅広く、ユーザーは今後も信頼性の高いリカバリに頼ることができます。Veeam 社のユーザーフォーラムには多数の問題や不満が投稿されていることから、Veeam 社のテープに関する実績は十分なものではないと思われます。また、テープに直接バックアップできず、シンプルなテープドライブでも高額な D2D2T 構成が必要になる可能性があります。Backup Exec なら直接バックアップできます。

広範な保護

ベリタスはデスクトップやノートパソコン向けの DLO から柔軟なサーバーイメージング用の VSR、中規模企業向けの Backup Exec、複雑で拡張性が高いデータ保護のための Veritas NetBackup™ まで、複数のデータ保護ソリューションを用意してユーザーのあらゆる状況に対応します。最近の Spiceworks の調査によると、IT 担当者は、仮想、物理、およびクラウドインフラのすべてのデータを保護し、バックアップとリカバリを低コストで実行できる統合ソリューションを選んでいます。