ライセンスに関する手続き

メンテナンスとサポートの更新

メンテナンスとサポートの更新

メンテナンス契約は保険契約のようなものです。メンテナンス契約によって、お客様は電話でサポートに連絡できるようになるだけでなく、オンラインでケースを登録する権利を得ることができます。有効な契約によって、契約期間中 (通常は 1 年間) はお持ちのソフトウェアライセンスのすべての数量が保証対象となります。次のような特典があります。

  • ソフトウェア保証: お持ちの製品が最適に動作し、最新の技術革新や改善点に対応できるように、重要なソフトウェア更新を提供します。
  • コスト削減: ベリタスはお客様が購入されたソフトウェアに対し継続的に技術の改良を行っています。そのため、お客様は現行製品のパフォーマンスなどの改善点をご利用いただけます。ベリタス製品の有効なサポート契約があれば、対象製品の新しいバージョンまたは後継製品の無料のソフトウェアバージョンアップグレードをご利用いただけます。バージョンアップグレードはお客様の Veritas Entitlement Management System (VEMS) アカウント宛てに提供されます。新しいリリースが提供された時点で、VEMS ユーザーに電子メールが送付されます。
  • 専門家による問題解決: 必要なときに (たとえば、エッセンシャルサポートの場合は 24 時間 365 日対応)、ご希望の利用方法 (オンラインまたは電話) で専門家のサポートを受けられます。ベリタスは、お客様が IT 環境の稼働時間を最大化し、データを常時保護できるようサポートします。

期限内に更新を行うことで、これらの主な特典を継続してご利用いただくことができ、投資を保護できます。ご不明な点があれば、更新に関する FAQ 文書をご覧いただくか、担当パートナーまたはカスタマケアにお問い合わせください。

更新に関する FAQ の最新情報

 

メンテナンス契約とは何ですか。

メンテナンスとサポートは、すべてのベリタスソフトウェアおよびアプライアンス製品でご利用いただけます。お使いの製品バージョンで利用可能なサポートの種類は、ベリタス EOL Web サイトでご確認ください。メンテナンス/サポート契約は、お客様とベリタスとの間で結ぶ一定期間 (通常は 12 カ月) の合意です。問題解決を支援するためのテクニカルサポートを受けられるほか、アップグレード保証、セキュリティパッチとセキュリティ修正、製品強化を含む新しいソフトウェアバージョン、既知のソリューションや推奨事項をお客様ご自身で閲覧できるオンライン上の広範なナレッジベースをお客様の企業に提供します。

有効な契約を一覧にしてもらえるでしょうか。

Veritas Entitlement Management System (VEMS) では、有効なメンテナンス/サポート契約を結んでいる製品の一覧を確認できます。また、資格 ID、有効期間、メンテナンス契約の種類、購入証書情報など、さまざまな情報を提供しています。

VEMS にアクセスするには、ベリタスサポートの[ライセンス]オプションをクリックします。

メンテナンス契約の開始日と終了日をどのように確認すればよいですか。

Veritas Entitlement Management System (VEMS) では、有効なメンテナンス契約を結んでいる製品を確認できます。また、更新に必要な情報 (資格 ID、有効期間、メンテナンス契約の種類、購入証書情報など) を提供します。

詳細については、サービス契約の更新に関するセクション (VEMS オンラインヘルプまたは VEMS ユーザーガイド) をご覧ください。

購入証明には何が記載されていますか。更新を購入するためにベリタスが購入証書を求めるのはなぜですか。

対象かどうかを判断するために、元のライセンスの購入証明の提示を要求される場合があります。購入証書は Veritas Entitlement Management System (VEMS) でご確認いただけます。証書には、お客様の会社に割り当てられた IB (インストールベース) リファレンス番号が記載されています。

契約の更新後、製品をどのように更新したらよいですか。

製品のライセンスキーを、最新のメンテナンス契約日が含まれるライセンスキーに改めることで、製品を更新する必要があります。製品の更新手順は、製品によって異なります。バージョンアップグレード通知とベリタスサポートで提供される製品ドキュメントに、製品をアップグレードするために必要な情報が記載されます。

詳細については、バージョンアップグレードに関するセクション (VEMS オンラインヘルプまたは VEMS ユーザーガイド) をご覧ください。

メンテナンス/サポート契約の更新に関して不明な点がある場合は、どこに問い合わせればよいですか。

お客様の更新プロセスをスムーズに進めるため、既存の契約の有効期限が切れる前に、ベリタス更新セールスアカウントマネージャまたは専任のベリタスチャネルパートナーからお客様にご連絡いたします。各担当者の連絡先をご存じの場合は直接お問い合わせいただくか、電子メールで Customercare@veritas.com まで、いつでもお気軽にお問い合わせください。担当者から折り返しご連絡いたします。

ご利用ありがとうございます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

更新するにはどのようにすればよいですか。

ベリタス製品のメンテナンス/サポート契約の更新は重要なプロセスです。ベリタス更新セールスアカウントマネージャまたは承認されたベリタスチャネルパートナーが、このプロセスを開始します。各担当者が、現在のメンテナンス契約の有効期限前に、次の 12 カ月を対象とするメンテナンス契約のお見積をお客様に送付します。お客様は複数年のメンテナンス/サポートのお見積をご依頼いただけます。ただし、ベリタス製品ライフサイクルおよび、お客様が使用しているソフトウェアバージョンまたはアプライアンスモデルによっては、複数年のメンテナンス/サポートを購入しても、購入前の期間におけるメンテナンス/サポートの利用が保証されるものではありません。

メンテナンス契約が複数ある場合は、それらの契約の終了日をまとめて同じ日付に揃えることをご検討ください。利便性が向上し、より簡単に予算を立てられるようになります。

お客様指定のテクニカルサポートユーザーの情報は、Veritas Entitlement Management System (VEMS) でご確認いただけます。テクニカルサポートへ連絡したり、テクニカルサポートを受けたりできるのは、お客様の会社の定められた方のみです。したがって、この情報を最新にしておくことが重要です。

メンテナンス契約の状態の確認

 

有効な契約を一覧にしてもらえるでしょうか。

Veritas Entitlement Management System (VEMS) では、有効なメンテナンス/サポート契約を結んでいる製品の一覧を確認できます。また、資格 ID、有効期間、メンテナンス契約の種類、購入証書情報など、さまざまな情報を提供しています。

VEMS にアクセスするには、ベリタスサポートの[ライセンス]オプションをクリックします。

メンテナンス契約の開始日と終了日をどのように確認すればよいですか。

ライセンシングポータルでは、有効なメンテナンス契約を結んでいる製品を確認できます。また、更新に必要な情報 (資格 ID、有効期間、メンテナンス契約の種類、購入証書情報など) を提供します。

更新通知の電子メールまたは更新の見積を受領していない場合は、どうすればよいですか。

現在のメンテナンス/サポート契約の有効期限が切れる前に、今後の更新に関する通知をお客様に送付します。また、更新のお見積も現在の契約の有効期限が切れる前に、お手元に届きます。更新に関する通知やお見積を受領していない場合は、ベリタス更新アカウントマネージャにお問い合わせいただくか、Customercare@veritas.com にお問い合わせいただき、お客様の連絡先の詳細を更新してください。

Veritas Quick Assist とは何ですか。メンテナンス契約の状態を確認するのにどう役立ちますか。

Veritas Quick Assist は複数製品に対応した診断ツールです。一般的な課題の特定、サポートが支援するトラブルシューティング用のデータ収集、ライセンス情報の提供 (特定の製品では Veritas Quick Assist を使うことでインストールされているライセンスやメンテナンス契約の状態を確認可能)、疑わしいファイルの特定を行うほか、その他のお客様向けセルフヘルプやサポートリソースへのリンクがあります。

更新の計画

 

異なるメンテナンス契約の終了日を揃えることができますか。

ソフトウェアライセンスや関連するメンテナンス契約を複数の日付で購入した場合、終了日の異なるメンテナンス契約を複数結んでいることになります。今後の更新が楽になるように、メンテナンス契約の終了日を同じ更新日に揃えることができます。このプロセスを「コターム (メンテナンス契約終了日を合わせる)」と呼びます。詳細については、ベリタス更新セールスアカウントマネージャまでお問い合わせください。

更新注文の計画と予算を立てたいと思っています。最も早く更新できるのはいつですか。

メンテナンス契約は、メンテナンス契約の終了日よりも前であればいつでも更新できます。ただし、新しいメンテナンス契約の開始日は常に、現在のメンテナンス/サポート契約の有効期限の翌日となります。

更新にかかるコストを更新期間全体に分散させることはできますか。

メンテナンス契約の最短期間は 1 年間であり、全額を前払いでお支払いいただきます。基本的に、更新にかかるコストを更新期間全体に分散させることはできませんが、ご利用可能な支払いオプションについては販売代理店にご確認ください。

期間が 1 年を超えるメンテナンス契約を購入できますか。

はい。ただし、このオプションに対応しているのは一部のベリタス製品のみです。通常のメンテナンス契約期間は 1 年間です。ご利用の販売代理店から、お持ちの製品でご利用いただけるメンテナンス契約オプションをアドバイスいたします。

複数年のメンテナンス契約を一度に購入できますか。

はい。お客様がライセンスとメンテナンスを最初に購入される時点で、メンテナンスの年数をあらかじめ追加して購入される場合は可能です。詳しくは、サポート更新ポリシーをご覧ください。

サポート更新ポリシーへアクセス

ソフトウェアライセンスを購入すると、メンテナンス契約が自動的に追加されますか。

状況によって異なります。ご購入いただいた追加のソフトウェアライセンスにメンテナンス契約がすでに含まれていれば (バンドル)、そのようになり、ライセンスの追加分がメンテナンス契約の対象となります。追加のソフトウェアライセンスがメンテナンス契約と別に販売されている場合、追加のメンテナンス契約をご購入いただく必要があります。ただし、いずれの場合も、新規ライセンスのメンテナンス契約の終了日は、初回購入分のメンテナンス契約終了日とは異なる日付になります。そのため、可能であれば両方の終了日を同じ終了日に揃えられるか確認したいとお考えになるかもしれません。ご利用の販売代理店から、適切なメンテナンス契約の保証を受けていただけるように購入内容をアドバイスいたします。

ソフトウェアライセンスの購入時にメンテナンス契約を購入しませんでした。今から購入できますか。

はい。メンテナンス契約は、ベリタスのポリシーに規定された期間内であれば違約金なしでご購入いただけます。ただし、ご購入いただいた元のソフトウェアバージョンがまだサポート対象である場合に限ります。この場合、メンテナンス契約の開始日は、元のソフトウェアの購入日となります。詳しくは、サポート更新ポリシーをご覧ください。

サポート更新ポリシーへアクセス

期限の切れたメンテナンス契約を回復することはできますか。

はい。期限の切れた契約を回復できます。メンテナンスを回復するには、メンテナンス/サポート失効期間に対する支払いに加え、失効期間全体 (最小 1 カ月) の 25% に相当する回復料金を支払う必要があります。回復料金は、該当する価格表のエンドユーザー価格に基づいて計算されます。失効期間は、以前のメンテナンス/サポート契約の満了日から契約回復の有効日までとなります。

アプライアンスサポートが失効してから 90 日を超えている場合、またはお客様が最初にアプライアンスサポートを購入しておらず、お客様が指定した納品場所へのアプライアンスの納品から 90 日を超えている場合は、アプライアンスサポートの回復または購入をそれぞれ行う前に、アプライアンスがサービス提供の対象となっている必要があります。サービス提供の対象となるには、サービスチームが規定するすべての当該要件を満たし、お客様のアプライアンスがベリタスアプライアンスサポートの対象であることを確認する必要があります。

更新の購入

 

メンテナンス契約を更新するにはどうしたらよいですか。

更新のお取引を開始する際には販売代理店にお問い合わせください。更新価格の対象となるためには、ベリタスメンテナンス契約の契約期間が連続しており、更新期限を迎える前に更新いただく必要があります。

詳しくは、更新の手順に従ってください。(前のセクションの「更新するにはどのようにすればよいですか。」をご覧ください)

購入証明には何が記載されていますか。更新を購入するためにベリタスが購入証書を求めるのはなぜですか。

対象かどうかを判断するために、元のライセンスの購入証明の提示を要求される場合があります。購入証書は Veritas Entitlement Management System (VEMS) でご確認いただけます。証書には、お客様の会社に割り当てられた IB (インストールベース) リファレンス番号が記載されています。

更新 ID とは何ですか。

更新 ID はベリタスが割り当てる識別番号で、対象となる更新を追跡するためのものです。この ID によって、ベリタスはお客様のメンテナンス契約と適切なソフトウェアライセンスを自動的に関連付け、メンテナンス契約の正しい開始日と終了日を適用することができます。更新 ID は、ベリタスからお送りする更新のお知らせの電子メールと更新の見積書に記載されています。

契約更新後の処理

 

契約の更新後、製品をどのように更新したらよいですか。

製品のライセンスキーを、最新のメンテナンス契約日が含まれるライセンスキーに改めることで、製品を更新する必要があります。製品の更新手順は、製品によって異なります。一般的な手順を以下に示します。

  1. 製品のコンソールを使用して、旧シリアル番号か、アクティブ化されたライセンスに対応する新しい資格 ID を特定します。
  2. ご自身の MyVeritas アカウントでライセンシングポータルにログインします。
  3. [Entitlement (資格)]ページにアクセスし、旧シリアル番号か資格 ID を使用して、アクティブ化されたライセンスに対応する資格を検索します。
  4. 製品が見つかったら、[Entitlement ID (資格 ID)]リンクをクリックして[Product Information (製品情報)]ページに移動します。
  5. 利用する製品バージョンの[Get Key (キーを取得)]ボタンをクリックします。
  6. ライセンスをアクティブ化した際に使用したキーが見つかるまで、[Link to key (キーへのリンク)]リンクをクリックします。
  7. ライセンスキーに関連付けられている数量を書き留めて、[Return key (キーの返還)]リンクをクリックします。
  8. [Generate (生成)]ボタンをクリックして、返還したキーと同じ数量を持つキーを新しく生成します。
  9. キーをローカルシステムに保存して、製品で指示された手順に従い、有効期限を迎えたライセンスキーを新しいキーに置き換えます。

さらにサポートが必要な場合は、カスタマケアにお問い合わせください。

ベリタス製品の更新がいつ必要になるか、どうすればわかりますか。

ベリタスは、https://www.veritas.com/support/ja_JP/terms/support-fundamentals.html で製品のライフサイクルポリシーを公開しています。製品ライフサイクルの各フェーズで決定されている EOL の日付を各製品のバージョンごとに確認するには、ベリタス EOL Web サイトをご覧ください。

ポリシーには、ベリタスソフトウェアのサポート期間 (製品またはバージョンの提供から製品のサポート終了まで) が規定されています。ベリタスのお客様はベリタス EOL Web サイトで、製品のバージョンおよびリリースがサポートされる期間を確認できます。このサイトの情報を使用することで、サポートの空白期間を作らずに、ソフトウェアの投資計画を効果的に立てることができます。