XSLT/XML

 

XSLT/XML コネクタを使用して通信をキャプチャすると、これを保持し、コンプライアンスについて監視して、eDiscovery や社内の情報ガバナンスを目的とした検索を行えます。


既存のインフラに Merge1 を追加すると、XSLT/XML ファイルを簡単にアーカイブできます。他のアーカイブコンプライアンスソリューションでは、重要かつ機密性の高い従業員の通信をサードパーティのデータストアに送信する必要がありますが、Merge1 ではこうしたファイルを Microsoft 365 にキャプチャして保存します。


アーカイブ後は、このファイルを保持し、コンプライアンスについて監視して、eDiscovery や社内の情報ガバナンスを目的とした検索を行えます。

 

 

お問い合わせ

どのソリューションを選ぶべきかお悩みですか? パートナー企業をお探しですか? ベリタスがお手伝いします。

解説