Skype for Business

 

 


消費者向けの Skype は、世界で最も人気のあるインスタントメッセージングおよびビデオ通話のアプリケーションですが、Skype for Business は企業向け市場で足場を固めつつあります。Skype を所有している Microsoft 社は、Microsoft Office Communicator を「Skype for Business Server」、Microsoft Lync インスタントメッセージングクライアントを「Skype for Business Online」と再ブランド化し、Microsoft Office 365 の一部として提供しています。Skype for Business は、最大 250 人の同時ユーザーによるセキュアな会議やビデオ会議を提供しており、Outlook、Word、PowerPoint などの Microsoft Office 365 スイートアプリケーションと統合されています。

 

既存のインフラに Merge1 を追加すると、Skype for Business 上で行われている通信を簡単にアーカイブできます。他のアーカイブコンプライアンスソリューションでは、重要かつ機密性の高い従業員の通信をサードパーティのデータストアに送信する必要がありますが、Merge1 では Skype for Business における通信をキャプチャして、オンプレミス (例: Veritas Enterprise Vault) またはクラウド (例: Microsoft Office 365) の既存の電子メールアーカイブに保存します。

 

アーカイブ後は、Skype for Business における通信内容を保持し、コンプライアンスについて監視して、eDiscovery や社内の情報ガバナンスを目的とした検索を行えます。

Merge1 は、Skype for Business における通信のアーカイブに優れています。

  • 電子メールとチャットのキャプチャ
  • 永続的なチャットのサポート
  • ヘッダーや元のメッセージ時間などのデータを保持するため、eDiscovery の際に正確な検索と取得が可能
  • カスタムヘッダー (該当する場合) をアーカイブして、簡単に検索可能
  • ネーティブメッセージと同様のデザインの実現
  • チャットを読みやすいスレッドにまとめる

 

お問い合わせ

どのソリューションを選ぶべきかお悩みですか? パートナー企業をお探しですか? ベリタスがお手伝いします。

解説