Merge1 で
RingCentral のデータを
キャプチャしてアーカイブ

 



リモートワークが採用されたことで RingCentral は一躍注目を集め、企業がコラボレーションを維持し、力を発揮し続けるうえで同社の完全デジタルの音声およびビデオコミュニケーションソリューションが有効であることが認められました。このような新しいデータがどんどん生成されており、多くの企業は新しい形のダイナミックコミュニケーションへの対応と、リスクの回避という課題に直面しています。Merge1 なら、RingCentral のキャプチャとアーカイブを既存のインフラに組み込むことで、あらゆる業界の企業が簡単かつ効率的に対応できます。

 

ベリタスによる規制対象企業の支援

  • SEC、FINRA、HIPAA、FDA など、厳重に監視されている業界規制に対応
  • すべての会話やコンテンツで、統一されたアイデンティティとポリシーを確保
  • eDiscovery の強化、訴訟への対応の支援を得て、訴訟リスクを低減

 

既存のインフラに Merge1 を追加すると、RingCentral プラットフォーム上で行われているコミュニケーションとアクティビティを安全にキャプチャしてアーカイブできます。他のソリューションでは、重要かつ機密性の高い従業員のコミュニケーションをサードパーティのデータストアに送信する必要がありますが、Merge1 では RingCentral におけるコミュニケーションとアクティビティをキャプチャして、オンプレミス (Veritas Enterprise Vault) またはクラウド (Microsoft 365) の既存の電子メールアーカイブに保存します。

 



Merge1 は RingCentral のコミュニケーションとアクティビティのキャプチャとアーカイブに効果を発揮します。

 


  • チームチャットとダイレクトチャット
  • タスクの詳細
  • メモの詳細
  • イベントの詳細

 

お問い合わせ

どのソリューションを選ぶべきかお悩みですか? パートナー企業をお探しですか? ベリタスがお手伝いします。

解説