Microsoft Teams

 

 

Microsoft Teams は、会話、コンテンツ、課題、アプリが 1 カ所にまとめられたデジタルハブとして 125,000 以上の企業が利用しており、急速に成長しています。しかし、多くの企業は、このような新しい形のダイナミックコミュニケーションへの対応と、それに伴うリスクの回避という課題に直面しています。Merge1 なら、Microsoft Teams のキャプチャとアーカイブを既存のインフラに組み込むことで、あらゆる業界の企業が簡単かつ効率的に対応できます。


ベリタスによる規制対象企業の支援

  • SEC、FINRA、HIPAA、FDA など、厳重に監視されている業界規制に対応
  • すべての会話やコンテンツで、統一されたアイデンティティとポリシーを確保
  • Merge1 により eDiscovery を強化し、訴訟への対応の支援が得られるため、訴訟リスクを低減

既存のインフラに Merge1 を追加すると、Microsoft Teams 上で行われている通信を簡単にアーカイブできます。他のアーカイブコンプライアンスソリューションでは、重要かつ機密性の高い従業員の通信をサードパーティのデータストアに送信する必要がありますが、Merge1 では Microsoft Teams における通信をキャプチャして、オンプレミス (例: Veritas Enterprise Vault) またはクラウド (例: Microsoft Office 365) の既存の電子メールアーカイブに保存します。

 


Merge1 は、Microsoft Teams プラットフォームにおける通信のキャプチャとアーカイブに優れています。

 

  • 1 対 1 のチャットのキャプチャ
  • グループでの会話のキャプチャ
  • チャネルでの会話のキャプチャ
  • プライベート/パブリックチャネル通信のサポート
  • サードパーティの統合アプリやボットが生成したメッセージをキャプチャ
  • サードパーティの統合アプリやボットが共有するファイルをキャプチャ

  • チャットをリンク、画像、その他の添付ファイルが付いた読みやすいスレッドにまとめる
  • 会話の内容がそのまま再現され、確認しやすい
  • メタデータや元のメッセージ時間などのデータを保持するため、eDiscovery の際に正確な検索と取得が可能
  • カスタムヘッダーを追加することで、検索のカスタマイズが可能
  • ネーティブメッセージと同様のデザインの実現

 

お問い合わせ

どのソリューションを選ぶべきかお悩みですか? パートナー企業をお探しですか? ベリタスがお手伝いします。

解説