Microsoft 365
Merge1 バンドル

 

 

 

通信内容を Microsoft 365 にキャプチャして、コンプライアンス上の安心感を獲得

基本的に Veritas Merge1 は、現在の市場で唯一のユニバーサルメッセージインジェスチョンエンジンです。他の製品やサービスも同様の機能を提供していると謳っていますが、Merge1 は、複数のメッセージタイプを取り込む最も成熟した実績のあるソリューションであると同時に、あらゆるアーカイブにデータをインポートできるという、ユーザー定義のテンプレートやルールによる柔軟性を備えています。Merge1 は 120 以上のコネクタ通信を Microsoft 365 にキャプチャして、SEC、FINRA、HIPAA、FDA、GDPR、CCPA などの監督機関への対応を支援します。

Microsoft アプリケーション上の
通信とコラボレーション
アクティビティをすべてアーカイブ

 


Merge1 による Microsoft 365 データのアーカイブのメリット

 

  • 2 つのアーカイブを並行して運用する手間が省ける
  • 高額な月額料金の負担を軽減する
  • 通信を継続的にキャプチャする
  • トレーニングが不要
  • 通信をネーティブ形式でキャプチャ
  • 監督機関への対応のために通信内容を保持

Merge1 は、Microsoft 365 アプリケーションを介した通信の占める割合が増える中、監督機関によるリスクを軽減します。

Veritas Merge1 は、企業がコンプライアンス上の安心感を得られるよう支援するだけでなく、コンプライアンスの遵守と維持が容易であることを示しています。Merge1 の機能は、企業がビジネスを遂行するために、ますます多くの Microsoft 365 アプリケーションを導入するうえで必要な後押しとなっています。

ユーザーは Microsoft 365 アプリケーションのあらゆる側面を十分に活用できるよう支援されており、監視対象のすべてのユーザーは、政府の厳しい規制を遵守できるようになります。

主要な監督機関への対応を支援

金融アイコン

金融

SEC、FINRA、CFTC、
SOX MiFID II

詳細はこちら›

医療・製薬

製薬・医療

FDA、HIPPA、
FDCA、ARRA

詳細はこちら›

政府機関

政府機関

FOIA、FISMA


詳細はこちら›

エネルギー・公益事業

エネルギー・公益事業

FERC、DOE、ERC、
州規制

詳細はこちら›

既存のアーカイブとストレージの活用

お問い合わせ

どのソリューションを選ぶべきかお悩みですか? パートナー企業をお探しですか? ベリタスがお手伝いします。

解説