Google ドライブの
アーカイブ

 

 

Google Drive Enterprise で、ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどのコラボレーションツールを活用すると、チームの作業が加速します。これらはすべて安全なクラウドベースのプラットフォーム上にあるため、ファイルの共有、保存、アクセスも簡単です。Merge1 なら、アーカイブに依存しないキャプチャ・収集テクノロジーにより、あらゆる業界の企業が、既存のアーカイブインフラ内で簡単かつ効率的にコンプライアンスを実現できます。

 

ベリタスによる規制対象企業の支援

  • SEC、FINRA、HIPAA、FDA、GDPR、CCPA など、厳重に監視されている業界規制に対応
  • すべての会話やコンテンツで、統一されたアイデンティティとポリシーを確保
  • Merge1 により eDiscovery を強化し、訴訟への対応の支援が得られるため、訴訟リスクを低減

既存のインフラに Merge1 を追加すると、Google ドライブ上で行われている通信を簡単にアーカイブできます。他のソリューションでは、従業員の重要で機密性の高い通信をサードパーティのデータストアに送信する必要がありますが、Merge1 は Google ドライブのドキュメントに関連する通信をキャプチャし、オンプレミス (Veritas Enterprise Vault など) またはクラウド (例: Microsoft Office 365) の既存の電子メールアーカイブに保存します。

Merge1 は、企業の Google ドライブにおける
通信のアーカイブに優れています。

  • 共有ドキュメントの最新バージョンのキャプチャ
  • 会話のキャプチャ
  • コメントのキャプチャ
  • コンプライアンス上の理由から、ユーザー間の重要な情報をすべてキャプチャ

 

お問い合わせ

どのソリューションを選ぶべきかお悩みですか? パートナー企業をお探しですか? ベリタスがお手伝いします。

解説