Enterprise Vault

データ保持と電子メールアーカイブの
自動化

 

Web セミナー: Redefining Archive with Veritas Digital Compliance (ベリタスのデジタルコンプライアンスによりアーカイブを再定義)
開催日: 2021 年 4 月 6 日

 

金融サービスのケーススタディ

APAC の小規模企業が、エンタープライズレベルのコンプライアンスをわずか 4 カ月で達成した事例をご覧ください。

ベリタスの導入事例

ベリタスが Enterprise Vault™ をデータ保持ソリューションとして導入し、eDiscovery を迅速化した詳細をご覧ください。

Enterprise Vault と Office 365 の比較

Enterprise Vault が、Office 365 には備わっていない独自の機能を低コストでどのように提供するのかご確認ください。

Enterprise Vault 14 の新機能

クラウドストレージ、高度な監視、分類機能の強化など

Enterprise Vault の最新リリースでは、企業がコンプライアンスをこれまで以上に容易に確保できるようにする複数の機能強化が行われています。

  • 柔軟な導入 – オンプレミスのアーカイブや、Amazon Web Services (AWS)、Azure などのパブリッククラウドサービスを利用することで実現
  • 高度な監視 – Enterprise Vault と Enterprise Vault.cloud の両方でサポートされる、まったく新しい Web ベースのコンプライアンスツール
  • 分類 – COVID-19 に関するデータ、ランサムウェア、および個人情報や機密データをタグ付けするための新しいポリシーを新たな多くの国々向けに追加
  • コンテンツソース – 何十ものコンテンツソースとパートナーエコシステムをネーティブでサポート (ソースの総計は 100 以上)

これらすべての機能強化により、Enterprise Vault はさらに柔軟で使いやすい、包括的なアーカイブおよびコンプライアンスソリューションになっています。


主な機能

柔軟な導入オプション

パブリッククラウドへのオンプレミスのアーカイブ、またはハイブリッドモデルの使用

オンプレミスのデータをクラウドに直接アーカイブしたり、オンプレミスとクラウドを自由に組み合わせて利用するかを柔軟に選択できるのは、Enterprise Vault だけです。

  • 各企業に固有の設備投資と運用コストの要件を満たす
  • 成長に合わせて必要なときにストレージをクラウドに拡張する
  • Enterprise Vault 14 の新機能: データを AWS S3 (GovCloud ソリューションを含む) または Azure に直接保存する

100 を超えるコンテンツソース

総合的なコンプライアンスおよび情報開示ソリューション

何十ものコンテンツソースと堅牢なパートナーエコシステムをネーティブでサポートする Veritas Merge1 により、すべてのデジタルコミュニケーションを確実に収集できるようになりました。

  • ソーシャルメディア、チームコラボレーション、インスタントメッセージング、さらには音声通信まで収集
  • Enterprise Vault に完全に統合して可視性と制御を実現
  • 新しいコンテンツソースと機能を定期的に追加

分類と機械学習

Office 365 と Google G Suite 向けのアーカイブと eDiscovery

Veritas Information Classifier は、何百もの事前構成済みのポリシーとパターンを使用してデータのコンテンツを識別し、ユーザーの指示に基づいて所定の動作を実行します。

  • きめ細かな独自の保持ルールを割り当てることで、アーカイブコンテンツを必要な期間だけ保持する
  • アーカイブしたアイテムにメタデータでタグ付けすることで、監視、検索、情報開示の速度を向上させる
  • Enterprise Vault 14 の新機能: COVID-19、ランサムウェアおよび PII を識別するためのポリシーを、新たに十数カ国向けに追加

Enterprise Vault 14 の新機能:
高度な監視

広範なコンプライアンス管理機能を活用

Advanced Supervision は、電子コミュニケーションの監視に関連するコストと労力を削減する、Enterprise Vault 向けの強力な新しいコンプライアンスソリューションです。

  • 分類に基づく監視によってノイズが取り除かれ、ユーザーがサンプリングに集中できる
  • 最新のユーザーインターフェース (UI) デザインとタブ型のインターフェースにより、ビュー設定を容易に切り替えられる
  • 迅速なレビューと自動化されたサンプリングにより、最も重要なコンテンツに焦点を絞る

統合ポートフォリオ

Enterprise Vault をベリタスの他のソリューションで補完

導入済みのシステムを Enterprise Vault で増強することで、自社にどのように役立つのか以下をご確認ください。

  • Enterprise Vault アーカイブを Veritas NetBackup または Backup Exec で保護
  • Veritas Data Insight レポートから Enterprise Vault にファイルを直接アーカイブ
  • Veritas eDiscovery Platform を使用して直接 Enterprise Vault から情報を収集し、訴訟ホールドを実施
  • Veritas Access を利用して Enterprise Vault にアーカイブストレージをプロビジョニング