クラウドをコントロールする

プロアクティブな対応のために

    

ハイブリッドクラウドへのアプローチ

アプリケーションの進化に伴い、高度化するニーズに対応できるインフラが求められています。インフラには、物理プラットフォーム、仮想化されたプライベートクラウド、パブリッククラウドという選択肢があります。ビジネスアプリケーションをどのインフラに配備すべきかの判断に、経営陣は多くの時間を費やしています。技術、人、プロセスへの既存の投資を保護するために、お客様はハイブリッドクラウド戦略を採用して、ビジネスコンプライアンスを満たすと同時に俊敏性を高め、市場投入までの時間を短縮しようとしています。

その過程には、さまざまな課題が待ち受けています。ティア 1 アプリケーションを仮想化する際には、リカバリへの対応を確実にし、インフラをシームレスに拡張し、バックアップ時間要件に対応する必要があります。ハイパーバイザ、ストレージプラットフォーム、パブリッククラウドが多様であるため、これらの対応はさらに難しくなります。

導入を円滑に進めるには、ハイブリッドクラウドを新しい視点で見直す必要があります。

今こそ、インフラから情報へと重点を移すときです。ベリタスで、はじめよう

Why You Must Prioritize Information Over Infrastructure (インフラよりも情報を優先すべき理由)

ベリタスのエキスパートが作成した概要レポートで、ハイブリッドクラウドを構築するうえでのベストプラクティスをお確かめください。

概要レポートをダウンロード

課題を掌握してコントロールする

可視性の欠如

ハイブリッドクラウドの出現によって IT 環境の多様化が従来よりも進んだため、インフラの可視化はいっそう困難となりました。

ソリューションを見つける

多様な SLA

ハイブリッドクラウドでは複雑度が高いため、ビジネスサービスの稼働時間の予測や、リカバリ時間目標の達成が困難になります。

ソリューションを見つける

拡張性の不足

ハイブリッドクラウドについては、適切な戦略を効果的に実行してソリューションを展開していかないと、拡張、サポート、管理が難しくなります。

ソリューションを見つける

柔軟性の欠如

多くのハイブリッドクラウドソリューションは、単一ベンダーによるエンタープライズ規模の導入を想定して設計されており、多種多様なプラットフォームをサポートする十分な機能を備えていません。

ソリューションを見つける

信頼できるベンダーとの連携

ハイブリッドクラウドの導入を成功させるには、情報管理ソリューションをリードする企業をパートナーとして、効果的な連携を図る必要があります。ベリタスのソリューションは、複数ベンダーの製品が分散するプラットフォームでも、エンタープライズクラスのアプリケーションの可用性およびデータ保護を提供します。そのためお客様は、さまざまなクラウドベンダーやストレージベンダーの製品から柔軟に選択したうえで、耐性、拡張性、俊敏性の高いハイブリッドクラウドを構築できます。ベリタスのソリューションでどのようなことが実現できるかをお確かめください。

導入事例を読む

データの把握

データを完全に把握

ハイブリッドクラウドでは、ワークロードは異なる環境に分散することになります。つまり、さまざまなハイパーバイザとストレージプラットフォーム上に構築されたプライベートクラウド、および耐性の高いインフラのみを提供するパブリッククラウドの間を、ワークロードが移動するということです。これにより、アーキテクチャが細分化するとともに、環境内に複数のポイントツールが存在することになります。その結果、IT の可視性が損なわれます。

ここで求められるものは、データおよび分散したビジネスアプリケーションを把握できる単一のインターフェースです。 ハイブリッドクラウドをグローバルに可視化するには、以下のことが必要です。

  • アプリケーション、仮想マシン、多層ビジネスサービス、データムーバーのステータスに対するエンドツーエンドの可視化  
  • すべてのデータセンターを対象に耐性リスクおよびリアルタイムの状態を可視化する概要ビュー  
  • エンタープライズの IT インフラに対する可用性、情報漏えいリスク、システム最適化の機会の分析、および優先度が付けられた修復ガイダンス
  • エンタープライズ全体の IT サービス継続性とパフォーマンスリスクを統合した全体像

Resiliency Platform

Risk Advisor

妥協なしの SLA への対応

信頼性の高い IT パフォーマンスの実現

多くのベンダーはインフラの耐性に重点を置いているため、ビジネスアプリケーションは障害の影響を受けやすい状況となっています。可用性要件とパフォーマンス要件はワークロードごとに異なるため、ビジネス SLA を満たすうえでの適切な技術投資を行うことが難しくなっています。

ハイブリッドクラウドで厳格な SLA を達成するには、システム内の隠れた弱点を的確に識別してパフォーマンスを確保する必要があります。そのためには、以下のような機能が役立ちます。

  • 重要なアプリケーションとデータベースの 1 分未満のリカバリ
  • 仮想環境と物理環境にわたる可用性
  • 粒度を選択できるリカバリ (アプリケーション、仮想マシン、多層ビジネスサービス、サイト全体) 
  • 診断を含むクロスサイトの耐性リスク監視と通知

InfoScale Enterprise

Resiliency Platform

データ増加への的確な対応

システム拡張性の確保

ビジネス規模が拡大するにつれ、インフラは無秩序に拡散して制御が困難となりがちです。データは容赦なく増加する一方でバックアップ時間はほぼ同じままなので、IT 資産の保護が難しくなります。

効果的な保護機能が組み込まれた統合的なアプローチが必要です。非効率、混乱、リスクをもたらすことなく、クラウドサービスの導入を確実かつ迅速に行うためには、以下のことが必要です。

  • 多次元に拡張できる独自の機能による、高いバックアップとリカバリのパフォーマンス  
  • IT 環境全体にわたり、リスク、価値、無駄のある領域を視覚的に表示して識別可能とすることで、情報リスクの緩和と情報ストレージの最適化をサポート

NetBackup Appliances

Information Map

柔軟な仮想インフラと物理インフラの構築

ハイブリッドクラウド向けのエンタープライズクラスのデータ保護の導入

アプリケーションによってインフラのニーズは異なります。物理プラットフォームに最適なワークロードもあれば、仮想化したうえでオンプレミスに配置するべきワークロードもあります。ポイントツールのベンダーが提供する製品では多くの場合、対象は 1 つか 2 つのハイパーバイザやパブリッククラウドで、物理プラットフォームはサポートされていないことがあります。

以下を備えた、可用性とリカバリに包括的に対応する統合的なアプローチを採用する必要があります。

  • 一般的なエンタープライズサーバー、ストレージ、ハイパーバイザ、データベース、アプリケーションプラットフォームをほぼすべてサポートする包括的なデータ資産保護
  • ソースベースとターゲットベースの重複排除、インラインまたはポストプロセスの重複排除、仮想環境と物理環境のサポート  
  • 既存の IT システムとのシームレスな統合  

NetBackup

NetBackup Appliances

ダウンタイムの影響を最小限に抑える

銀行がベリタスのソリューションによってシステム停止を克服

地域最大規模の ATM ネットワークを有する大手銀行では、サーバーダウンタイムのリスクを克服する必要がありました。それというのも、この地域で洪水が発生したために、銀行の基幹システムが 48 分間にわたりシャットダウンしてしまったからです。これに伴い顧客の不便さと不満が高じて、収益は悪影響を受けました。  

銀行では再発を防止するべく、ベリタスのソリューションを導入して、ディザスタリカバリ手順を最適化するとともにフェールオーバー時間を短縮しました。これによって、以下のことが達成できました。

  • エンタープライズアプリとカスタムアプリの両方をサポートする統合的な可用性が実現したことによる、TCO (総所有コスト) と運用コストの削減
  • ビジネスクリティカルなアプリの市場投入までの時間の短縮
  • ワンクリックでの自動ディザスタリカバリによるビジネスサービス全体のリカバリ

高品質サービスの提供

金融機関がベリタスのソリューションによって 99.999% の稼働時間を実現

大手金融機関では、10,000 人の顧客を対象にサービス基準の達成を目指していました。そのためには、SLA に関して 99.999% の年間稼働要件を満たす必要がありました。

そこで、ベリタスのソリューションを活用して、顧客向けの主要ビジネスサービスについて、未計画のダウンタイムを最小限に抑えました。このソリューションにより、すべての重要なシステムのリスクを可視化するとともに、日常的な運用とメンテナンスから発生するリスク全体を評価することができました。それらの結果、以下のことが実現できたのです。

  • リスクの高い問題があれば、ビジネスに影響を及ぼす前に識別して修正する
  • ビジネスへの対応状況を定期的に可視化することで、IT に関する意志決定をプロアクティブに行う  
  • ボトルネックを取り除いてビジネスサービスのパフォーマンスを向上させる

拡張性の高い IT の構築

グローバル企業がベリタスのソリューションによってバックアップインフラを最適化

ビジネスプロセスおよびドキュメント管理ソリューションを開発する大手企業は、アップグレード可能で拡張性が高い、クラス最高のアーキテクチャを構築しようとしていました。そのためにはまず、バックアップインフラを統合および標準化する必要がありました。

このように拡張性の高い統合インフラをサポートするために、ベリタスのソリューションに目を向けたのです。導入によって、以下のことが可能になりました。

  • 重複排除機能付きのストレージターゲット、バックアップサーバー、ストレージインフラが不要になることによる、バックアップの簡素化
  • バックアップ時間短縮と重複排除とによる、データセンターの全体的な耐性の向上
  • メンテナンス、取得、管理に要するコストの削減による、TCO (総所有コスト) の削減

仮想環境の保護

セキュリティおよびクリーニングサービスプロバイダが、ベリタスのソリューションによって VM 保護を実現

セキュリティおよびクリーニングサービスを提供するベンダーでは、VM における重要な層を保護する必要がありました。しかし、既存のソリューションはデータストアの仕様に対応していませんでした。

ベリタスのソリューションを導入することによって、簡素性、予測可能性、自動化を実現して、その結果以下のことが達成できました。

  • VM レベルや多層サービスのレベルでのリカバリ操作の制御
  • 既存システムとのシームレスな統合
  • ライセンスの簡素化による IT コストの最小化

詳細はこちら