Vision Thread

情報は、最も大切な資産です。Vision は、情報の最大活用を目指す企業にとって、最も意味のあるイベントです。マルチクラウドのデータ管理とテクノロジーの最先端とデジタル変革成功への指針について、Vision でご覧ください。

Veritas Vision Solution Day にご登録ください。このイベントでは以下の内容について紹介します。

  • 360 度データ管理アプローチの導入方法。データの保存場所にかかわらず、同じ方法でデータを保護およびアクセスでき、価値あるインサイトをデータから引き出せます。
  • ソフトウェアベースアプローチの導入方法。新旧どちらの環境でも、特定ベンダーへの依存をなくし、高額なハードウェアの導入を回避させ、対応の遅延をなくします。
  • データの最適化方法。最適な保存場所を選択することで、パフォーマンスや保護レベルを維持しながらコスト効率を改善できます。
  • 全データの把握方法。最も厳格なコンプライアンス基準を満たしながら、ビジネスクリティカルなデータやワークロードの移行、保護、アクセス制御を実施できます。
  • ストレージのパフォーマンス、拡張性、可用性の強化方法。あらゆる種類のストレージに対応し、クラウドおよびオンプレミスのサービスレベルを向上できます。

本イベントでは、テクノロジーの最先端について、以下をご紹介させて頂く予定です。

  • データおよびワークロードの移行、データの可視化、保護レベルの確保、クラウドコストの削減、稼働時間と耐障害性の維持を可能にするソリューションを用いて、特定ベンダーへの依存を回避しながらマルチクラウドを活用します。
  • 単一の柔軟なプラットフォームを用いて、クラウドの活用、耐障害性の確保、セルフサービスの提供など、お客様に最適な戦略でデータを保護します。
  • オンプレミスと複数のクラウドプラットフォームにわたってデータが無秩序に増加していても、リスクを軽減してコンプライアンスを維持します。これには情報漏えいの検出と回避に加え、GDPR のような最新の厳格なデータプライバシー規則への準拠を可能にする実践的な戦略も含まれます。
  • 新しいソフトウェアデファインドストレージソリューションによって、必要なパフォーマンスレベルを確保しながらも特定ベンダーのハードウェアへの依存から脱却することで、ストレージコストを削減し、パフォーマンスを向上します。
  • OpenStack およびコンテナ用のソフトウェアデファインドストレージにより、パフォーマンスを損なうことなくモード 2 アプリケーションを迅速に処理できるようになり、高コストの従来型ソリューションから脱却します。