米国の大規模な郡

業種: 政府機関 (地方政府)
職員数: 13,000 人  

課題

米国のある大規模な郡は、監査要件を満たす必要がありました。それは、災害が発生した際には重要な SAP ベースのサービスをリモートでリカバリできるという要件です。

解決策

IT 部門は、Veritas InfoScale Enterprise (旧 Storage Foundation High Availability/Disaster Recovery) ソフトウェアを導入しました。決め手は、複数のプラットフォームに対応していて、優れたパフォーマンスで中断のないレプリケーションを行えることです。

成果

リカバリ時間目標が従来は 2 日から 3 日だったものを、8 時間以下にまで短縮できました。また、フェールオーバーテストをシミュレーションすることにより、年間 5 日分の時間を節約できると見込まれています。

PDF をダウンロード

概要

 

2 日 ~ 3 日かかっていたリカバリ時間目標 (RTO) を、8 時間以下に短縮


 

フェールオーバー機能により、計画停止時間を年間 144 時間削減できる見込み


 

フェールオーバーテストをシミュレーションすることで、IT 担当者の時間を年間 5 日分節約できる見込み

 

停止時間が発生することで 1 時間あたり 434,000 ドルものコストが生じるリスクを最小限に抑える

使用した製品/サービス

Veritas NetBackup アプライアンス

Veritas Enterprise Vault

ビジネスクリティカルサービスプレミア