大手製粉会社

業種: 製造業
本社: メキシコ

課題

わずか 6 カ月で Linux ベースの SAP HANA プラットフォームへの移行を完了するとともに、他のアプリケーションのために Windows も引き続きサポートしなければなりませんでした。このため、すべてのデータに対するデータ保護ソリューションが必要でした。

解決策

ベリタスパートナーの支援で自社の HPE サーバーに NetBackup をインストール、バックアップとテープへの出力を自動化するストレージライフサイクルポリシー (SLP) などを設定。NetBackup Data Protection Optimization Option ライセンスを利用することで、バックアップに必要なストレージフットプリントを削減。

成果

データベース管理者がバックアップチームの支援なしに HANA Studio からのリストアを行えるようになり、小規模なバックアップチームの負担が軽減された。現在、ほとんどのバックアップがテープからディスクに移行。新しいデータ保護ソリューションによって運用規模の拡張も容易になった。

導入事例のダウンロード

概要

 

データを完全に保護しつつ SAP HANA への移行を計画どおりに完了

 

データベース管理者が自分でリストアを実施でき、バックアップ管理者の負担が軽減

 

バックアップに必要だったストレージ容量を削減
 

 

新しいデータ保護ソリューションによって企業の成長を促進

使用した製品/サービス

Veritas NetBackup