犯罪インテリジェンス部門 (ドイツ)

業種: 行政犯罪 / 司法 / 法律
本部: ドイツ
職員: 1,600 名以上

課題

Microsoft Exchange の新バージョンへの移行に際して、削除済みメールへのアクセスを保持しながらもデータ量を削減する必要に迫られていました。

解決策

ベリタスのパートナーである富士通様はお客様からの依頼を受けて、同社 PRIMERGY サーバーに Veritas Enterprise Vault を配備し、ETERNUS ストレージデバイスにメールファイルをアーカイブする仕組みを構築しました。

成果

保存するデータ量が削減されたため、予想よりも短い期間で移行が完了しました。お客様は、Exchange に加えてファイルサーバーや SharePoint システムなどのデータソースを対象として、アクセス頻度の低い情報をアーカイブできるようになっています。既存の PST ファイルは自動的に特定されアーカイブされます。

導入事例のダウンロード

概要

 

情報開示要件の遵守が容易に

 

ファイル消失によるリスクを低減

 

ストレージコストを軽減

 

拡張性の高いアーカイブ機能により、データ保持の課題に対応

使用した製品/サービス

Veritas Enterprise Vault