著作権侵害の申し立て

   

著作権侵害の申し立て

著作権侵害の申し立てに関する通知と手続き

ベリタスは他社の知的財産権を尊重します。また、私たちは、他社にも同様の行動を期待いたします。

侵害があるとの申し立てを行ってきた通知に対応することがベリタスの方針です。かかる対応には、適切な状況下およびベリタスの裁量により、侵害活動の対象であると主張されている資料の送信および格納もしくはそのいずれかを行うためのユーザーの機能を無効にすること、およびかかるユーザーがアプリケーションを使う機能自体を終了させること、もしくはそのいずれかが含まれる場合があります。

ベリタスは、1998 年のデジタルミレニアム著作権法 (Digital Millennium Copyright Act of 1998: DMCA) に従い、ベリタスサイト (「サイト」) を通して侵害され、ベリタスが指定した下記の通知例で特定される著作権代理人に対して報告され、著作権侵害の申し立てに対して、迅速に対応します。DMCA の本文は、米国著作権局のウェブサイト (http://www.copyright.gov/legislation/dmca.pdf) にあります。

ベリタスがそのような手段を取る場合は、コンテンツの保存あるいは送信を行ったユーザーに対して誠実をもって連絡することを試み、当該ユーザーが DMCA の 512 条 (g)(2) 項および (3) 項に従って異議申し立て通知を行えるようにします。ベリタスが行動を起こす対象となる侵害があると疑われる場合に、該当するすべての通知を文書化することをベリタスの方針とします。

侵害時の通知

貴殿が著作権所有者であるか、または所有者に承認された代理人であるか、あるいは著作権における何らかの専有権に従って行動することが認められていて、ベリタスアプリケーションのユーザーが貴殿の著作権を侵害したと考えられる場合は、被疑侵害に関する DMCA 通知を提示し、ベリタスが指定した著作権代理人 (連絡先情報は後述) に送付することができます。後述の通知を受領すると、ベリタスは自らの裁量により、適切と思われる何らかの対策を実施します。それには、「サイト」にある問題の資料に対するアクセスを削除または無効にすることが含まれます。

被疑侵害に関する DMCA 通知

ベリタスの著作権代理人に対して被疑侵害に関する DMCA 通知を申し立てるには、書面による通告 (郵送または電子メール) をもって、次の事項について規定する必要があります。製品または行動が貴殿の著作権を侵害しているという主張が重大な誤りである場合は、貴殿は損害を賠償する責任 (コストと弁護費用を含む) を課される可能性があります。したがって、オンラインで利用できる資料が貴殿の著作権を侵害しているかどうかを貴殿が確信できない場合は、最初に弁護士に相談することをお勧めします。貴殿の要求に対してベリタスが迅速に対応できるように、次の書式を使用してください。

1. 侵害されたと考えられる著作物の十分な詳細を特定してください。または、複数の著作物がこの通知の対象である場合、侵害されたと主張する著作物を表すリストを提出することもできます。

2. (i) 侵害している (または侵害行為を惹起している) と主張する、削除すべきまたはアクセスを無効にすべき資料を特定してください。また、かかる資料の場所を特定するのに十分合理的な情報を提供してください。この情報には、該当する場合は、かかる資料が見つかる「サイト」で表示されるリンクの URL が最低限含まれます。および、(ii) 侵害していると主張する資料または行為に対する、削除すべきまたはアクセスを無効にすべき参照またはリンクを特定してください。また、かかる参照またはリンクの場所を特定するのに十分合理的な情報を提供してください。この情報には、該当する場合は、かかる参照またはリンクが見つかる「サイト」で表示されるリンクの URL が最低限含まれます。貴殿は、侵害を行っている資料の個別の項目をそれぞれ特定する必要があります。

3. ベリタスが貴殿に問い合わせることができるように、合理的に十分な情報を提供してください (電子メールアドレス、電話番号、および郵送先の住所)。

4. 該当する場合は、通知本文に次の両方の声明を含めてください。

「私はここに、紛争の対象となっている、著作物、またはかかる著作物への参照あるいはリンクの使用が、著作権所有者、その代理人、または法律 (フェアユースなど) によって許諾されていないと誠実に信じていることを表明します。」

「私はここに、違反すれば偽証罪に処する条件で、本通知に含まれる情報が正確であり、侵害された疑いのある著作権について、私が所有者であるか、あるいは所有者の代理人または専有権者の代理人として行動することが承認されていることを表明します。」

5. 正式な姓名を記入し、電子署名または手書きの署名をしてください。

6. すべての項目を記入し、ベリタスが指定した次の著作権代理人にこの通知を送付してください。

Veritas Technologies LLC
Attn: Copyright Agent
500 E. Middlefield Road, Mountain View, CA 94043

電子メールの場合: DMCA@veritas.com (件名に「DMCA Complaint」と記入)。

貴殿が上記で規定した要件のいずれかまたは複数に従わなかった場合、貴殿の DMCA 通知は無効になることがあります。

異議申し立て通知

資料を投稿した者、または資料への参照またはリンクを投稿し、著作権の侵害を申し立てられた者は、DMCA の 512 条 (g)(2) および 512 条 (g)(3) に従って、異議申し立て通知を送付できます。 ベリタスは、異議申し立て通知を受け取った場合、それ以前に著作権主張者から、侵害しているとされる活動を止めるために法的措置を取ったという通知を受け取らなければ、受領後 10 営業日から 14 営業日の間に、問題の資料または参照あるいはリンクを使えるようにします。製品または行動が他者の著作権を侵害していないという主張が重大な誤りである場合は、貴殿は損害を賠償する責任 (コストと弁護費用を含む) を課される可能性があることに注意してください。したがって、特定の資料が他者の著作権を侵害しているかどうかを貴殿が確信できない場合は、最初に弁護士に相談することをお勧めします。ベリタスに異議申し立て通知を提出するには、ベリタスが指定した著作権代理人に次の書式を返送してください。 異議申し立て通知を提出する場合、ベリタスのプライバシーポリシーと DMCA の要件に従って、異議申し立て通知のコピーが著作権主張者に提供されます。

1. 削除またはアクセスの無効化が行われた資料、または参照あるいはリンクと、削除またはアクセスの無効化が行われる前に資料または参照あるいはリンクが表示されていた場所を特定してください。

2. 貴殿の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス、貴殿の住所が位置する裁判区 (貴殿の住所が米国外である場合は、米国カリフォルニア州 Mountain View) の連邦地方裁判所の管轄権に貴殿が同意する、かつ DMCA の副項 (c)(1)(C) に基づく通知を提供した人物またはそのような人物の代理人によって処理される送達を受け入れるという声明を提供してください。

3. 該当する場合は、通知本文に次の両方の声明を含めてください。

「私はここに、違反すれば偽証罪に処する条件で、資料または参照あるいはリンクが、過失の結果として、または資料、参照、あるいはリンクが削除または無効化されるべきであると誤認された結果として削除または無効化されたと誠実に信じていることを表明します。」(この表明における「過失」には、資料が著作権を侵害している、または資料の使用がフェアユースとしては許諾されない、という誤った結論が含まれることがあります。)

「私はここに、私の住所が存する裁判区 (私の住所が米国外である場合は、ベリタスが拠点とする任意の裁判区) の連邦地方裁判所の管轄権に同意し、ベリタスに被疑侵害を通知した苦情申し立て当事者またはかかる人物の代理人によって処理される送達を受け入れることを表明します。」

4. 正式な姓名を記入し、電子署名または手書きの署名をしてください。

5. すべての項目を記入し、ベリタスが指定した次の著作権代理人にこの通知を送付してください。


Veritas Technologies LLC
Attn: Copyright Agent
500 E. Middlefield Road, Mountain View, CA 94043
電子メールの場合: DMCA@veritas.com (件名に「DMCA Complaint」と記入)。