128 ビット AES ソフトウェア暗号化を使用している場合に、Simplified Disaster Recovery (SDR) でデータを復元できません

128 ビット AES ソフトウェア暗号化を使用している場合に、Simplified Disaster Recovery (SDR) でデータを復元できません

記事: 100050721
最終公開日: 2021-06-25
評価: 0 0
製品: Backup Exec

問題

128 ビット AES ソフトウェア暗号化を使用している場合に、Simplified Disaster Recovery (SDR) は、「データのリストア」画面 (図1) を表示せずにすぐに完了し、データが復元されません。

図1. 本来はこの画面が表示されるはずですが表示されません。

 

エラーメッセージ

次のメッセージがデバッグログ (BEDRWIZ_000.log) に記録されます。

[0944] [06/22/2021 22:05:21]: Restoring C:
[0944] [06/22/2021 22:05:21]:   Adding device [C:] to AddRestoreFSE()
[0944] [06/22/2021 22:05:21]: Set is encrypted.
[0944] [06/22/2021 22:05:21]: ERROR: Bad pass phrase.

 

解決策

回避策:

緊急の復旧あるいは既存のバックアップセットからの復旧には手動ディザスタリカバリを使用します。
将来のリカバリのために、暗号化タイプを 256ビット AES (SHA-2) または 256 ビット AES (PBKDF2) に変更します。

 

この問題は 現在ベリタステクノロジーズで調査中です。調査の結果が出る前に、ソフトウェアの現在または今後のリビジョン向けの修正プログラムや Hotfix によりこの問題が解決される可能性があります。ただし、現時点ではこの問題の修正版を含むリリースを提供することは予定されていません。この問題がお客様 の業務や本製品の継続的なご利用に直接影響が及ぶと考えられる場合は、ベリタステクノロジーズの販売代理店または販売担当にご連絡のうえご相談ください。

Was this content helpful?