FIFO (名前付きパイプ) ファイルのバックアップでは、メタファイルのみがバックアップされ、名前付きパイプの内容はバックアップされません。

FIFO (名前付きパイプ) ファイルのバックアップでは、メタファイルのみがバックアップされ、名前付きパイプの内容はバックアップされません。

記事: 100000490
最終公開日: 2017-07-13
評価: 0 0
製品: NetBackup

重要度

Data Loss

説明

ドキュメント履歴:
2015 年 11 月 10 日: 初回発行
2016 年 3 月 1 日: ホットフィックスの一般公開を削除しました。 この問題に対応するにはアップグレードしてください。

NetBackup 7.6 では、変更が加えられ、UNIX または Linux システムで名前付きパイプ (FIFO ファイルとも呼ばれます) を  bpbkar によって処理する方法が変更されました。この変更点 (Etrack  2864890) について詳しくは、リンク先の関連する記事を参照してください。

名前付きパイプの内容が保護されていると見なしてバックアップを取得する 7.6 以前のバージョンから 7.6 以降のバージョンへ NetBackup 環境をアップグレードした場合、管理者はこの見込みバックアップの動作を維持する必要があります。

アップグレード後に NetBackup の動作を 7.6 以前の方式に戻すには、設定  BACKUP_FIFO_FILES = 1 をクライアントの  bp.conf ファイルに追加する必要があります。ただし、この設定は NetBackup 7.6.1.2 (Etrack  3713104) より前のバージョンでは適用されていませんでした。

BACKUP_FIFO_FILES の設定が有効ではなく、適用されていない場合は、名前付きパイプ自体のみがバックアップされ、名前付きパイプのデータはバックアップされません。

必要な処理

NetBackup 7.6 以降のバージョンの実行時に名前付きパイプの内容をバックアップするには、まず NetBackup を次のいずれかのバージョンにアップグレードし、 BACKUP_FIFO_FILES = 1 を  bp.conf ファイルに追加して  BACKUP_FIFO_FILES 設定を有効にする必要があります。
  • NetBackup 7.6.1.2
  • NetBackup 7.7 以降
ホットフィックス情報:

注意: このホットフィックスの一般公開は終了しています。NetBackup 7.6.1.2 には、該当する修正がすべて組み込まれています。この問題が発生した場合は、最新の入手可能なリリースにアップグレードすることをお勧めします。
 
NetBackup 7.6.0.4: 

Veritas のバグ ID: ET 3713103

バージョン: NetBackup_7.6.0.4

インストール場所: クライアント

インストール手順: 
https://www.veritas.com/support/ja_JP/article.000035801  に記載されている EEB インストーラの手順を行ってください。

パッケージの内容:
ダウンロード後に適切なプラットフォームを選択してください。
eebinstaller.3713103.2.freebsd6.0            FreeBSD のインストール
eebinstaller.3713103.2.hp11.11               HP-11.11 のインストール
eebinstaller.3713103.2.hpia11.31             HP-IA64 のインストール
eebinstaller.3713103.2.linuxR_x86_2.6.18     x64 RedHat Enterprise Linux のインストール
eebinstaller.3713103.2.linuxS_x86_2.6.16     x64 SUSE Linux Enterprise のインストール
eebinstaller.3713103.2.macosx10_6            Mac OS のインストール
eebinstaller.3713103.2.plinuxR_2.6           Power RedHat Enterprise Linux のインストール
eebinstaller.3713103.2.plinuxS_2.6           Power SUSE Linux Enterprise のインストール
eebinstaller.3713103.2.rs6000_61             AIX のインストール
eebinstaller.3713103.2.solaris10             Solaris 10 SPARC のインストール
eebinstaller.3713103.2.solaris_x86_10_64     Solaris 10 x86/x64 のインストール
eebinstaller.3713103.2.zlinuxR_x86_2.6.18    RedHat Enterprise zLinux のインストール
eebinstaller.3713103.2.zlinuxS_x86_2.6.16    SUSE zLinux のインストール

チェックサム:
4144529859 998390 rs6000_61/bpbkar
281966199 614921 linuxS_x86_2.6.16/bpbkar
646746710 365400 macosx10_6/bpbkar
3410202393 407916 zlinuxR_2.6.18/bpbkar
1325022457 949768 solaris10/bpbkar
1200749781 425753 plinuxS_2.6/bpbkar
125986504 863848 hp11.11/bpbkar
1075007442 527064 solaris_x86_10_64/bpbkar
2662184784 293641 freebsd6.0/bpbkar
2032165884 1799832 hpia11.31/bpbkar
2889995998 411726 zlinuxS_2.6.16/bpbkar
3762345391 609237 linuxR_x86_2.6.18/bpbkar
3738955348 406025 plinuxR_2.6/bpbkar

推奨サービス状態: この EEB のインストール前にクライアントでバックアップを実行しないようにしてください。

ベストプラクティス:
ベリタスでは、次のベストプラクティスを強くお勧めします。
1. 環境を変更する場合は、必ず事前に DR フルバックアップを実行してください。
2. 環境では必ず最新のバージョンとパッチレベルを実行してください。
3. 「テスト」リストアを定期的に実行してください。
4. 技術記事を購読してください。

電子メール通知を購読する方法:
記事更新のお知らせ登録:
この記事を購読するには、このページの[記事更新のお知らせ登録]をクリックしてください。この記事でリリース情報が更新されると、通知が届きます。

ソフトウェアアラート:
関連する記事を購読すると、最新の NetBackup 技術警告の通知が届きます。

Was this content helpful?