Backup Exec for Windows Servers 11d 以上 (CPS (Continuous Protection Server) および DLO (Desktop & Laptop Option) を含む) と Backup Exec System Recovery (BESR) が利用する TCP/UDP ポート

Backup Exec for Windows Servers 11d 以上 (CPS (Continuous Protection Server) および DLO (Desktop & Laptop Option) を含む) と Backup Exec System Recovery (BESR) が利用する TCP/UDP ポート

Article: 100036411
Last Published: 2017-08-30
Ratings: 0 0
Product(s): Backup Exec

問題

Backup Exec for Windows Servers 11d 以上 (CPS (Continuous Protection Server) および DLO (Desktop & Laptop Option) を含む) と Backup Exec System Recovery (BESR) が利用する TCP/UDP ポートについて。

解決方法

Backup Exec for Windows Servers が利用するポート
 
サービスまたはプロセス ポート ポートの種類
Backup Exec Agent Browser (プロセス = benetns.exe) 6101 TCP
Backup Exec Remote Agent for Windows Servers (プロセス = beremote.exe) 10000 TCP
Backup Exec Server (プロセス = beserver.exe) 3527 TCP
  6106 TCP
MSSQL$BKUPEXEC (プロセス = sqlservr.exe) 1125 TCP
  1434 (ms-sql-m) UDP
Backup Exec Remote Agent for NetWare 10000 (Backup Exec 10.x) TCP
  6102 (Backup Exec 9.x) TCP
Oracle Agent for Windows and Linux Servers ランダムなポート  
  (特別な設定がない限り)  
DB2 Agent for Windows and Linux Servers ランダムなポート  
  (特別な設定がない限り)  
Remote Agent for Linux or Unix Servers (RALUS) デフォルトの NDMP ポート (通常)  
  10000 TCP
Kerberos 88 UDP
NETBIOS 135 TCP、UDP
NETBIOS ネームサービス 137 UDP
NETBIOS データグラムサービス 138 UDP
NETBIOS セッションサービス 139 TCP
NETBIOS (Windows 2000) 445 TCP
DCOM/RPC 3106 TCP
Backup Exec Remote Agent 6103 TCP
プッシュインストール - beserver.exe の一部である CASO のメッセージキュー内で競合をチェック 103x TCP
プッシュインストール 441 TCP
SMTP 電子メール通知 25 (メディアサーバーからのアウトバウンド) TCP
SNMP 162 (メディアサーバーからのアウトバウンド) TCP
FTP 21 TCP
HTTP 80 TCP
HTTPS 443 TCP

Backup Exec for Windows Servers がリスニングに利用するポート
 
まず重要なことは、ポートをリスニングに使う場合と、動的またはアドホックな通信に使う場合との違いを理解することです。 
 
Backup Exec for Windows Servers が動作していないとき、各種のサービスはポートをリスニングして、他のサービスやエージェントから届く通信をチェックします。 
 
バックアップなどの操作時には、Backup Exec for Windows Server は、最初に静的リスニングポート (制御接続) を介して Remote Agent に通信します。次に、ランダム (デフォルト) または特定の範囲を使うように設定可能な動的 (アドホック) ポートを使用してデータを交換します。 
 
Remote Agent の通信におけるポート範囲の制限について詳しくは、本文書の最後にある Related Articles (関連文書) を参照してください。
 
サービス ポート ポートの種類
Backup Exec Agent Browser (benetns.exe) 6101 TCP
Backup Exec Remote Agent for Windows Server (beremote.exe) 10000 TCP
Backup Exec Server (beserver.exe) 3527、6106 TCP
MSSQL$BKUPEXEC (sqlservr.exe) 1125 TCP
  1434 UDP
Backup Exec Remote Agent for NetWare 10000、6102 TCP
Remote Agent for Linux and UNIX Servers (RALUS) 10000 TCP
Oracle と DB2 の DBA 開始バックアップ 5633

TCP

Backup Exec Deduplication Engine (spoold.exe) 10082 TCP
Backup Exec Deduplication Manager (spad.exe) 10102 TCP

Backup Exec Continuous Protection Server が利用するポート
 
サービス ポート ポートの種類 編集可能なレジストリキー
Network Helper Service (ENL) 1804 UDP HKLM\Software\veritas\Enl\Network
CPA Data 20481 TCP HKLM\Software\veritas\Backup Exec CPS\Parameters\Communications\Ffxport
CPA RPC 20483 TCP HKLM\Software\veritas\Backup Exec CPS\Para\Parameters\Rpc Interface\Rxrsastaticport
CMS RPC 20485 TCP HKLM\Software\veritas\Backup Exec CPS\Para\Parameters\Rpc Interface\Rxrmsstaticport
Web Restore Server Component (http) 8181 TCP Web Restore Server Component のポート番号を変更するには、以下の Related Articles (関連文書) に記載された article を参照してください。
Web Restore Server Component (https) 8443 TCP Web Restore Server Component のポート番号を変更するには、以下の Related Articles (関連文書) に記載された article を参照してください。

Backup Exec Continuous Protection Server が「ローカルのみ」で利用するポート
 
サービス ポート ポートの種類 説明
Beremote.exe 10000 TCP RAWS で使用
SUIR.exe 9000 から 9003 TCP インデックスエンジンのクエリーと制御
VRTSweb.exe 14300 TCP Web サーバーの停止と再起動のための管理者制御ポート
Vsr_dbsrv9.exe Database サービス 20487、2638 TCP、UDP データベースはこれらのポートへのリモート接続をアクティブに防止します。
WRG.exe (Web restore バックエンドサービス) 13730 TCP Web restore ゲートウェイ

Backup Exec Desktop and Laptop Option 利用するポート
 
サービスまたはプロセス ポート ポートの種類
サーバーメッセージブロック (SMB) 通信 135 から 139 TCP/UDP
NETBIOS なしのサーバーメッセージブロック (SMB) 通信 445 TCP/UDP
SQL 1434 TCP/UDP
DLOAdminSvcu.exe (DLO 管理サービス) 3999 (リスニングモード) TCP/UDP

Backup Exec System Recovery クライアントが利用するポート
 
サービス ポート ポートの種類
DCOM 1024 から 65535 TCP
  135 TCP
  137 から 139 TCP

Backup Exec System Recovery Manager が利用するポート
 
サービス ポート ポートの種類
Web サービス (https) 8443 TCP
Web サービス (http) 8080 TCP
Publisher 763 TCP
Index Publisher 764 TCP
Console Smart Refresh デフォルトなし (ユーザーが設定可能)  

Backup Exec System Recovery Retrieve が利用するポート
 
サービス ポート ポートの種類
CPS Administration 20485 TCP
HTTP (Web サーバーへの保護されていない接続) 8080 TCP
HTTP (Web サーバーへの保護された接続) 8443 TCP
 

 

Was this content helpful?